スモールM&Aとは?意味と定義

スモールM&Aとは、文字どおり「小規模なM&A」のこと。

スモールM&Aという言葉に明確な定義はありませんが、小規模企業や個人企業が取引の対象となる場合が多く、一般的には以下に該当する企業との取引と捉えられています。

  • 取引対象:小規模企業・個人企業
  • 取引金額:1億円以下
  • 取引対象企業の年間売上高:1,000万円〜5億円程度
  • 取引対象企業の従業員数:数人〜30名程度

急増するスモールM&A

日本のM&A件数はリーマンショックによって落ち込みましたが、その後、2012年に上昇に転じ、2017年には3,000件を、2019年は4,000件を超えました[注1])。

従来、M&Aと言えば名の知れた大手企業が事業拡大のために中堅・中小企業を買収するパターンがほとんどでしたが、近年は様相が変わっています。

M&A全体のなかでもスモールM&Aの件数増加が顕著であり、2012年(157件)から2017年(526件)にかけて約3倍に増加しています[注2]。

スモールM&Aが注目される背景

日本においては、中小企業が全企業の99%を占めます。また、中小企業による被雇用者の割合は約70%もあります。[注3]

日本経済の基盤を支えているといえる中小企業ですが、近年の少子高齢化や市場のニーズの変化などにより、以下のような課題を抱えています。

  • 経営者が高齢化して後継者問題を抱えているが、適切な後継者がいない。
  • 設備の老朽化が進み、生産性が伸び悩んでいる。
  • 業界の伸び悩みや市場縮小により、経営不振に陥っている。

このような課題から、会社の売却や事業承継を検討する小規模企業・個人企業が増えています。

その一方で、成長意欲の高い企業はM&Aによる事業拡大に積極的で、既存企業が有するサービスやノウハウ、顧客基盤などに魅力を感じています。

このように売り手側と買い手側の利害が重なり、双方の課題を解決できる手法としてスモールM&Aが注目されているのです。

また、M&Aの目的が多様化している点も見逃せません。

事業拡大のためのM&Aだけではなく、後述のようにベンチャー企業の出口戦略としてのM&Aや、起業のためのM&Aなども増加傾向にあります。

このようなケースの選択肢としてもスモールM&Aが注目を集めているのです。

スモールM&Aの主なパターン

スモールM&Aの主な活用目的を、3パターンご紹介します。

事業承継のためのスモールM&A

今、多くの小規模企業・個人企業は、経営者の高齢化や後継者不足の問題を抱えており、廃業・リタイアを視野に入れるようになっています。

しかしながら、多くの経営者は自分の代で廃業するのではなく、何らかの形で事業を引き継ぎたいと考えるものです。

身内に事業を継いでくれる人がいなくても、スモールM&Aなら全国から後継者候補を探すことができ、譲渡先が見つかれば、廃業を避けることができます。

実際にスモールM&Aの市場では、後継者問題を理由に事業承継先を探している小規模企業が少なくありません。

また、事業を引き継ぐ側(買い手側)も、株式譲渡によるM&Aを選べば顧客や従業員などを引き継ぐことができます。

新事業を立ち上げるより少ないコスト・労力で事業拡大や事業基盤の強化を図れるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

スモールM&Aによる起業

ITテクノロジーの発展により、従来よりも起業しやすい環境が整いつつあり、近年の新設法人数は増加傾向です。

一方で、起業には一定の資金が必要で、必ずしも成功する保証はないため、大きなリスクを背負うことになります。

このような起業時のリスクを低減するため、一から会社を立ち上げるのではなく、すでに立ち上がっている事業を譲り受けて起業するという選択が注目を集めています。

その際に、個人でも手が出しやすい方法として、スモールM&Aが活用されることがあります。

スモールM&Aは、通常のM&Aに比べて低額で既存の企業・事業を譲り受けます。

日本政策金融公庫 総合研究所が公表している「2019年度新規開業実態調査[注4]」によると、開業費用の平均値は1,055万円でしたが、スモールM&Aなら数百万円で企業や事業を買収できる例も多くあります。

