ストラテジー

経営戦略のベースとなる考え方や手法を掲載。 長年利用されているフレームワークのアップデートなどをFrontier Eyes Online編集部の視点から行う。

記事一覧

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

    Frontier Eyes Online編集部

マーケティング・コミュニケーションとは?役割や成功事例を解説

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

今だから「タイムマシン経営2.0」 中国から、学んでいるか?

対談ウェビナー②「役員のチームビルディング」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

    Frontier Eyes Online編集部

エリアマーケティング戦略とは?分析のポイントや手法を解説

対談ウェビナー① 「次世代経営者の人材育成」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

    Frontier Eyes Online編集部

マーケティングファネルはBtoBでも使える?意味や活用法を解説

    Frontier Eyes Online編集部

競合に勝つための「差別化戦略」とは?企業の成功事例をわかりやすく解説

新「両利きの経営」のススメ 「変革型」経営者人材を育てよ

    Frontier Eyes Online編集部

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

    Frontier Eyes Online編集部

スケールメリット(規模の経済)とは?効果や言葉の使い方まで解説

    Frontier Eyes Online編集部

サブ・ブランド戦略とは?メリットデメリットと企業の成功事例を紹介

    Frontier Eyes Online編集部

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

    Frontier Eyes Online編集部

プロダクトアウト・マーケットインとは?メリットやデメリット、事例、考え方を紹介

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中