ガバナンス

企業経営におけるコーポレートガバナンスは、事業利益の最大化を実現するための企業統治における基本知識と言える。企業経営に携わる人間として知っておいて欲しい情報を掲載。

記事一覧

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

「G」(企業統治)を忘れていないか 日本の脆弱なESG

新生銀行の事例に学ぶ「有事導入型買収防衛策」 敵対的TOB過去最多

TCFDとは何か? 2022年度から何をすべきか

「経済安全保障」 岸田政権の本気度は?

    Frontier Eyes Online編集部

取締役会の実効性評価とは?

    Frontier Eyes Online編集部

執行役員制度をなぜ導入するのか?

東証新市場区分で、 M&Aは増加する

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊦日本的経営の行き詰まり

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊤ CGCの現状

    Frontier Eyes Online編集部

スキルマトリックスはなぜ必要なのか 開示企業の例とともに解説

高専が大学を先行 経済安全保障と産学連携のその後

    Frontier Eyes Online編集部

社外取締役とは?その報酬、重視されるわけ、最新動向を解説

    Frontier Eyes Online編集部

ペッキングオーダー理論とは?企業の資金調達の優先順位を解説

ネット炎上を恐れない 正しい炎上対策・情報発信とは

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

3

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中