在宅勤務は定着する

開発中

コロナによる人々のライフスタイルの主要な変化の一つが、在宅勤務の急速な拡大であることに異論はないだろう。これまでも、ICTの普及によりテレワークやテレワークによる在宅勤務が拡大する潜在性がたびたび指摘されながらも、現実には、一部の産業や企業を除いて企業社会全体での普及のペースは遅く、コロナ前の段階では、都心を中心に立地する自社のオフィスでの勤務がまだまだ主流であった。
それがコロナにより環境が大きく変わった。特に政府の緊急事態宣言の発動により、企業は好むと好まざるとに関わらず、多くの従業員に対してテレワークによる在宅勤務を実施せざるを得なくなった。即ち政府からの事実上の強制により、在宅勤務は一気に普及した。

問題は、この緊急事態宣言でもたらされた変化が、果たして一時的なものでコロナが収まれば再び元に戻るものなのか、それともコロナをカタリストとして構造変化が起きているととらえるべきものなのか、にある。
筆者の考えでは、後者である可能性が高い。世の中には、潜在的な変化が予見されながらもなかなか進まなかった事柄が、天災などをきっかけに一気に普及が進む事例は少なくない。テレワークや在宅勤務は、これまでのような会社のオフィスでの勤務の補完的な位置づけではなく、企業での主要な勤務形態の一つとして恒久的に普及が進む可能性が高いと考えられる。

オフィス床需要が低迷するリスク

選手村

もちろん現段階で在宅勤務のパフォーマンスが会社のオフィスでの勤務に100%匹敵するわけではない。通信環境の問題もあるし、自宅での育児等の私生活と在宅勤務の両立は誰にとっても容易なわけではない、という問題もある。

とはいえ、今回コロナによって企業は在宅勤務を強いられ、種々の問題はあるにせよ何とか業務を回すことは出来た。そうであるならば、もう後戻りは出来ない。企業は自社オフィスでの勤務と在宅勤務、および第3者が提供するシェアオフィスでの勤務を組み合わせた多様な勤務形態を認め、促進する方向に進むだろう。

このような勤務形態の多様化が進む結果として、本社や支社に従業員の数だけのオフィス床を確保する必要はない、との考えが浮かび上がる。在宅勤務やシェアオフィスでの勤務が主体の従業員には、本社や支社に専用のスペースを確保する必要はない。月に数回本社や支社に出社する際には、社員共用のフリーアドレスのスペースを使えばよいからだ。

結果として、企業社会全体としてみたオフィス床需要は伸び悩み、減少に移るリスクがある。

東京都の資料によれば、2018年1月1日現在の東京23区の事務所床面積(貸床と自社保有床の両方を含む)は9,366万m2。空室率はゼロに近いので、この数字がほぼオフィス需要とみてよいだろう。勤務形態の多様化により、仮に3%の床が削減されると仮定すると、80万坪強の大きな空室圧力が市場に生まれることになる。

コロナ対策として従業員相互の社会的距離を確保するため従業員一人当たりの床面積が増す結果、オフィス床需要はむしろ増えるとの見方もある。しかし都心の高い賃料水準で一人当たりの床面積を増やそうと思えば、売上が急成長している会社でない限り、スペースを確保すべき従業員の数を減らすしかない。

コロナ後の景気のV字回復は期待できず低迷が長引くとの見方がコンセンサスとなりつつある現状では、企業は主たる固定費である賃料の伸びを抑えたり削減する方向に進む可能性が高いと思われるため、今後1-2年でオフィス床需要が増え続けるシナリオの可能性は高くない。総じて、今後しばらくオフィスの空室率には上昇圧力が高まる一方、賃料には下落圧力が強るだろう

勝ち組のビルになるために

建設中
オフィス床需要全体に今後低迷のリスクがあるとはいえ、需要が際限なく減り続けるわけではない。いかにテレワークが普及しても、人と人との対面での直接のコミュニケーションの重要性は変わらない。また難易度の高いソフトウェアの開発といった在宅やシェアオフィスでは対応しきれない業務も多くある。そのためには働く場所としてのオフィスが必要であり、オフィス床の需要そのものがなくなることはない。

また、コロナ前の需要拡大の要因として、優秀な人材を獲得するために都心に立地するハイクオリティのオフィス床を確保する必要がある、との流れがあったが、これはコロナ後も続くだろう。ただし一方で、需要の総量は減り2023年に供給量は増えるということになれば、需給は緩みビル間のテナント獲得競争は一層激しくなることは間違いない。

その中でテナントから選ばれる賃料低下圧力の少ない勝ち組のビルと、テナントを確保するには賃料を下げ続けるしかない負け組のビル、勝ち組と負け組の間に位置する大多数のビルの3タイプに分かれると考えるのが現実的だろう。勝ち組のビルとしてテナントから選ばれるためには、まず立地だろう。在宅勤務が普及するとはいえ、すべてが在宅勤務になるわけではない。やはり交通利便性によって定まる立地というのは、不動産の基本だろう。

また、同業者、関連業者、異業種等との情報交換をするうえでも、郊外立地のビルには限界がある。そのうえで、最先端のICT技術との親和性の高いハイスペックのビルのクオリティが求められる。更には、従業員のための保育施設や健康管理機能の整備、あるいはESG対応等によりビルに付加価値が付け加えられれば競争力は更に高まる。

過去5-6年、ゆるやかな景気拡大と人手不足を背景とする人材獲得競争によりオフィス床需要は高目に維持され、ビル間の競合は緩和された状況が続いてきた。しかしコロナ後の景気の回復ペースの不透明感と、在宅勤務の普及によってもたらされる需要の構造変化により、ビル間のテナント獲得競争は再び激しくなる展開が予想される。

まとめ

コロナによる在宅勤務の拡大によりオフィス床需要の構造変化が加速して需要が減退する可能性がある。オフィス市場は最近までほとんど満室状態で賃料も高目に維持されたが、今後はビル間のテナント獲得競争の厳しさが増し、勝ち組のビルと負け組のビルの間の格差が拡大する可能性が高い。

▼過去の記事はこちら
コロナで変わる不動産需給 ㊤影響大の商業ビル、影響軽微なオフィスビル

関連記事

メタバースで変わるエンタメ ゲーム会社へのM&A加速

“メタバース”への巨額投資が、エンタメ業界の構図を変えようとしている。多くの人が同時参加する仮想空間を運営するには、オンラインゲームの技術と高度なクラウド技術が必要で、大手企業によるゲーム会社のM&Aが加速する可能性もある。

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

3

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中