2020年第1四半期アセアン域内におけるM&A実績の特徴と示唆

Merger Marketよると、本年第1四半期(1月~3月)にASEAN+インドでM&Aクロージングが公表された案件数は170件と前年同期比で▲18%と減少した一方で、金額ベースではUS$43.1billion(約4.7兆円)と同+40%増加した。
その特徴は以下の通り。

・タイCPグループによる英TESCO社タイ小売事業の買収(約1.1兆円)を中心に大型
 買収が全体金額を牽引
・比較的に買収規模の大きなセクターは、小売含むコンシューマ/不動産/運輸
・第1四半期中に契約締結のアナウンスをしたものの、同期中にクロージングのアナ
 ウンスを実施した案件は40%弱どまりと従前比少

上記特徴から想起されるインプリケーションは、以下の4点である。

1 全体としてM&A件数の減少傾向は第2四半期には更に顕著となる可能性大(第1四
  半期中クロージング案件には昨年度中に契約締結した案件も含まれる)
2 コロナ禍に伴う大型の事業再編の機運(小売・不動産・運輸セクターはいずれも
  大型投資を伴い、コロナ禍がトリガーとなった再編を促進しやすい)
3 これまでシンガポールを中心に案件数の多かったスタートアップ系投資案件は
  縮小
4 クロージング期間(契約締結~クロージングまでの期間)の長期化傾向

M&Aターゲットの傾向とすすめ

現在、現地で1日ミーティングを行おうとすると、往路・復路それぞれで各14日の隔離期間=計1カ月を要する。相互の往来が非常に困難な中でも、このような環境ならではのM&Aがアセアン域内で実現している点は興味深い。日系企業もベトナムだけでもADKホールディングスによるデジタル広告会社買収など、計4件のM&Aがクロージングしている。
 このような中でも実施可能なM&A案件としては、主に以下のような傾向となるだろう。

・新規進出の検討には不向き
・既往進出先(例:取引先が現地会社/既に現地法人・支店・買収会社あり)の事
 業拡大・周辺業種は進めやすい
・スタートアップ系企業向け投資については選別の目が慎重になることでvaluation
 期待値(=需給バランス)は落ち着くことが見込まれる。淘汰される企業も増え
 る可能性大(投資家からの投げ売りを含む)
・日本国内事業再編・統合の流れで関連現地法人の整理・売却機会が増える可能性
 大

ニューノーマル下におけるM&Aプロセスの変化

上記でも述べたが、クロージング期間の長期化が顕著である。コロナ禍によって唐突に目の前に現れた先行き見通しの不透明性は、一度は売手買手の双方が納得・合意した条件の再交渉を要すこととなり、且つ双方の往来が困難な中、一旦白紙に戻る案件も多いだろう。
それでもM&A意欲は失われてはおらず、つれて、これまでのM&Aを推進する上でのプロセスが、変化・進化を見せ始めている。

1 Web会議化
初回面談からカメラ越しでのマネジメント・インタビューや質疑応答、初期的交渉で多用されている。移動時間を心配する必要がなく双方トップ面談等の日程調整が各段にし易くなる等のメリットもある

2 デスクトップDD先行
オンサイトビジットの後倒し: 現地市場の様子や対象会社現地視察などのオンサイトビジットを後ろ倒しとしたプロセスを売手サイドが求めるケースが増える傾向。買手サイドの相手先に対する肌触り感を持つために工場内部のビデオ映像などや上記①のWeb会議内での質疑を増やすなどの工夫が必要

3 オンサイトビジットを含むビジネスDDの外部委託化 
上記のオンサイトビジットが難しい状況が継続する場合には、現地事情に精通(現地スタッフ駐在等)した第三者に外部委託するケースが増えることが予想される

4 契約内容・クロージング条件の変化
コロナ禍のような予測不能なリスクを売手買手でどのように負担するかや、クロージング期間中の業績変化のクロージング金額調整とするなどの定義は当面試行錯誤が続くように拝察される

FA活用のすすめ

ニューノーマル下でのM&Aに際しては、当座は売手・買手ともに手探りのプロセス推進が想定される。一方で、外部機能(ビジネスDDの外部委託化・FA機能の必要性・PMI)の活用ニーズが増えている。したがって、FA業務とコンサルティング業務(産業アナリスト的視座を含む)の隔てがない、複合的なサービス提供が求められている。

関連記事

「優等生」ベトナムはポストコロナの勝者となるか

コロナウイルスでの死者をゼロに押さえ込み、いち早く外出制限を解除したベトナム。日系企業にとって、有力なM&A対象国として注目される国の現状を報告する。

コロナ 米IT大手は成長加速へ 日本企業軒並み大打撃

コロナウイルスの影響で、日本の基幹産業が軒並み大きな打撃を受ける一方、米国のNASDAQ指数は、年初の数字を上回った。デジタル化が進むことで「GAFA」をはじめとするIT大手の成長は、加速する見通しだ。

電子政府「エストニア」から学ぶ日本のデジタル化

「デジタル手続法」が2019年5月に成立し、同年12月に施行されました。この法案は「行政手続のオンライン化や添付書面等の撤廃等を実現する」ために、情報システムを整備することが目的です。 日本の行政は、「紙文化」や手続きの煩雑さなど、様々な課題があります。それらの課題を解決するための参考となるのが北欧のエストニア共和国です。 エストニアでは、全国民が電子身分証明書を所有し、世界初となる国政選挙のオンライン投票「(i-Voting)」や、電子国民制度「e-Residency」の構築・導入など、「e-Estonia」といわれる電子政府化への取り組みを進めています。 本記事では、エストニアの電子政府としての特徴から、そのような国家を構成している背景や国民にもたらしている恩恵などについて解説します。

ランキング記事

1

「選択と集中」の誤算㊤ 大いなる誤訳

2020年3月1日、「経営の神様」と呼ばれたジャック・ウェルチ氏が死去しました。 1990年代後半、経済危機の最中にあった日本で、ウェルチ氏の存在はひときわ強い影響力を持ち、その言葉は「格言」として広まっていきました。しかし、最も有名な「選択と集中」という言葉に関しては、ウェルチ氏の意思が「誤訳」されて伝わっていました――。 フロンティア・マネジメントの代表取締役である松岡真宏が、機関誌「FRONTIER EYES vol.23」(2018年11月)に掲載した記事を再掲いたします。

2

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

3

村上春樹さんから学ぶ経営②~作品に潜む成功へのヒント~

前回予告いたしましたように、「村上春樹さんから学ぶ経営」を、シリーズでお届けして参ります。今回のテーマは、「差異化」です。まずは次の一文をお読みください。

4

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード