医療財政のひっ迫と医療機関経営へのしわ寄せ

医療機能・病床の分化・強化・連携は従来から医療財政の健全化の観点から言われてきたが、コロナ禍という未曽有の危機では、本質的な意味でも病院・病床機能の分化・強化・連携が求められることを顕在化させた。

経営の安定化は医療機関自らの責務である。医療と介護の橋渡し、健康寿命の延伸、働き方改革とメンタルヘルスへの意識の高まり、そしてコロナ禍に直面して顕在化した在宅健康管理の重要性といった社会課題の中に、医療制度改革の動向に右往左往しないための経営のヒントがあるのではないか。

診療報酬制度改定の度に…

コロナの感染拡大で、日本の医療提供体制の在り方に、これまでにない注目が集まっている。全国どこでも同じ価格ですべての国民が平等に医療を受けられるという国民皆保険のおかげで、日本は安定的かつ高水準の医療基盤を整備し、世界でも有数の長寿国となった。

しかしながら、2018年度の概算医療費は42.6兆円にのぼり、そのGDP比率は8%弱に及ぶ。深刻な少子高齢化の進展により、国民皆保険制度は財政的な観点から危機的な状況である。制度の崩壊を避けるべく、診療報酬制度はこれまで度々改定され、そのたびに医療機関の経営は大きな影響を受けてきた。
DPCと呼ばれる包括支払制度の下、過剰な医療提供に対しては厳しく査定の目が光るようになっている。病床や病棟の機能分化の要請は、診療点数の各種要件として細かく定められ、そのための人的・物的体制整備のための負担も重い。

その結果、多くの医療機関は診療報酬制度の改定要件に「ついていくので精一杯」というのが本音ではないだろうか。
日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会の 3 団体が合同で行った2019年度の病院経営調査によると、調査対象病院のうち赤字病院の占める割合が4割を超えている。

中小企業は約70%が赤字であり、それに比べれば、状況はまだよいという見方もある。
しかし、コロナ禍の影響で追加コスト負担や、通常の診療が滞っている事態は深刻だ。生命や健康を守る社会インフラの経営という点で、経営崩壊の回避する必要がある。

乏しい戦略余地

コロナ対応策のため追加コスト負担を余儀なくされる一方、感染リスクへの不安から足許では患者数減少の影響も出てきている。医療機関の経営環境は今後さらに厳しくなるであろう。もっとも、コロナ禍以前に日本の医療機関経営は、制度上、経営改善のために戦略余地が限られる。

保険診療の枠組みにおいては、サービス単価は公定され、提供サービスがいかに優れていても原則として単価アップはできない。とすると、経営としての打ち手は、

1 サービス総量を増やす
2 サービス1単位あたりのコストを下げる

のいずれしかない。

しかしながら、より多くの患者を診るとしても、医療従事者の数と時間は有限であり、限界はある。そもそも、1日に多数の患者の診療をこなそうとすれば “3分診療”などと批判されてしまう。

コスト削減をしようにも、付加価値の源泉である専門人材の労務費削減は困難だ。
薬価や医材料も等しく単価削減の影響を受けており、医療機関が薬価差益を確保することもますます困難になっている。ニッチに特化して運営の効率化を実現したとしても、当該分野の診療点数が2年ごとの診療報酬改定で削減されてしまえば、その努力も水の泡である。
2020年の診療報酬改定では、透析に特化したクリニックは大きな影響を受けそうな状況である。

患者のニーズにいかに寄り添えるか

誤解を恐れずに言えば、診療報酬制度の下で、医療機関の経営努力は、診療点数の最大化のため、定められた要件枠組みに治療行為をいかに定型化して落とし込むかというところにあった。患者は治療行為の対象にすぎず、患者効用の最大化は二次的な要素でしかない。心ある医療従事者が、日々の治療現場で目の前の患者ニーズとの板挟みで苦しむのは、究極的にはこのあたりに理由があるのかもしれない。

例えば、高度で安心・安全な医療体制整備のために推進されている病床・病棟の機能分化は、診療ステージごとに患者に転院・転床を強いる。病状の推移によって病院と自宅や介護施設とを往復せざるを得ない高齢患者やその家族の身体的・精神的負担は相当なものである。
折しも、コロナの重症患者の入院病床を確保するために軽症感染者は在宅での療養を余儀なくされる現状は、同様の負担は必ずしも高齢患者の問題だけではないことを示している。

まとめ

診療報酬制度に忠実に対応しているだけでは、残念ながら個々具体的な患者の目の前のニーズには応えることはできない。満たされない患者ニーズの集積は、全体として医療機関に対する信頼感を知らず知らずのうちに傷つけることになる。

㊦「新たな収益源」に続く

関連記事

コストリーダーシップ戦略とは?差別化・集中戦略との違いやメリット・リスクを解説

新商品・新サービスを開発する際、「いくらで生産して、いくらで販売するのか」という価格設定は重要なポイントになってきます。商品・サービスの価格を検討するうえでキーワードになるのが「コストリーダーシップ戦略」です。今回は、コストリーダーシップ戦略の概要、差別化戦略や集中戦略との関係、メリットやリスクなどについて解説していきます。

「コアコンピタンス」の意味とは? ケイパビリティの違いと企業の事例を解説

「コアコンピタンス」とは、企業が持つ様々な能力や機能のうち、「他社には真似できない企業の核となる能力」のことです。 競争と変化が激しいビジネスにおいて、自社の戦略や方向性を策定する上で、競合他社と差別化をはかりながら、客観的な自社の優位性を見極める必要があります。そ本記事では、コアコンピタンスの意味、ケイパビリティの違いについて企業事例を交えて解説します。

BPR(業務改革)とは何か? BPMやCMMIとの違いとともに業務効率手法を探る

政府主導のもとに始まった働き方改革に加えて、日進月歩でビジネスのデジタルシフトも進んでいます。近時の変化は、「第4次産業革命」に例えられるなど、100年に1度の変革期とも言われるほどです。 業界・業種問わず、何かしらの業務改善やITシステムやクラウドサービスの導入に着手していない企業はいないでしょう。そのような動きのなかで、BPR(Business Process Re-engineering=ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)が注目を集めています。 この記事では、既存事業を根本から「再構築=リエンジアリング」する「BPR=業務改革」について解説します。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中