ケース

事業承継や事業再生などの経営改善事例を専門家の視点から解説。

記事一覧

事業承継M&A オーナー経営者に配慮すべき4つの視点

GMO、あえて進める親子上場 古くて新しいガバナンス

RIZAP(ライザップ)をやってみた 社外取としての体験記

オーナー経営者の出口戦略⑦ 事業承継M&Aを検討するタイミング

ポストコロナにおける九州の戦略~モノの工場からホワイトカラーの工場へ~

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

オーナー経営者の出口戦略⑥ 同族企業に潜む少数株主問題

観光ビジネスの最先端、アドベンチャーツーリズムとキャッスルステイとは

不動産価格は緩やかな下落局面に

オーナー企業の出口戦略⑤ コロナ禍でも売却できる企業

「不要不急」 削減された交際費の研究

中国が席巻、スマホゲームの新潮流~中国の開発力と資金力の活用~

先端技術を活用するスマート農業とは。コロナで深刻化する人手不足を解決できるか

オーナー企業の出口戦略④ 留意すべき7つの事項

経済動向とプロスポーツ~プロ野球パ・リーグの歴史からの考察~

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中