中村 達 Toru Nakamura

顧問、コーポレート戦略部門 兼 事業開発部

職歴

1981年に㈱トーメン(現、豊田通商㈱)に入社し、食料本部勤務。その後、1992年より Tomen Corporation do Brasil ltda.サンパウロ本社、1996年よりTomen(America)Corp.シカゴ支店、1998年より㈱トーメン食料本部、2003年より東棉(北京)駐在事務所に勤務。以後、東棉(北京)(大連)駐在事務所所長、東棉天津有限公司 総経理を経て豊田通商㈱との合併。2006年より豊田通商(天津)有限公司 副総経理に就任。2008年より豊田通商㈱食料本部食品部、食料事業部に勤務。2013年にサンヨー食品㈱に入社し、海外事業部勤務。2014年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、マネージング・ディレクターに就任。2015年3月にフロンティア・マネジメント㈱の中国現地法人であるFrontier Management (Shanghai) Inc.(100%子会社)の董事に就任し、2015年9月にFrontier Management (Shanghai) Inc.の総経理に兼務就任。2019年4月にシニア・アドバイザーに就任。

専門

中国市場、食料品業の事業戦略、経営管理、M&A

学歴

北海道大学農学部卒業

執筆一覧

中国新興ブランドが市場を席巻 00后が主導

中国市場で、自国の新興ブランドへの指示が拡大している。品質やデザインの向上に加え、若い世代ほど欧米や日本ブランドへの憧憬が薄い事が背景にある。

「luckin coffee」だけじゃない 過熱化する中国コーヒー市場

中国のコーヒー市場が過熱している。新興「luckin coffee」(瑞幸咖啡、ラッキンコーヒー)対「スターバックス」という米中企業の競争に、ネスレ、コカ・コーラなど食品・飲料世界大手も本格的に参入。世界をリードするECの技術も加わり、新しいサービスが続々と生まれ、激しい競争はやむ気配はない。

2021年展望 中国経済 コロナからの回復と寡占・所得格差対策

中国はコロナ禍からいち早い経済回復を見せ、2021年も高い成長率が予想される。そんな中、アリババなど大手先進企業への介入や食料安全保障の推進など、寡占対策や低所得者対策を進めている。

11月11日 W11で成果を挙げる日本製品と販売の変化

中国最大のECイベント「W11」(双11)はコロナ禍の2020年は、2回に分けて開かれ、GMV(流通取引総額)の最高記録を更新した。この記事では、恒例となったイベントの販売方式の変化、成果を挙げた日本製品と変化、W12など乱立するECイベントについて考察する。

これまでの記事を読む>

人気記事

2021年展望 中国経済 コロナからの回復と寡占・所得格差対策

中国はコロナ禍からいち早い経済回復を見せ、2021年も高い成長率が予想される。そんな中、アリババなど大手先進企業への介入や食料安全保障の推進など、寡占対策や低所得者対策を進めている。

フードデリバリー、30代以下98%利用 中国外食回復遅れ

中国は次の5カ年計画(2021-25年)で、米中対立が続く中、国内消費の拡大を強く打ち出した。この記事では、コロナ後に回復が遅れる外食市場と、中国の成長分野の中でも80后(1980年代以降生まれ)世代の98%が利用したとされるECによるフードデリバリーサービスについて報告する。

「luckin coffee」だけじゃない 過熱化する中国コーヒー市場

中国のコーヒー市場が過熱している。新興「luckin coffee」(瑞幸咖啡、ラッキンコーヒー)対「スターバックス」という米中企業の競争に、ネスレ、コカ・コーラなど食品・飲料世界大手も本格的に参入。世界をリードするECの技術も加わり、新しいサービスが続々と生まれ、激しい競争はやむ気配はない。

中国で急拡大、シェアリングエコノミー・シェアキッチン with コロナ

一度はコロナウイルス感染拡大を抑え込んだかにみえた中国・北京で、再度コロナが発生した。根絶が難しい中、コロナとどのように向き合うべきか。コロナが市場をどう変えるのか。中国の外食産業におけるシェアリングエコノミーの動向を通じて考察する。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中