急増するアクティビストファンド 7社→44社

急増するアクティビストファンド 7社→44社

日本で活動するアクティビストファンドの数は、2014年の7社から2020年には44社にまで急増した。最近では、複数のファンドが大株主となったことが経営トップの交代劇に発展した東芝を筆頭に、アクティビストファンドが上場企業の経営を揺るがすといったニュースが相次いでいる。

海外では、2021年5月に、米国石油大手エクソンモービルに対して環境対策強化を求めるアクティビストファンドが取締役候補者3名を推薦し、そのうち2名が選任された。

行動パターンを変えるアクティビスト 短期的利益→中長期的価値向上

短期的な値上がり益を狙う「グリーンメーラー」とも揶揄された往年のアクティビスト像(2000年代初頭、第一世代とも呼ばれる)から転じて、今日のアクティビストは、上場企業の持続可能性(サステナビリティ)、企業統治、中長期的な企業価値向上に関する議論に切り込んでいる印象だ。

彼らの主張は緻密に理論武装され、その他の機関投資家が首肯せざるを得ない内容も多い。アクティビストの影響力については、ISSのような議決権行使助言会社の存在による波及効果も看過できない。

買収防衛策は維持できない

買収防衛策は維持できない

かつて多くの上場企業が導入していたライツイシュー等の買収防衛策も、2020年株主総会での機関投資家の賛成率は、国内/海外投資家ともにわずか10%程度にとどまった。

買収防衛策はいまや、よほどの必要性が認められない限り、維持継続が困難である。アクティビストの提案が株主や従業員に利益(株価や賃金の上昇)をもたらす可能性があるならば、買収防衛策は現在の経営者の保身に過ぎないのではないかという議論が正面切って展開されることもある。

日本の上場企業では、アクティビストの提案を契機に中期経営計画を見直したり、アクティビスト出身者を社外取締役に招聘したりするような事例も散見されるようになってきた。

筆者がヒアリングをした限りでは、自社の大株主となったアクティビストファンドに対して、一般的な機関投資家と区別することなく、CFOやIR担当者が面談するというケースも多い。上場企業の「エンゲージメント(建設的対話)」にまつわる課題は、「誰と対話するか」ではなく、「どのような対話を行うか」へと移行しつつある。

改善されるエンゲージメント

改善されるエンゲージメント

上場企業と市場関係者(機関投資家やセルサイドアナリスト等)のエンゲージメントを巡っては、いわゆる「ショートターミズム」が長年の課題とされてきた。

ショートターミズムとは、機関投資家による株式保有期間(投資期間)が短期化することに伴い、上場企業との議論におけるアジェンダも短期業績のモニタリングに終始する傾向もしくは構造問題を指す言葉だ。

これに対して、金融庁と東京証券取引所によるコーポレートガバナンス・コードやスチュワードシップ・コードの導入や、証券アナリスト協会によるアナリストのプレビュー取材規制等のフェアディスクロージャーの促進により、上場企業と市場関係者のエンゲージメントは改善されてきた。

近年のアクティビストによる株主提案は、かつてのグリーンメーラー的な株主還元の要求とも、株式市場関係者に広く見られた短期志向の業績モニタリングとも異なり、中長期的な企業価値向上に関する「戦略仮説」を正面からぶつけてくるというものだ。

「アクティビストの時代」に必要な備えとは

「アクティビストの時代」に必要な備えとは

アクティビストによる株主提案を、正当な理由なく株主総会での上程を見送ることはできない。むしろ、彼らとの議論をきっかけに、自社のあるべき戦略方向性について、新しい視界が開けてくる可能性さえある。「アクティビストの時代」において、上場企業が平時の備えとして社内検討、策定しておくべき事項は、以下のように整理できる。

①現在のガバナンス体制を採用している根拠

②経営理念、競争優位の源泉、およびコア事業の明確化

③株主還元方針、資本コスト試算(事業別)、資本効率指標の中長期目標
(これら3つは定量的に整合している必要がある)

④ESG戦略に関する基本方針

⑤上記方針を適切に推進、開示するための経営企画部門やIR/SR部門の組織強化と専門人材の育成

⑥自社株式の価値(フェアバリュー)に関する社内検討

アクティビストとの対話は避けられない

アクティビストファンドを始めとする株式市場との建設的対話は、いまや上場企業が避けて通れない課題である。平時においては、自社のガバナンス体制や戦略方針に関する議論を深めておくと同時に、いざ有事の際にも対応可能な体制整備を進めておくことが肝要だ。

関連記事

東証新市場区分で、 M&Aは増加する

東証の新市場区分が、2022年4月から開始される。新市場区分においては流通時価総額や流通株式比率などの要件が付与されることに加え、一連のコーポレートガバナンス改革により、M&A件数が増加すると見込まれる。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊦日本的経営の行き詰まり

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。後半では、武士道精神をはじめとする日本人の気質とCGCの浸透について論じるとともに、日本企業に求められる企業風土改革について言及する。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊤ CGCの現状

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。しかし、CGCが形式的に完備されている上場会社においても、製品不正や様々なコンプライアンス違反の不祥事が後を絶たない。この記事では、CGCの限界と日本の武士道精神に焦点を当てて論じるものである。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中