彦工 伸治 Shinji Hikoe

執行役員 マネジメント・コンサルティング部門 副部門長 兼 経営改革推進部(共同部長) 兼 プロフェッショナル・サービス部(共同部長)

職歴

1991年に㈱ダイエーに入社。店舗販売業務を3年間経験後、一貫して経営企画業務に従事し、2005年に関連事業本部長に就任。その後、経営企画本部長、財務本部長等を歴任。2008年に㈱エーエム・ピーエム・ジャパンに入社し、経営戦略本部長に就任。営業本部長代理を経て、2009年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。2011年にマネージング・ディレクターに就任し、2013年に執行役員に就任。

専門

小売・外食業の経営戦略、経営管理、経営執行支援

学歴

香川大学経済学部卒業

執筆一覧

コロナが明ければ、倒産は増加する

コロナ禍の長期化にも関わらず、2021年の倒産件数は前年をさらに下回り、直近20年で最低のペースで推移している。しかし、コロナ禍は小康状態になっても消費は十分に回復しておらず、コロナ対策の補助金が廃止、縮小されれば、倒産は増加するとみられる。

コロナ禍に倒産は減った

2020年の倒産件数(負債総額1千万円以上)は、7,773件と前年比7.2%減少した。コロナ禍ではあるが、金融機関における「つなぎ融資」が盛んに行われており、2000年以降で最低、約30年ぶりという低水準となった。しかし、コロナ禍が長期化する中で、融資先の業績に目をつぶり続ける事に、限界も出てきている。筆者としては2021年度後半くらいから、融資先の「見極め」が本格化するのではないかと予想する。

百貨店に求められる今後のあり方とは

百貨店の苦境が、加速している。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の売上高は消費増税後の2019年10月から8カ月連続で下落。コロナ休業明けの6月も、大手3社の売上高は回復していない。この記事では、百貨店本来の提供価値が失われている現状に着目し、トランスフォームが求められる、百貨店の在り方について考えてみたい。

人材難・採用難が呼ぶパラダイムシフト 高まる「労働生産性経営」の重要性

人手不足による、経営のパラダイムシフトが起きようとしている。 人口減少、働き手不足による労働市場の環境変化で、小売、介護、流通業界など労働集約型産業の多くは、従来のビジネスモデルが限界に来ており、各企業は大きな変革を迫られている。 この記事では、労働コストに応じて、大胆に経営を効率化する「労働生産性経営」の重要性を提唱する。

これまでの記事を読む>

人気記事

百貨店に求められる今後のあり方とは

百貨店の苦境が、加速している。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の売上高は消費増税後の2019年10月から8カ月連続で下落。コロナ休業明けの6月も、大手3社の売上高は回復していない。この記事では、百貨店本来の提供価値が失われている現状に着目し、トランスフォームが求められる、百貨店の在り方について考えてみたい。

コロナ禍に倒産は減った

2020年の倒産件数(負債総額1千万円以上)は、7,773件と前年比7.2%減少した。コロナ禍ではあるが、金融機関における「つなぎ融資」が盛んに行われており、2000年以降で最低、約30年ぶりという低水準となった。しかし、コロナ禍が長期化する中で、融資先の業績に目をつぶり続ける事に、限界も出てきている。筆者としては2021年度後半くらいから、融資先の「見極め」が本格化するのではないかと予想する。

コロナが明ければ、倒産は増加する

コロナ禍の長期化にも関わらず、2021年の倒産件数は前年をさらに下回り、直近20年で最低のペースで推移している。しかし、コロナ禍は小康状態になっても消費は十分に回復しておらず、コロナ対策の補助金が廃止、縮小されれば、倒産は増加するとみられる。

人材難・採用難が呼ぶパラダイムシフト 高まる「労働生産性経営」の重要性

人手不足による、経営のパラダイムシフトが起きようとしている。 人口減少、働き手不足による労働市場の環境変化で、小売、介護、流通業界など労働集約型産業の多くは、従来のビジネスモデルが限界に来ており、各企業は大きな変革を迫られている。 この記事では、労働コストに応じて、大胆に経営を効率化する「労働生産性経営」の重要性を提唱する。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中