本橋 陽介 Yosuke Motohashi

マネージング・ディレクター コーポレート戦略部門 企業価値戦略部長

職歴

2001年にアクセンチュア㈱に入社。2012年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。

専門

製造業及びサービス業全般の経営戦略策定、M&A戦略策定及び実行支援、先端テクノロジー調査

学歴

早稲田大学大学院商学研究科卒業、CEIBS(中欧国際工商学院)Exchange Program修了

執筆一覧

【2020年度】5G・AI・IoTなどの次世代テクノロジートレンドと、ビジネスへの示唆

筆者は2018年から、年初にいわゆる次世代テクノロジーの変化について展望することを習慣にしている。本稿では2019年の次世代テクノロジーの動向を振り返りつつ、2020年における次世代テクノロジーの動向を主に日本国内について(実際には日本とそれ以外の地域の動きは連動しているがあえて日本のエリア特性が際立つ軸として)、「基盤技術」「通信」「デバイス」「投資」の4つの切り口で展望し、企業経営への示唆導出を試みる。

これまでの記事を読む>

人気記事

【2020年度】5G・AI・IoTなどの次世代テクノロジートレンドと、ビジネスへの示唆

筆者は2018年から、年初にいわゆる次世代テクノロジーの変化について展望することを習慣にしている。本稿では2019年の次世代テクノロジーの動向を振り返りつつ、2020年における次世代テクノロジーの動向を主に日本国内について(実際には日本とそれ以外の地域の動きは連動しているがあえて日本のエリア特性が際立つ軸として)、「基盤技術」「通信」「デバイス」「投資」の4つの切り口で展望し、企業経営への示唆導出を試みる。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中