このような背景から、サラリーマンや引退後のシニア層などの個人がスモールM&Aで起業するケースが増えています。

また、事業承継したい理由が、経営不振ではなく、経営者の高齢化や後継者問題を理由とする案件であれば、黒字事業の承継も可能です。

売り手企業が有するノウハウや専門性を引き継げるので、業界経験がなくても新たなビジネスをスタートできます。

ベンチャー企業の出口戦略としてのスモールM&A

アメリカでは、ベンチャー企業の出口戦略としてIPO(株式公開)ではなく、M&Aによる売却が一般的です。

日本では、従来はIPOによる上場を目指すベンチャー企業が大半を占めていましたが、近年M&AやスモールM&Aを出口戦略とする企業が増加しています。

IPOは、条件や審査が厳しく、非常に狭き門であるため、近年ではスモールM&Aが注目されているのです。

スモールM&Aの課題・リスク

スモールM&Aにおける課題・リスクを3点、ご説明します。

売り手側のリスク:専門的知識の必要性

スモールM&Aで事業を譲り渡すには、会計・法律・税金など幅広い知識が必要になります。

自社だけで手続きを進めるのは現実的ではないため、M&Aの仲介会社やM&Aアドバイザーに依頼するのが一般的です。

しかし、仲介手数料が高額なため、利益がほとんど残らないケースも見受けられます。

買い手側のリスク:デューデリジェンスの必要性

最近では、スモールM&Aのオンラインマッチングサービスも登場していますが、当事者同士の交渉では買い手側のリスクの見落としによるトラブルが起こりがちです。

契約締結後になって不備や違反が発覚したり、対象企業の重大な問題点を見落としていたりして、大きな損害を被るケースもあります。

このようなリスクを低減するには、公認会計士や弁護士など専門家による徹底したデューデリジェンスが必要です。

なおデューデリジェンスとは、投資対象の企業について価値やリスクを客観的に評価することを意味します。

従業員の離職など社内混乱のリスク

スモールM&Aによって2つの企業が統合されると、企業文化の違いから従業員間で軋轢が生まれるケースが多々あります。

特にM&A後の待遇や労働環境などについて、売り手企業の従業員の合意が得られていなければ、離職してしまうことも十分考えられます。

経験豊富な従業員が離職してしまうとシナジー効果が生まれず、期待していた収益が得られないという事態になりかねません。

スモールM&Aに限らず、M&Aは契約が成立したら終わりではなく、その後の適切な「PMI(経営統合作業)」が重要です。

PMIに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:「PMIはM&Aの成否を握るプロセス」

スモールM&Aの要はデューデリジェンス

上述の通り、スモールM&Aは中小企業や小規模事業者および、起業を目指す個人にとって多くのメリットがあります。

現状、事業承継の文脈で活用されることが多いスモールM&Aですが、買収側の企業や個人の資質によっては、相乗効果が生まれ、事業成長が見込まれます。

スモールM&Aの活用により大きな事業成長を成し遂げる企業がいる一方で、誤った合併や統合は多大な損失を招きます。

スモールM&AおよびM&Aにおいて重要なのは、徹底したデューデリジェンス の実施です。

本メディアの運営会社であるフロンティアマネジメント株式会社では、M&Aアドバイザリーサービスを提供しており、M&A戦略策定から実行支援、その後の統合(PMI)まで一貫したサポートを行なっています。

スモールM&Aといえど、会計・法律・税金に関する幅広い専門知識が必要になります。

必要に応じてM&Aアドバイザリーサービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

Frontier Eyes Onlineでは経済やビジネスのトレンドから基礎知識まで、幅広く解説しています。

是非よろしければメルマガのご登録をお願いいたします。

参照
[注1] グラフで見るM&A動向|MARR Onlineマールオンライン
[注1][注2] 2018年版 中小企業白書|M&Aの現状
[注3] 中小企業白書 2019 – 中小企業庁 – 経済産業省
[注4]2019年度新規開業実態調査

関連記事

株主を整理するスクイーズアウトとは?方法や最新事例も解説

M&Aや組織再編の過程で、100%子会社化を目的とする場合、対象会社に存在する既存の少数株主を「締め出したい」というニーズが生じることがあります。 少数株主の排除のことをスクイーズアウトと呼びますが、従来はその課税関係が複雑で使い勝手が悪いことが多々ありました。 しかし、2017年度の税制改正で大幅に内容が改正され、現在では多くの機会で機動的にスクイーズアウトが活用されるようになりました。今回は、そのスクイーズアウトについて、方法や最新事例について解説します。

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

国際特許出願に、国家戦略はあるか 中韓が大幅増加

2020年の国際特許出願件数は27万5900件と、コロナ環境にもかかわらず過去最多を更新した。中国や韓国が大きく件数を伸ばす中、日本はどのような国家的な技術戦略をたてるべきか、考察した。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中