コロナ禍による“巣ごもり消費”の影響で、グローバルでヒットタイトルを持つパッケージゲーム会社の収益が、好調に推移している。自宅に滞在せざるを得ない時間が増え、友人との交流にオンライン経由でゲームをプレイするというライフスタイルも、ゲームとの接触時間増を促していると考えられる。それに加え、店頭での販売からオンラインによるダウンロード販売へのシフトも、好調を牽引していると考えられる。

大幅な営業増益だった2020年4-6月期決算

任天堂オフィス

2020年8月中旬までに開示された主要パッケージゲーム各社の4-6月期決算については、Switchハード販売、および大ヒットタイトル「あつまれ どうぶつの森」の販売好調で、任天堂の営業利益は前年同期比5.3倍となる1,447億円、新作「FF7 REMAKE」のダウンロード販売が好調であったスクウェア・エニックスの営業利益が同3.4倍の245億円、新作「バイオハザード RE:3」や、リピートタイトル「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のダウンロード販売が好調であったカプコンの営業利益は同39%増の107億円となった。

上記3社以外の大手ゲーム会社でも、コロナ禍で厳しい状況が続くゲームセンター運営事業や遊技機事業などの悪影響も見られたが、パッケージゲームソフト事業に関しては、ダウンロード販売が牽引して好調とのコメントが見られる。

ダウンロード増加、コロナが引き金に

4-6月期では、コロナ禍により、パッケージゲームソフトの流通が機能不全に陥ったことも、ダウンロード販売の需要増をもたらしたと考えられる。
米国を中心にグローバルで5,000店以上のゲームハード/ソフト販売店舗を運営するGame Spot社は、3月に一時的に3,000店以上を臨時休業するなど、パッケージゲームの店頭販売は、コロナ禍で大きな影響を受けた。
ゲームに興味を抱いた消費者は、コロナ禍で物理的に困難になったパッケージソフトの店頭購入や、配達時間を要するオンライン購入を避け、手間や時間をさほど要しないオンラインによるダウンロード購入を選ぶ流れは、今後も確実に進んでいくとみられる。

また、オンラインによるダウンロード販売は、バンドル化や価格戦略の導入により、旧作の需要増加も可能となる。もともと米国では、一定期間を購入した旧作パッケージゲームの価格は逐次下落していくが、新作の投入と併せたダウンロード販売による旧作の積極的な値引きなどを行うことなどにより、旧作販売の活性化も可能となっている。
ゲームソフト各社の“リピート販売の好調”との決算コメントには、このような効果が見て取れる。

大手に集中する、「恩恵」

ゲーム対戦イメージ

ただし、日本国内のみでは、多額な開発費を必要とする大作パッケージソフトビジネスを軌道に乗せることは難しくなっており、上記のようなダウンロード販売好調の恩恵を享受できるのは、グローバルで高い知名度を有するゲームタイトルを有する大手ゲームソフト会社に限られる。
今後もグローバルでの高い知名度を維持/拡大するためには、ゲームタイトルのシリーズ化、新規タイトルの投入だけではなく、映像化などのメディアミックス展開も必要になってくると考えられる。
既に「バイオハザード」などの著名ゲームタイトルは、ハリウッドで映画化もされているが、今後はネット動画配信事業者と組んだゲームタイトルの映像化も行われると見られる。

グローバルなメディアミックス戦略が課題に

カプコンは、2020年3月に、執行役員待遇で映像事業戦略責任者をアサインしており、ゲームとの相乗効果を狙ったグローバルでのメディアミックス展開を強化するものと見られる。カプコンのみならず、現状のダウンロード販売好調を維持、拡大させるような、ゲームソフト各社のグローバル戦略に注目していきたい。

関連記事

銀行法等改定に伴う地域金融機関における事業多角化の潮流

2021年11月22日に施行された銀行法等改正(以降本改正)により、業務範囲規制及び出資規制が緩和されました。それに伴い、各地域金融機関での事業多角化(コンサル、人材派遣、投資専門子会社、地域商社など)が進んでいます。銀行の業務拡大範囲や問題点などについて解説します。

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中