ファブレス経営とは? 生産工場を持たない製造業のビジネスモデル

ファブレス(fabless)経営とは、工場(fab=fabrication facility)を持たず(less)、自社ブランドの製品の生産・組立をアウトソースするビジネスモデルを指します。

従来のメーカーと異なり、製造設備のや投資や自社の生産工場を持たないため、経営資源を企画・研究・開発・営業のコア業務に注ぎ込無ことが可能です。市場への新規参入を図るベンチャー企業や、高収益型のビジネスモデルを目指すメーカー企業がファブレス経営を取り入れるケースが目立ちます。

ファブレス経営のメリット、デメリット

ファブレス経営にはメリット、デメリットを解説します。

ファブレス経営の3つのメリット

ファブレスのメリットは次の3点です。

生産ラインへの設備投資が必要ない
製造の工程をアウトソースするため、生産ラインへの設備投資が必要ないのは大きなメリットです。

特に半導体業界では、製品のライフサイクルが数年単位と短いため、常に生産ラインを更新しなければなりません。

ファブレス企業はこの設備投資のリスクを減らし、注力すべき事業へ投資することができます。

企画・研究・開発・営業などにリソースを集中できる
ファブレス経営は、製品の生産・組立に費やすリソースを他のコア事業へ集中できます。

企画・研究・開発・営業・コンサルティング・マーケティングなど、人材や経営戦略に投資し、コア・コンピタンスとして育てることも可能です。

ファブレス経営なら、低収益な生産・組立にリソースを奪われず、企業競争力を産む創造性やアイデアを育てられます。

市場の変化に合わせた感度の高い経営が可能
ここ数年、AIやIoT、ロボティクスなど新しいデジタルテクノロジーが次々と登場し、ビジネス環境は急速に変化しています。

ファブレス経営は商品の研究開発から事業化までのスピードが速いため、マーケットの変化へ敏感に対応し、スピーディーで感度の高い経営が可能です。

ファブレス経営の3つのデメリット

一方、ファブレス経営には次の3つのデメリットが存在します。

製品の核となる技術やノウハウが漏洩するリスク
ファブレスメーカーは委託先企業に製品の技術やノウハウを伝え、製品の生産・組立の工程をアウトソースします。

そのため、製品の核となるアイデアを盗用されたり、外部に流出・情報漏えいするリスクがあります。

協力工場を選定する際は、第一に信頼関係の構築が必要です。

委託先の生産設備に投資するなど、生産現場に直接関わることができる仕組みを作るのも効果的です。

生産・組立のノウハウを蓄積できない
ファブレス企業は自社の生産工場を持たず、生産・組立を行う従業員も雇用しません。

そのため、製品の生産・組立のノウハウは蓄積されません。

生産現場からのフィードバックを商品開発や機能改善に活かすために、積極的に生産現場を直接視察するなどの対策が必要です。

品質管理・工程管理が難しい
自社で製造しないため、製品の生産・組立は、国内だけでなく海外の委託先で行われることケースもあります。

そのような場合、生産現場に委託元の目が届きにくく、ずさんな品質管理や工程管理が横行する事例も少なくありません。

不良品が出た場合は、両者が協力して原因究明を行うなど、品質管理・工程管理をチェックする仕組みを作りましょう。

高い収益を上げるファブレス企業の3つの事例

ファブレス経営を取り入れている代表的な企業の事例を3つ紹介します。

任天堂:中国企業へのアウトソースで垂直分業を実現

家庭用ゲーム機やゲームソフトを展開する任天堂は、代表的なファブレス企業のひとつです。

2018年だけで約1,700万台を売り上げたニンテンドースイッチは、ほぼすべての部品を鴻海精密工業などの中国企業にアウトソースしています。

半導体と同様、家庭用ゲーム機のライフサイクルは非常に短く、数年単位で生産ラインの更新が求められるためです。

2020年現在、ニンテンドースイッチの売り上げは好調ですが、任天堂はリスクも考慮した高付加価値経営を行っています。

Apple:ファブレス経営で企画・設計・デザインの独自性を確立

MacやiPhone、iPadなどの美しく革新的な製品を産み出しつづけるAppleは、ファブレス経営で製品の企画・設計・デザインにリソースを集中させることで、独自の地位を築きました。

