武士道精神とコーポレートガバナンス・コード

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。

シェアする
ツイート

㊤CGCの現状

CGCが形式的に完備されている上場会社においても、製品不正や様々なコンプライアンス違反の不祥事が後を絶たない。㊤では、CGCの限界と日本の武士道精神に焦点を当てて論じる。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊤ CGCの現状

㊦日本的経営の行き詰まり

㊦では、武士道精神をはじめとする日本人の気質とCGCの浸透について論じるとともに、日本企業に求められる企業風土改革について言及する。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊦日本的経営の行き詰まり

コメントを送る

頂いたコメントは管理者のみ確認できます。表示はされませんのでご注意ください。

コメントが送信されました。

関連記事