グローバル

グローバル化の進む現代。業界動向をきちんと把握していくうえで海外企業の動向における情報収集は不可欠。数値から見える景況感を具体的なイメージを打ち立てて予測。

記事一覧

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

11月11日 W11で成果を挙げる日本製品と販売の変化

バイデン政権の政策と活発化するM&A市場の影響

フードデリバリー、30代以下98%利用 中国外食回復遅れ

    Frontier Eyes Online編集部

コロナ禍で急速に変わるインド・太平洋地域の国家間関係

コロナ禍でもプラス成長 相次ぐベトナム不動産開発

巨大なパイの奪い合い~中国のEdTechの現状と技術
シリーズ・海外スタートアップ企業の注目技術②

「caper」のスマートカートがもたらす変革(Retail Tech) 海外スタートアップ企業の注目技術①

「爆買い」渡航減少 中国国内で増加する高級ブランド販売

    Frontier Eyes Online編集部

クロスボーダーM&Aとは?成功・失敗を分けるポイントや事例を紹介

タイ デモ激化「微笑みの国」に戻る日はいつか

    Frontier Eyes Online編集部

東南アジアのテロ情勢と駐在員の安全・保護

    Frontier Eyes Online編集部

「海外現地法人」とは?「海外支店」「駐在員事務所」の違いやメリット・デメリットを解説。

Zuva イベントレポート 中国のユニコーン候補企業のトップに聞く

コロナ渡航制限下のシンガポールとM&A

ランキング記事

1

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

2

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

3

RIZAP(ライザップ)をやってみた 社外取としての体験記

筆者は2020年6月、RIZAP(ライザップ)の社外取締役に就任した。同社のマネジメントに外部の目を生かして関わる以上、RIZAPの商品・サービスを経験しなければ始まらない。ということで、就任と同時に「ボディメイク」と呼ばれるRIZAPのサービスを開始。コロナによる自粛生活で生涯最高水準に達した筆者の体重は、現在ピーク比で▲10kgとなった。

4

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

5

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中