人権デューデリジェンスとは

人権デューデリジェンスとは

人権デューデリジェンスとは、企業の事業活動における人権侵害行為の調査、予防または対応策を講じることです。広く認知されることになったきっかけは、2011年に当時の国連特別代表ジョン・ラギー氏によってまとめられた「ビジネスと人権に関する指導原則」が満場一致で採択されたことです。

本指導原則の「原則17」(一部抜粋)

人権デュー・ディリジェンス
17.人権への負の影響を特定し、防止し、軽減し、そしてどのように対処するかということに責任をもつために、企業は人権デュー・ディリジェンスを実行すべきである。そのプロセスは、実際のまたは潜在的な人権への影響を考量評価すること、その結論を取り入れ実行すること、それに対する反応を追跡検証すること、及びどのようにこの影響に対処するかについて知らせることを含むべきである。

本指導原則の「原則17/解説」(一部抜粋)

人権デュー・ディリジェンスが、単に企業自らに対する重大なリスクを特定し、対処するばかりではなく、権利保持者側に対するリスクをも含むのであれば、これをより幅広い企業のリスクマネジメント・システムのなかに入れることができる。

▼参考記事はコチラ

ビジネスと人権に関する指導原則:国際連合「保護、尊重及び救済」枠組実施のために(A/HRC/17/31)

これまで企業における人権問題は、人種・民族差別や地域差別、セクハラ・パワハラなどが問題視されてきました。現在では、企業活動のグローバル化に伴い、拠点とする各国の事情や歴史、商慣習を理解した取り組みが求められ、問題は複雑になっています。

特に児童労働や強制労働などによる人権侵害は、大規模な抗議活動や不買運動にまでに発展しているケースもあります。このような背景からも人権デューデリジェンスへの取り組み、改善活動は注目が高まっております。

人権デューデリジェンス 国際的な歩み

人権デューデリジェンス 国際的な歩み

人権デューデリジェンスへの国際的な取り組みが顕著となってきたのは、2010年前後に遡ります。

国連特別代表(当時)ジョン・ラギー氏は2008年、国連で「保護、尊重及び救済の枠組」(Protect, Respect and Remedy: a Framework for Business and Human Rights  通称・ラギーフレームワーク)を提唱します。これを基に、国連は2011年に「ビジネスと人権に関する指導原則」を全会一致で採択しました。

この動きに呼応するかのように、まず米国カリフォルニア州が2010年に「サプライチェーン透明法」を制定、2012年に施行しました。この州法は、年間売上高が1億ドル以上の小売業、製造業に対してサプライチェーン内に奴隷的労働の有無とリスクを調査し公表することを義務付けています。

続いて2015年には英国が「現代奴隷法」を制定・施行、2017年にはフランス、2018年にオーストラリア、2019年にはオランダがそれぞれ、企業活動における人権侵害の防止と対応を求める法令を制定または施行しました。

ドイツも2021年3月に関係法令「ドイツサプライチェーン法案」の制定を閣議決定しましたが、同法案には厳しい罰則が定められています。

同法案は、ドイツに本社を置く企業で従業員規模(海外子会社を含む)1,000人以上、または3,000人以上の企業を対象に、人権デューデリジェンスによるサプライチェーンのリスク管理体制の確立を求めています。

これに違反した場合は、最大80万ユーロ、または年間売上高の2%に相当する罰金を科されるほか、公共調達への参加制限が盛り込まれています。

2022年にオランダで施行予定の「児童労働デューデリジェンス法」ではさらに罰則が厳しく、違反企業には87万ユーロ、または売上の10%を上限とする罰金や、刑事責任が科される可能性があります。

人権侵害に対する意識の高まり

上記の他に、人権を意識した国際的な取り組みと法規制に、OECDによる「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデューデリジェンス・ガイダンス」(2010年)、そして米国金融規制改革法の紛争鉱物条項があります。

OECDと米国の規制は、武装勢力による紛争が続くコンゴ民主共和国とその周辺国で産出された錫、タンタル、タングステン、金が武装勢力や紛争に関連して産出されていないかを調べ(デューデリジェンスし)、報告することを求めています。

武装勢力が地域住民や子供を動員して強制労働に当たらせ、こうした鉱物を資金源として得ている実態があることから、紛争鉱物のサプライチェーン・デューデリジェンスも人権デューデリジェンスの一つと言えるでしょう。

人権侵害に対する意識の高まり

最近では、中国・新疆ウイグル自治区におけるウイグル族に対する人種隔離政策、強制労働、強制的な不妊治療といった人種差別的な政策への対抗策の一つという文脈で、人権デューデリジェンスが取り上げられる傾向が顕著です。

しかし、これまでに見てきたように、ウイグル族への差別が国際的に広く問題視される前から欧米各国は企業活動における人権侵害を問題視し、規制を整備し、デューデリジェンスを求めてきたことが分かります。

さらに言えば、SDGs、ESGの国際的な潮流が、人権デューデリジェンスにさらなるスポットライトを浴びせ、米中対立がそれに更なる拍車をかけたとも言えるでしょう。

日本政府の人権デューデリジェンス の取り組み

日本政府の人権デューデリジェンス の取り組み

翻って我が国の人権侵害に対する政策はどうでしょうか。ビジネスにおける人権侵害について、米国や欧州先進国のように罰則を伴うような法制化は見られません。

日本外務省は2020年10月、「ビジネスと人権に関する行動計画」を策定しました。

しかし、その中身は欧米の法令のように企業に対する義務を求める、あるいは、違反者に罰則を科すような内容ではありません。

人権デューデリジェンスについても「啓発を図る」程度で、日本政府の行動計画は、これまでの経緯のまとめと今後行っていくとする取り組み、措置の列挙までとなっています。

その理由について、日本経済新聞は「いきなり高いハードルの設定は難しい」という外務省人権人道課の発言を紹介していました。

背景には、米中対立の文脈でクローズアップされてきた人権デューデリジェンスについて、国の対外貿易の半分以上を占める中国を刺激したくない、外交的配慮も難しさの理由となっているように見受けられます。

