中村 達 Toru Nakamura

顧問、コーポレート戦略部門 兼 事業開発部

職歴

1981年に㈱トーメン(現、豊田通商㈱)に入社し、食料本部勤務。その後、1992年より Tomen Corporation do Brasil ltda.サンパウロ本社、1996年よりTomen(America)Corp.シカゴ支店、1998年より㈱トーメン食料本部、2003年より東棉(北京)駐在事務所に勤務。以後、東棉(北京)(大連)駐在事務所所長、東棉天津有限公司 総経理を経て豊田通商㈱との合併。2006年より豊田通商(天津)有限公司 副総経理に就任。2008年より豊田通商㈱食料本部食品部、食料事業部に勤務。2013年にサンヨー食品㈱に入社し、海外事業部勤務。2014年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、マネージング・ディレクターに就任。2015年3月にフロンティア・マネジメント㈱の中国現地法人であるFrontier Management (Shanghai) Inc.(100%子会社)の董事に就任し、2015年9月にFrontier Management (Shanghai) Inc.の総経理に兼務就任。2019年4月にシニア・アドバイザーに就任。

専門

中国市場、食料品業の事業戦略、経営管理、M&A

学歴

北海道大学農学部卒業

執筆一覧

2021年展望 中国経済 コロナからの回復と寡占・所得格差対策

中国はコロナ禍からいち早い経済回復を見せ、2021年も高い成長率が予想される。そんな中、アリババなど大手先進企業への介入や食料安全保障の推進など、寡占対策や低所得者対策を進めている。

11月11日 W11で成果を挙げる日本製品と販売の変化

中国最大のECイベント「W11」(双11)はコロナ禍の2020年は、2回に分けて開かれ、GMV(流通取引総額)の最高記録を更新した。この記事では、恒例となったイベントの販売方式の変化、成果を挙げた日本製品と変化、W12など乱立するECイベントについて考察する。

フードデリバリー、30代以下98%利用 中国外食回復遅れ

中国は次の5カ年計画(2021-25年)で、米中対立が続く中、国内消費の拡大を強く打ち出した。この記事では、コロナ後に回復が遅れる外食市場と、中国の成長分野の中でも80后(1980年代以降生まれ)世代の98%が利用したとされるECによるフードデリバリーサービスについて報告する。

「爆買い」渡航減少 中国国内で増加する高級ブランド販売

中国のリアル店舗で、ラグジュアリーブランド(高級ブランド)品の販売増加が続いている。コロナ禍の反動による一過性によるものか、中国独自の消費形態が進んでいるのか、企業の対応と併せ今後の市場動向を考える。

これまでの記事を読む>

人気記事

フードデリバリー、30代以下98%利用 中国外食回復遅れ

中国は次の5カ年計画(2021-25年)で、米中対立が続く中、国内消費の拡大を強く打ち出した。この記事では、コロナ後に回復が遅れる外食市場と、中国の成長分野の中でも80后(1980年代以降生まれ)世代の98%が利用したとされるECによるフードデリバリーサービスについて報告する。

中国で急拡大、シェアリングエコノミー・シェアキッチン with コロナ

一度はコロナウイルス感染拡大を抑え込んだかにみえた中国・北京で、再度コロナが発生した。根絶が難しい中、コロナとどのように向き合うべきか。コロナが市場をどう変えるのか。中国の外食産業におけるシェアリングエコノミーの動向を通じて考察する。

11月11日 W11で成果を挙げる日本製品と販売の変化

中国最大のECイベント「W11」(双11)はコロナ禍の2020年は、2回に分けて開かれ、GMV(流通取引総額)の最高記録を更新した。この記事では、恒例となったイベントの販売方式の変化、成果を挙げた日本製品と変化、W12など乱立するECイベントについて考察する。

ウィズコロナ 中国外食産業の変化

中国政府は2カ月半遅れで開催した「全人代」で、コロナ後の経済回復への意気込みを強調した。一方で、国民に示す重要方針「六保」(六つの保証)の中に「保粮食能源安全」(食・エネルギーの安全)を盛り込んでいる。中国の外食産業は、このまま変化していくのか、それとも一時的な変化で終わるのか、検証した。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

2

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

3

RIZAP(ライザップ)をやってみた 社外取としての体験記

筆者は2020年6月、RIZAP(ライザップ)の社外取締役に就任した。同社のマネジメントに外部の目を生かして関わる以上、RIZAPの商品・サービスを経験しなければ始まらない。ということで、就任と同時に「ボディメイク」と呼ばれるRIZAPのサービスを開始。コロナによる自粛生活で生涯最高水準に達した筆者の体重は、現在ピーク比で▲10kgとなった。

4

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

5

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中