PEファンドの底力シリーズ

PEファンドはどのように投資先を選び、どのような取り組みで投資先企業を成長させているのか。このシリーズでは、具体的なケースから普段のPEファンドの姿を紹介する。

シェアする
ツイート

①TCapによるロピアの事例から

ティーキャピタルパートナーズ(TCap)について~「ゼロからの信頼積み重ね、更なる拡大のための独立」~

第1回は、ティーキャピタルパートナーズ(TCap)の取締役マネージング・パートナー小森一孝氏にお話を伺った。

PEファンドの底力①TCapによるロピアの事例から

②アドバンテッジパートナーズによる富士通インターコネクト テクノロジーズへの投資事例から

FICT出資への経緯

第2回は、PEファンドによる大企業のカーブアウト案件にフォーカス。その企業価値向上の手法を紹介したい。アドバンテッジパートナーズのパートナーの早川裕氏にお話を伺った。

PEファンドの底力②アドバンテッジパートナーズによる富士通インターコネクト テクノロジーズへの投資事例から

③日本産業推進機構による「ぶんか社」への投資事例から

「ぶんか社」事業承継の背景

第3回は、女性向けマンガに強みを持つ「ぶんか社」の事業承継案件を取り上げる。投資後のバリューアップ手法に焦点を当て、その企業価値向上の手法を紹介したい。日本産業推進機構(NSSK)代表取締役社長の津坂純氏にお話を伺った。

PEファンドの底力③日本産業推進機構による「ぶんか社」への投資事例から

④エンデバー・ユナイテッドによるダイヤメットの事例から

ダイヤメットへの投資を決めた経緯

第4回は、エンデバー・ユナイテッドのシニアマネージングディレクター前野龍三氏に、大幅な債務超過状態にあった自動車部品関連企業「ダイヤメット」(新潟市)への投資案件について伺った。

PEファンドの底力④エンデバー・ユナイテッドによるダイヤメットの事例から

コメントを送る

頂いたコメントは管理者のみ確認できます。表示はされませんのでご注意ください。

コメントが送信されました。

関連記事