コロナ禍による“巣ごもり消費”の影響で、グローバルでヒットタイトルを持つパッケージゲーム会社の収益が、好調に推移している。自宅に滞在せざるを得ない時間が増え、友人との交流にオンライン経由でゲームをプレイするというライフスタイルも、ゲームとの接触時間増を促していると考えられる。それに加え、店頭での販売からオンラインによるダウンロード販売へのシフトも、好調を牽引していると考えられる。

大幅な営業増益だった2020年4-6月期決算

任天堂オフィス

2020年8月中旬までに開示された主要パッケージゲーム各社の4-6月期決算については、Switchハード販売、および大ヒットタイトル「あつまれ どうぶつの森」の販売好調で、任天堂の営業利益は前年同期比5.3倍となる1,447億円、新作「FF7 REMAKE」のダウンロード販売が好調であったスクウェア・エニックスの営業利益が同3.4倍の245億円、新作「バイオハザード RE:3」や、リピートタイトル「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のダウンロード販売が好調であったカプコンの営業利益は同39%増の107億円となった。

上記3社以外の大手ゲーム会社でも、コロナ禍で厳しい状況が続くゲームセンター運営事業や遊技機事業などの悪影響も見られたが、パッケージゲームソフト事業に関しては、ダウンロード販売が牽引して好調とのコメントが見られる。

ダウンロード増加、コロナが引き金に

4-6月期では、コロナ禍により、パッケージゲームソフトの流通が機能不全に陥ったことも、ダウンロード販売の需要増をもたらしたと考えられる。
米国を中心にグローバルで5,000店以上のゲームハード/ソフト販売店舗を運営するGame Spot社は、3月に一時的に3,000店以上を臨時休業するなど、パッケージゲームの店頭販売は、コロナ禍で大きな影響を受けた。
ゲームに興味を抱いた消費者は、コロナ禍で物理的に困難になったパッケージソフトの店頭購入や、配達時間を要するオンライン購入を避け、手間や時間をさほど要しないオンラインによるダウンロード購入を選ぶ流れは、今後も確実に進んでいくとみられる。

また、オンラインによるダウンロード販売は、バンドル化や価格戦略の導入により、旧作の需要増加も可能となる。もともと米国では、一定期間を購入した旧作パッケージゲームの価格は逐次下落していくが、新作の投入と併せたダウンロード販売による旧作の積極的な値引きなどを行うことなどにより、旧作販売の活性化も可能となっている。
ゲームソフト各社の“リピート販売の好調”との決算コメントには、このような効果が見て取れる。

大手に集中する、「恩恵」

ゲーム対戦イメージ

ただし、日本国内のみでは、多額な開発費を必要とする大作パッケージソフトビジネスを軌道に乗せることは難しくなっており、上記のようなダウンロード販売好調の恩恵を享受できるのは、グローバルで高い知名度を有するゲームタイトルを有する大手ゲームソフト会社に限られる。
今後もグローバルでの高い知名度を維持/拡大するためには、ゲームタイトルのシリーズ化、新規タイトルの投入だけではなく、映像化などのメディアミックス展開も必要になってくると考えられる。
既に「バイオハザード」などの著名ゲームタイトルは、ハリウッドで映画化もされているが、今後はネット動画配信事業者と組んだゲームタイトルの映像化も行われると見られる。

グローバルなメディアミックス戦略が課題に

カプコンは、2020年3月に、執行役員待遇で映像事業戦略責任者をアサインしており、ゲームとの相乗効果を狙ったグローバルでのメディアミックス展開を強化するものと見られる。カプコンのみならず、現状のダウンロード販売好調を維持、拡大させるような、ゲームソフト各社のグローバル戦略に注目していきたい。

関連記事

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

工作機械受注に回復感 中期的なEVシフトのリスクとは

日本工作機械工業会が公表している工作機械受注は、5月をボトムに回復しており、11月(速報)は前年同月比8%増の882億円と2年2カ月振りの前年比プラスに転じた。一方で、国内外で電気自動車(EV)の普及を加速させる政策を打ち出すニュースも相次いでいる。EVシフトは金属部品の使用を減らすことにつながり、工作機械業界にとってネガティブファクターであり、中長期的なリスク要因となりそうだ。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

事業承継M&A オーナー経営者に配慮すべき4つの視点

事業承継M&Aを進める際に最も大切なのは、売り手側のオーナー経営者との向き合い方だ。多くの場合、オーナー経営者は大株主であり、資産家であり、地域の名士でもある。個人と会社の資産が一体となっている場合も多く、経済合理性だけでは話が進まない場合も多い。M&A交渉においてオーナー経営者と向き合う際の留意点を4つの視点からまとめてみた。

5

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中