即席麺が高付加価値化で復活

中国の即席麺

一方で、鮮度感とは対極にあるような即席麺の消費は、次のように変化している。世界最大の即席麺メーカー康師傅(カン・シー・フー)の即席麺販売額は18年の売上が約240億元(3720億円)と対前年比5.7%増で出荷額市場シェアは48.2%を占める。市場全体も対前年比8%増と拡大している。

これは、康師傅が原材料の安全保証と、各地方にローカライズした味付けの高単価の付加価値商品の開発を進めたことの影響が大きい。

また、外食ケータリング事業者の寡占化による同市場の値上げ傾向に対する反発もあり、即席麺の品質に対する「値ごろ感」が消費者に受けているとも考えられる。

外資小売店の好調な開業

コストコのイメージ

流通業のトピックとしては、2019年8月末にアメリカのCOSTCO(コストコ)が上海に開業したことがあげられる。面積1.4万㎡ 、1200台の駐車場スペースを持つ同店には、開業初日は来場者数の多さによる混乱回避のため5時間のみの営業となった。

翌日も1回の入場者数を2000人に限定したものの、入場を待つ長蛇の列ができた。

これは1995年にヤオハンと上海第一百貨店の合弁で「上海第一八佰伴」が開業したときをほうふつとせる混雑ぶりだ。

同店は、当時107万人の来場者数を記録したが、売り上げは低迷。アジア通貨危機とヤオハンの経営悪化に伴い、売却された(ヤオハン倒産後も、同店は同じ名前で営業中)。

当時と現在が大きく異なるのは、所得水準と商品供給量だ。ヤオハンは、購買できないが、見物に来る来場者で賑わっていた。

今は、他店でも購買できる商品が多くある中でもコストコ(アメリカに本社を置く会員制倉庫型販売店、COSTCO)に来場者が押しかける開業状況だった。

COSTCOは2014年、天猫(アリババのECサービス)にいち早く旗艦店を出店。中国市場にはオンラインから参入した。

ここでの実績と知名度をもってさらに会員制システムを導入し、開業に伴う会員クーポン配布も行ったことで、リアルな店舗でも大盛況となった。

開業時には、茅台酒(中国の高級蒸留酒)やプラダのアパレルなどの高級品の低価格販売が集客につながった。

モバイルで、何でも並ばずに購買できる現在の中国。店舗に行くのは、高級品が本物であるかの確認ができることや、「お値打ち感」のある商品探しでもあったと考えられる。

消費者は「付加価値」をチェックしている

棚に並んだ即席麺

ここまでに述べた人気商品や店舗にも、課題はある。即席麺は中食、外食との激しい競争が続く。COSTCOは、商品SKU(在庫管理単位)も多くなく、高級ブランド商品の低価格販売だけで今後も爆発的な売上が継続するとは思えない。

商品供給が潤沢な中国市場では、商品の選択基準が変わってきており、「付加価値」があるのかを消費者が確認するようになっている。中食、外食より安いのに満足感が得られる即席麺。

有名高級ブランド商品が、どこよりも安く買える店舗。こうしたものを見出すため、消費者層は異なりますが、「品質」、「ブランド」、「価格」チェックが常時行われている。

現在は「価格」に注目が集まる点が、景気後退への始まりのようにも見えるが、中国企業の動きからは消費者の選択基準を満たす新商品、ブランドの提供が求められており、そのために外資との取り組みも現地企業は望んでいるように見受けられる。

※機関誌「FRONTIER EYES」vol.27(2019年11月発行)掲載記事を修正の上再掲

関連記事

「海外現地法人」とは?「海外支店」「駐在員事務所」の違いやメリット・デメリットを解説。

グローバリゼーションの時代、アメリカや中国などの海外企業と対等に戦うには海外市場を視野に入れなくてはいけません。 従来の日本企業はモノを輸出して外貨を稼いでいましたが、少子化や人口減少などで国内市場が縮小するなかで、海外進出を企業も増えています。 経営者や海外事業の責任者は、海外進出するとき、「現地法人をつくるのか、海外支店や駐在員事務所で済ますのか」を選択する必要があります。 この記事では、海外現地法人のメリット・デメリットや、海外支店や駐在員事務所の違いについて解説していきます。

Zuva イベントレポート 中国のユニコーン候補企業のトップに聞く

フロンティア・マネジメントの提携先であるZuva株式会社(注1)による、中国の注目すべきスタートアップ企業3社を紹介するオンラインイベントが、2020年8月6日(木)に開催された。Zoomのオンラインセミナー機能を使って開催された『オンラインミートアップイベント』をレポートする。

コロナ渡航制限下のシンガポールとM&A

シンガポールは、新型コロナウイルス(COVID-19)対策として、厳しい行動制限であるサーキットブレーカー(以下、CB)措置を経て、ここまでのところ経済活動の制限緩和と市中感染の抑え込みを両立させたように見える。長引く渡航制限や徹底した感染対策が生む経済や実務への影響、M&Aにおける示唆を整理する。筆者の見立てでは、1-2年後には、ローカル化されたM&Aが一挙に増えるとみている。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中