ガバナンス

企業経営におけるコーポレートガバナンスは、事業利益の最大化を実現するための企業統治における基本知識と言える。企業経営に携わる人間として知っておいて欲しい情報を掲載。

記事一覧

    Frontier Eyes Online編集部

セクショナリズムとは?その意味や原因、問題点、対策方法を事例とともに解説

    Frontier Eyes Online編集部

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

    Frontier Eyes Online編集部

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

    Frontier Eyes Online編集部

コーポレートガバナンス・コード改訂のポイントとスチュワードシップ・コードとの違い

「企業の危機対応において大事なこと」~クライシスマネジメントの要点~

ゴーン事件における経営者不正(下) 組織の土壌改革への処方箋

ゴーン事件における経営者不正(上) 組織の土壌改革への処方箋

事業撤退・売却のタイミングの見極め方〜早期の事業撤退・完売戦略が唯一の選択肢か?〜

    Frontier Eyes Online編集部

監査等委員会設置会社とは?監査役会設置会社や指名委員会等設置会社との違いを解説

    Frontier Eyes Online編集部

グループガバナンスはどうあるべきか? 経産省のガイドラインを読み解く!

    Frontier Eyes Online編集部

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンスの役割とは

    Frontier Eyes Online編集部

かんぽ生命保険問題からみるコーポレートガバナンスの重要性

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中