医療財政のひっ迫と医療機関経営へのしわ寄せ

医療機能・病床の分化・強化・連携は従来から医療財政の健全化の観点から言われてきたが、コロナ禍という未曽有の危機では、本質的な意味でも病院・病床機能の分化・強化・連携が求められることを顕在化させた。

経営の安定化は医療機関自らの責務である。医療と介護の橋渡し、健康寿命の延伸、働き方改革とメンタルヘルスへの意識の高まり、そしてコロナ禍に直面して顕在化した在宅健康管理の重要性といった社会課題の中に、医療制度改革の動向に右往左往しないための経営のヒントがあるのではないか。

診療報酬制度改定の度に…

コロナの感染拡大で、日本の医療提供体制の在り方に、これまでにない注目が集まっている。全国どこでも同じ価格ですべての国民が平等に医療を受けられるという国民皆保険のおかげで、日本は安定的かつ高水準の医療基盤を整備し、世界でも有数の長寿国となった。

しかしながら、2018年度の概算医療費は42.6兆円にのぼり、そのGDP比率は8%弱に及ぶ。深刻な少子高齢化の進展により、国民皆保険制度は財政的な観点から危機的な状況である。制度の崩壊を避けるべく、診療報酬制度はこれまで度々改定され、そのたびに医療機関の経営は大きな影響を受けてきた。
DPCと呼ばれる包括支払制度の下、過剰な医療提供に対しては厳しく査定の目が光るようになっている。病床や病棟の機能分化の要請は、診療点数の各種要件として細かく定められ、そのための人的・物的体制整備のための負担も重い。

その結果、多くの医療機関は診療報酬制度の改定要件に「ついていくので精一杯」というのが本音ではないだろうか。
日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会の 3 団体が合同で行った2019年度の病院経営調査によると、調査対象病院のうち赤字病院の占める割合が4割を超えている。

中小企業は約70%が赤字であり、それに比べれば、状況はまだよいという見方もある。
しかし、コロナ禍の影響で追加コスト負担や、通常の診療が滞っている事態は深刻だ。生命や健康を守る社会インフラの経営という点で、経営崩壊の回避する必要がある。

乏しい戦略余地

コロナ対応策のため追加コスト負担を余儀なくされる一方、感染リスクへの不安から足許では患者数減少の影響も出てきている。医療機関の経営環境は今後さらに厳しくなるであろう。もっとも、コロナ禍以前に日本の医療機関経営は、制度上、経営改善のために戦略余地が限られる。

保険診療の枠組みにおいては、サービス単価は公定され、提供サービスがいかに優れていても原則として単価アップはできない。とすると、経営としての打ち手は、

1 サービス総量を増やす
2 サービス1単位あたりのコストを下げる

のいずれしかない。

しかしながら、より多くの患者を診るとしても、医療従事者の数と時間は有限であり、限界はある。そもそも、1日に多数の患者の診療をこなそうとすれば “3分診療”などと批判されてしまう。

コスト削減をしようにも、付加価値の源泉である専門人材の労務費削減は困難だ。
薬価や医材料も等しく単価削減の影響を受けており、医療機関が薬価差益を確保することもますます困難になっている。ニッチに特化して運営の効率化を実現したとしても、当該分野の診療点数が2年ごとの診療報酬改定で削減されてしまえば、その努力も水の泡である。
2020年の診療報酬改定では、透析に特化したクリニックは大きな影響を受けそうな状況である。

患者のニーズにいかに寄り添えるか

誤解を恐れずに言えば、診療報酬制度の下で、医療機関の経営努力は、診療点数の最大化のため、定められた要件枠組みに治療行為をいかに定型化して落とし込むかというところにあった。患者は治療行為の対象にすぎず、患者効用の最大化は二次的な要素でしかない。心ある医療従事者が、日々の治療現場で目の前の患者ニーズとの板挟みで苦しむのは、究極的にはこのあたりに理由があるのかもしれない。

例えば、高度で安心・安全な医療体制整備のために推進されている病床・病棟の機能分化は、診療ステージごとに患者に転院・転床を強いる。病状の推移によって病院と自宅や介護施設とを往復せざるを得ない高齢患者やその家族の身体的・精神的負担は相当なものである。
折しも、コロナの重症患者の入院病床を確保するために軽症感染者は在宅での療養を余儀なくされる現状は、同様の負担は必ずしも高齢患者の問題だけではないことを示している。

まとめ

診療報酬制度に忠実に対応しているだけでは、残念ながら個々具体的な患者の目の前のニーズには応えることはできない。満たされない患者ニーズの集積は、全体として医療機関に対する信頼感を知らず知らずのうちに傷つけることになる。

㊦「新たな収益源」に続く

関連記事

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

マーケティング・コミュニケーションとは?役割や成功事例を解説

商品やサービスを売るために役立つコミュニケーション活動が「マーケティング・コミュニケーション」です。メディアのデジタル化により企業と顧客の双方向のやり取りが可能になり、その重要性は高まっています。 企業は広告や広報、SNSといった多彩な領域でマーケティング・コミュニケーションの展開が求められていますが、正しく実行できている企業は多くありません。 本記事では、マーケティング・コミュニケーションの意味から役割、成功事例まで解説していきます。

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中