行動する日本企業

はたして、日本企業は人権侵害に対する取り組みについて、日本政府のスタンスにならって黙ってやり過ごし、人権デューデリジェンスの“ブーム”が過ぎ去るのを待っていればよいのでしょうか。

肌着メーカーのグンゼは2021年6月16日、新疆ウイグル自治区で生産された新疆面の使用を取りやめることを発表したと報じられました。

キリンホールディングスはミャンマーで軍事クーデターが起きた直後の2021年2月5日、国軍と取引関係にあるミャンマー・エコノミック・ホールディングスとの合弁事業解消を発表しました。

その他、アサヒグループホールディングス、伊藤忠商事、東芝といった企業も、サプライチェーンにおける強制労働などの人権上のリスクを精査するとしています。

これらは、日本政府の法制化を待つのではなく、自社の取り組みとして積極的に人権侵害に対峙しています。

なぜなら、ビジネスにおける人権侵害を無視していたのでは、グローバルな市場参加者から自社を評価されず、国際的NGOから人権侵害を指弾されるリスクが生じるからです。

人権問題に対する不作為は、当然、自社、自社グループのレピュテーションにも悪影響を及ぼします。

一過性のムーブメントではなく、継続的に取り組むべき課題

人権と人権デューデリジェンスへの取り組みは決して一過性の課題ではなく、これまでも、これからも続いていく課題であり、解決すべき問題です。

SDGsとESGの潮流の中、グローバルの市場参加者も企業における人権のための取り組みを凝視しています。日本企業にとっての市場は、決して東アジアやアジアに限定されていないはずです。

日本の改定コーポレートガバナンスコードの補充原則2-3①においても、「人権の尊重」という言葉が加わりました。しかし、それも原則であり、義務ではありません。

サプライチェーンにおける人権デューデリジェンスはかつてないほど、今、世界的に求められています。

(了)

■10/18(月)・10/27(水)開催『ESG経営とリーダーシップ』~ESGの取り組みにおける日本企業の課題と経営者の役割とは~

【講演者】
Forbes JAPAN Web編集長 谷本有香氏
弊社 経営執行支援部門 シニア・ディレクター 上山聡子

ESGやSDGsへの関心が近年飛躍的に高まる中で、企業がこれらの取り組みを実際に推進していくうえで目指すべき姿、課題、また、取り組み推進のポイントは何か。Forbes JAPAN Web編集長の谷本有香氏をゲストにお迎えし、弊社シニア・ディレクターの上山聡子と対談形式のウェビナーを全2回開催にてお届けします。ぜひご視聴ください。

【日時】
第1回:2021年10月18日(月)11:00~11:45
第2回:2021年10月27日(水)11:00~11:45
▼詳細およびお申込みはこちら▼
https://frontier-mgmt.zoom.us/webinar/register/1316004191715/WN_tSCEVx4MSKK8RdRONW36nw

関連記事

取締役会の実効性評価とは?

2021年6月に発表された新たなコーポレートガバナンス・コードや、東京証券取引所の市場区分変更に伴う2022年4月のプライム市場、スタンダード市場、グロース市場への一斉移行を踏まえ、従来にも増してガバナンスの強化が話題となっています。 プライム市場に上場する会社は多くの項目でコーポレートガバナンス・コードへの遵守(コンプライ)が求められており、高い水準でのガバナンスの構築が必須と言えるでしょう。 ガバナンス強化としての取り組みのひとつが取締役会の実効性評価です。取締役会自体が、その役割を果たせているかを確認し、そして反省し、不足している部分を改善する取り組みを行うことでガバナンスの高度化がもたらさせると考えられており、上場会社にとって重要な取り組みの一つです。 そこで本記事では、取締役会が、期待されている役割をどの程度果たせているかを評価する取り組みである取締役会の実効性評価について解説します。

執行役員制度をなぜ導入するのか?

近年盛んなガバナンス強化のトレンドの中で、「経営」と「業務執行」の分離が必要との論調があります。 それは企業の最高幹部である取締役は経営の意思決定や、会社の監督という面に専念する必要があり、業務執行から一定の距離を置くべきだという考え方です。 そういったガバナンス強化の側面からも昨今、執行役員制度を導入する企業が増加しています。 本記事では、執行役員制度についての概略と、そのメリット、デメリットについてご説明します。

東証新市場区分で、 M&Aは増加する

東証の新市場区分が、2022年4月から開始される。新市場区分においては流通時価総額や流通株式比率などの要件が付与されることに加え、一連のコーポレートガバナンス改革により、M&A件数が増加すると見込まれる。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

EVは本当に最適か?④注目の「常温核融合」は本物か

「EV化」は、カーボンニュートラル達成の為の唯一の答えなのか。前回までに紹介したe-fuel、水素、アンモニアに続き、ゲームチェンジャーになりうる次世代エネルギー「常温核融合」(cold fusion)について考察する。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中