生産工程をアウトソースするEMS企業は決して固定せず、常に条件を見直すことで、性能や費用対効果を向上させています。

また、一部の供給メーカーの生産設備に自ら投資し、生産工程を直接管理することで、品質管理を向上させ、デザインの流出を防ぐことにも成功しています。

キーエンス:生産工場を持たず、企画・開発・コンサルティングに特化

センサー類や測定機器などを製造・販売するキーエンスは、ファブレス経営で成功をおさめた国内企業のひとつです。

キーエンスは生産・組立の工程を自社で行わず、企画・開発・コンサルティング・営業に注力することで、高収益を実現。

生産・組立はアウトソースするものの、自社の担当者が生産現場に足を運び、隠れたニーズや問題点を発見して、現場の声を吸い上げることにも成功しています。

「ファウンドリ」とは? 半導体の受託製造に注力するメーカー

ファブレス経営と同時に注目されているのが、生産を引き受ける「ファウンドリ(foundry)」です。

ファウンドリとは、半導体部品を生産する工場のこと製品の企画・研究・開発・営業に特化したファブレスに対し、ファブレス企業からの依頼を受け、垂直分業型の受託製造を行います。

ファブレス企業の受託にファウンドリが多いのは、半導体製品は商品としてのライフサイクルが短いため、生産設備に多大な投資を行うことを躊躇するメーカーが多いためです。ファブレスメーカーが研究開発を行い、ファウンドリが生産工場を貸し出すことで、共生関係が生まれています。

ファウンドリと同様に、受託生産工場として、OEM(Original Equipment Manufacturer)やEMS(Electronics Manufacturing Service)があります。OEMとは、委託者のブランド名を借りて自社の製品を製造するビジネスモデルです。

一方、EMSは付加価値の低い電子部品などを受託製造するビジネスモデルですが、設計から生産までをワンストップで請け負う点がファウンドリと違います。いずれにせよ、メーカーはより付加価値の高い事業に注力し、ビジネスの「選択と集中」を実現できます。

ファブレス経営でコア事業に注力し、高収益なビジネスモデルを築く

上記で紹介した企業以外にも、ファブレス経営を取り入れているメーカーは数多く存在しています。

情報化社会となった現代では消費者ニーズの変化は激しく、数十年と続いていた老舗企業が赤字に転落したり、倒産したりするケースも増えています。

だからこそ、フレキシブルにニーズに対応するファブレス経営は、今後も増加していくはずです。

関連記事

デコンストラクション(脱構築)とは?バリュー・チェーン再構築について解説

企業経営者らに向けて、近年注目されている「デコンストラクション(脱構築)」の意味などを説明しています。この記事では、主にボストン・コンサルティング・グループ(以下、BCG)が提唱するデコンストラクション(バリュー・チェーンの再構築)に焦点を当て、ビジネス戦略のポイントやノウハウを分かりやすく解説していきます。

ダイナミックプライシングとは? 成功事例からメリットやデメリットを交えて価格戦略を紐解く

サービスや商品の価格設定は利益に直結するため、企業の根幹となります。原価や粗利、景気、需要や競合商品との比較はもちろんのこと、商品やサービスによってはその日の天気など様々な要因まで関係します。 そのため、価格設定は担当者や自社の経験や勘に頼ってしまう側面があります。しかし、この方法では消費者のニーズを正確に掴んだ上での値付けがしづらいという難点がありました。 一方で観光業界やスポーツ観戦チケットなどは、需要と供給に合わせて、価格を変動するダイナミックプライシング(変動価格制)が導入されていました。 ダイナミックプライシングは近年、テクノロジーの発展とともにAIやビッグデータなどのテクノロジーを活用することで様々な業界にも活用され始めています。 これまでリアルタイムで把握しにくかった業界や商品、サービスでも常に変化する需要と供給を的確に捉えることが可能となり、ダイナミックプライシングも進化を遂げています。 本記事では、AIやビッグデータを活用することで進化したダイナミックプライシングの特長や、メリット・デメリット、実際の導入事例を解説します。

コストリーダーシップ戦略とは?差別化・集中戦略との違いやメリット・リスクを解説

新商品・新サービスを開発する際、「いくらで生産して、いくらで販売するのか」という価格設定は重要なポイントになってきます。商品・サービスの価格を検討するうえでキーワードになるのが「コストリーダーシップ戦略」です。今回は、コストリーダーシップ戦略の概要、差別化戦略や集中戦略との関係、メリットやリスクなどについて解説していきます。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中