舟橋 宏和 Hirokazu Funahashi

マネージング・ディレクター、経営執行支援部

職歴

㈱りそな銀行、 ㈱KPMG FASを経て、フロンティア・マネジメント㈱に入社。ロンドン駐在を経験し、国内の地方における事業再生に加え、クロスボーダーの事業再編、PMI、JV(ジョイント・ベンチャー)設立支援等のプロジェクトに関与。フロンティア・マネジメント㈱では、海外案件も含め、経営執行支援業務に従事。

専門

事業再生、クロスボーダーM&A等

学歴

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業、George Washington University School of Business, Accountancy (MBA) 修了

執筆一覧

海外ジョイント・ベンチャー(JV)の賞味期限を見据えた経営戦略を持っているか?

グローバル化が進む環境下では、限定的な経営資源を有効に活用することができるJV(ジョイント・ベンチャー)は効果的な選択肢だ。一方で、JVの経営、運営を未来永劫続けることは難しく、JV解消に至ることも多い。 特に、海外JVに関してはその賞味期限を意識し、少なくとも年に1回、外部環境及び自社の経営戦略に沿ってその存在意義を評価するべきだ。自社及びJVパートナーの貢献・便益のバランスに応じたJV契約の見直し、或いは自社持分の売却の際の海外戦略、さらには100%子会社化したことを想定してJVパートナーである海外企業が提供していた経営資源を補う戦略及び施策の立案について準備してことが重要だ。

これまでの記事を読む>

人気記事

海外ジョイント・ベンチャー(JV)の賞味期限を見据えた経営戦略を持っているか?

グローバル化が進む環境下では、限定的な経営資源を有効に活用することができるJV(ジョイント・ベンチャー)は効果的な選択肢だ。一方で、JVの経営、運営を未来永劫続けることは難しく、JV解消に至ることも多い。 特に、海外JVに関してはその賞味期限を意識し、少なくとも年に1回、外部環境及び自社の経営戦略に沿ってその存在意義を評価するべきだ。自社及びJVパートナーの貢献・便益のバランスに応じたJV契約の見直し、或いは自社持分の売却の際の海外戦略、さらには100%子会社化したことを想定してJVパートナーである海外企業が提供していた経営資源を補う戦略及び施策の立案について準備してことが重要だ。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

3

「優等生」ベトナムはポストコロナの勝者となるか

コロナウイルスでの死者をゼロに押さえ込み、いち早く外出制限を解除したベトナム。日系企業にとって、有力なM&A対象国として注目される国の現状を報告する。

4

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

5

コロナショック、政府出資に関する提言 民間活力を奪わないために

コロナショックは、中小企業のみならず、大企業の経営も直撃した。政府出資による経営支援が検討されているが、やり方によっては民業を圧迫しかねず、時限的で最小限の範囲にとどめるべきだ。旧産業再生機構でダイエー、カネボウの再建に携わった筆者が、問題点を整理した。

人気のキーワード

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

3

「優等生」ベトナムはポストコロナの勝者となるか

コロナウイルスでの死者をゼロに押さえ込み、いち早く外出制限を解除したベトナム。日系企業にとって、有力なM&A対象国として注目される国の現状を報告する。

4

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

5

コロナショック、政府出資に関する提言 民間活力を奪わないために

コロナショックは、中小企業のみならず、大企業の経営も直撃した。政府出資による経営支援が検討されているが、やり方によっては民業を圧迫しかねず、時限的で最小限の範囲にとどめるべきだ。旧産業再生機構でダイエー、カネボウの再建に携わった筆者が、問題点を整理した。

人気のキーワード