中村 達 Toru Nakamura

シニア・アドバイザー、コンサルティング第2部 兼 事業開発部 兼 頂拓投資諮詢(上海)有限公司 総経理

職歴

1981年に㈱トーメン(現、豊田通商㈱)に入社し、食料本部勤務。その後、1992年より Tomen Corporation do Brasil ltda.サンパウロ本社、1996年よりTomen(America)Corp.シカゴ支店、1998年より㈱トーメン食料本部、2003年より東棉(北京)駐在事務所に勤務。以後、東棉(北京)(大連)駐在事務所所長、東棉天津有限公司 総経理を経て豊田通商㈱との合併。2006年より豊田通商(天津)有限公司 副総経理に就任。2008年より豊田通商㈱食料本部食品部、食料事業部に勤務。2013年にサンヨー食品㈱に入社し、海外事業部勤務。2014年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、マネージング・ディレクターに就任。2015年3月にフロンティア・マネジメント㈱の中国現地法人であるFrontier Management (Shanghai) Inc.(100%子会社)の董事に就任し、2015年9月にFrontier Management (Shanghai) Inc.の総経理に兼務就任。2019年4月にシニア・アドバイザーに就任。

専門

中国市場、食料品業の事業戦略、経営管理、M&A

学歴

北海道大学農学部卒業

執筆一覧

中国で急拡大、シェアリングエコノミー・シェアキッチン with コロナ

一度はコロナウイルス感染拡大を抑え込んだかにみえた中国・北京で、再度コロナが発生した。根絶が難しい中、コロナとどのように向き合うべきか。コロナが市場をどう変えるのか。中国の外食産業におけるシャアリングエコノミーの動向を通じて考察する。

ウィズコロナ 中国外食産業の変化

中国政府は2カ月半遅れで開催した「全人代」で、コロナ後の経済回復への意気込みを強調した。一方で、国民に示す重要方針「六保」(六つの保証)の中に「保粮食能源安全」(食・エネルギーの安全)を盛り込んでいる。中国の外食産業は、このまま変化していくのか、それとも一時的な変化で終わるのか、検証した。

ポストコロナのチャイナリテール

コロナウイルスの拡大で延期されていた、全人代が5月22日から開催されると発表された。当初予定の3月5日から2か月半後の開催となる。それに先立ち、北京市は危機管理のレベルを「公衆衛生1級対策」から「2級」に引き下げた。正常化を急ぐ、中国の消費者動向を追う。

コロナ収束後の中国、他国との関係は?

中国のコロナウイルス(COVID-19)感染がピークを脱しつつある。武漢と他都市の相互移動が再開されるなど、政府の防疫対策は、国内の感染阻止から、「輸入」されるコロナウイルスのブロックに軸足が移り始めている。「収束」後の中国と、依然拡大が進む他国との関係は、どう変化するだろうか。

これまでの記事を読む>

人気記事

コロナウイルス後の中国経済

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎「COVID-19」は、加速度的に感染 を広げている。この記事では、2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)との比較 を通じ、今後の中国経済への影響を分析する。

中国で急拡大、シェアリングエコノミー・シェアキッチン with コロナ

一度はコロナウイルス感染拡大を抑え込んだかにみえた中国・北京で、再度コロナが発生した。根絶が難しい中、コロナとどのように向き合うべきか。コロナが市場をどう変えるのか。中国の外食産業におけるシャアリングエコノミーの動向を通じて考察する。

ウィズコロナ 中国外食産業の変化

中国政府は2カ月半遅れで開催した「全人代」で、コロナ後の経済回復への意気込みを強調した。一方で、国民に示す重要方針「六保」(六つの保証)の中に「保粮食能源安全」(食・エネルギーの安全)を盛り込んでいる。中国の外食産業は、このまま変化していくのか、それとも一時的な変化で終わるのか、検証した。

コロナウイルス(COVID-19)と「宅経済」の進展

コロナウィルス発生国の中国では、次第に感染が抑制されつつある。しかし、全人代が延期となるなど、依然として中国社会への影響は続いている。この記事では、皆が外出を控えることで生まれた「宅経済」と呼ばれる現象と、中国のライフスタイルへの影響について考察する。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

3

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

不動産価格はゆるやかな下落局面に

不動産価格は、緩やかな下落局面に入り、2013年ごろから続いた上昇トレンドが終わろうとしている。どうして、急落しないのか?数年後の見通しは?コロナ禍によって変わる潮目を考察した。

人気のキーワード