グローバル

グローバル化の進む現代。業界動向をきちんと把握していくうえで海外企業の動向における情報収集は不可欠。数値から見える景況感を具体的なイメージを打ち立てて予測。

記事一覧

マレーシア「1MDB」事件は落着したのか?

建設機械、中国メーカーが台頭 三一重工(SANY)、時価総額でコマツ越え

ASEAN諸国に政治保守化の動き 外資進出の阻害要因となるか

中国で急拡大、シェアリングエコノミー・シェアキッチン with コロナ

「ニューノーマル」下でのASEANクロスボーダーM&Aのすすめ

「優等生」ベトナムはポストコロナの勝者となるか

コロナ 米IT大手は成長加速へ 日本企業軒並み大打撃

    Frontier Eyes Online編集部

電子政府「エストニア」から学ぶ日本のデジタル化

ASEAN トピック「コロナ鎖国」に強いアセアン諸国 食料・エネルギー自給率を比較

    Frontier Eyes Online編集部

「海外現地法人」と「海外支店」「駐在員事務所」の違い。会計は? 税は?

アセアン諸国「コロナ・ショック」耐性を分析すると…

日本企業、アセアン域内のM&A金額ペース大幅減退

海外ジョイント・ベンチャー(JV)の賞味期限を見据えた経営戦略を持っているか?

    Frontier Eyes Online編集部

中国高齢者産業の現状とチャンス

中国消費者の行動変化 即席麺の復権とコストコの開業

ランキング記事

1

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

百貨店でデジタル接客強化を

新型コロナウイルスの緊急事態宣言の影響で、百貨店の売上高は7割以上落ち込み、その後も思うように回復していない。現在の私たちを取り巻くwithコロナ時代、ニューノーマル時代において、百貨店は新たなビジネスモデルの開拓を求められている。この記事では、百貨店本来の強みを生かしつつ、デジタルで客をもてなす「デジタル接客」について解説する。

3

不動産価格は緩やかな下落局面に

不動産価格は、緩やかな下落局面に入り、2013年ごろから続いた上昇トレンドが終わろうとしている。どうして、急落しないのか?数年後の見通しは?コロナ禍によって変わる潮目を考察した。

4

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

5

オペレーショナル・エクセレンスの基礎知識と事例~競合優位と業務効率化を目指す~

オペレーショナル・エクセレンスとは、現場で徹底的にオペレーション(業務の管理や実行過程)を改革することで、競合優位性の獲得を目指す考え方です。さらに、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進む時代では、オペレーション改革の次の段階が求められます。そこで今回はオペレーショナル・エクセレンスの基礎知識を特徴や事例とともに解説します。

人気のキーワード