ファブレス経営とは? 生産工場を持たない製造業のビジネスモデル

ファブレス(fabless)経営とは、工場(fab=fabrication facility)を持たず(less)、自社ブランドの製品の生産・組立をアウトソースするビジネスモデルを指します。

従来のメーカーと異なり、製造設備のや投資や自社の生産工場を持たないため、経営資源を企画・研究・開発・営業のコア業務に注ぎ込無ことが可能です。市場への新規参入を図るベンチャー企業や、高収益型のビジネスモデルを目指すメーカー企業がファブレス経営を取り入れるケースが目立ちます。

ファブレス経営のメリット、デメリット

ファブレス経営にはメリット、デメリットを解説します。

ファブレス経営の3つのメリット

ファブレスのメリットは次の3点です。

生産ラインへの設備投資が必要ない
製造の工程をアウトソースするため、生産ラインへの設備投資が必要ないのは大きなメリットです。

特に半導体業界では、製品のライフサイクルが数年単位と短いため、常に生産ラインを更新しなければなりません。

ファブレス企業はこの設備投資のリスクを減らし、注力すべき事業へ投資することができます。

企画・研究・開発・営業などにリソースを集中できる
ファブレス経営は、製品の生産・組立に費やすリソースを他のコア事業へ集中できます。

企画・研究・開発・営業・コンサルティング・マーケティングなど、人材や経営戦略に投資し、コア・コンピタンスとして育てることも可能です。

ファブレス経営なら、低収益な生産・組立にリソースを奪われず、企業競争力を産む創造性やアイデアを育てられます。

市場の変化に合わせた感度の高い経営が可能
ここ数年、AIやIoT、ロボティクスなど新しいデジタルテクノロジーが次々と登場し、ビジネス環境は急速に変化しています。

ファブレス経営は商品の研究開発から事業化までのスピードが速いため、マーケットの変化へ敏感に対応し、スピーディーで感度の高い経営が可能です。

ファブレス経営の3つのデメリット

一方、ファブレス経営には次の3つのデメリットが存在します。

製品の核となる技術やノウハウが漏洩するリスク
ファブレスメーカーは委託先企業に製品の技術やノウハウを伝え、製品の生産・組立の工程をアウトソースします。

そのため、製品の核となるアイデアを盗用されたり、外部に流出・情報漏えいするリスクがあります。

協力工場を選定する際は、第一に信頼関係の構築が必要です。

委託先の生産設備に投資するなど、生産現場に直接関わることができる仕組みを作るのも効果的です。

生産・組立のノウハウを蓄積できない
ファブレス企業は自社の生産工場を持たず、生産・組立を行う従業員も雇用しません。

そのため、製品の生産・組立のノウハウは蓄積されません。

生産現場からのフィードバックを商品開発や機能改善に活かすために、積極的に生産現場を直接視察するなどの対策が必要です。

品質管理・工程管理が難しい
自社で製造しないため、製品の生産・組立は、国内だけでなく海外の委託先で行われることケースもあります。

そのような場合、生産現場に委託元の目が届きにくく、ずさんな品質管理や工程管理が横行する事例も少なくありません。

不良品が出た場合は、両者が協力して原因究明を行うなど、品質管理・工程管理をチェックする仕組みを作りましょう。

高い収益を上げるファブレス企業の3つの事例

ファブレス経営を取り入れている代表的な企業の事例を3つ紹介します。

任天堂:中国企業へのアウトソースで垂直分業を実現

家庭用ゲーム機やゲームソフトを展開する任天堂は、代表的なファブレス企業のひとつです。

2018年だけで約1,700万台を売り上げたニンテンドースイッチは、ほぼすべての部品を鴻海精密工業などの中国企業にアウトソースしています。

半導体と同様、家庭用ゲーム機のライフサイクルは非常に短く、数年単位で生産ラインの更新が求められるためです。

2020年現在、ニンテンドースイッチの売り上げは好調ですが、任天堂はリスクも考慮した高付加価値経営を行っています。

Apple:ファブレス経営で企画・設計・デザインの独自性を確立

MacやiPhone、iPadなどの美しく革新的な製品を産み出しつづけるAppleは、ファブレス経営で製品の企画・設計・デザインにリソースを集中させることで、独自の地位を築きました。

生産工程をアウトソースするEMS企業は決して固定せず、常に条件を見直すことで、性能や費用対効果を向上させています。

また、一部の供給メーカーの生産設備に自ら投資し、生産工程を直接管理することで、品質管理を向上させ、デザインの流出を防ぐことにも成功しています。

キーエンス:生産工場を持たず、企画・開発・コンサルティングに特化

センサー類や測定機器などを製造・販売するキーエンスは、ファブレス経営で成功をおさめた国内企業のひとつです。

キーエンスは生産・組立の工程を自社で行わず、企画・開発・コンサルティング・営業に注力することで、高収益を実現。

生産・組立はアウトソースするものの、自社の担当者が生産現場に足を運び、隠れたニーズや問題点を発見して、現場の声を吸い上げることにも成功しています。

「ファウンドリ」とは? 半導体の受託製造に注力するメーカー

ファブレス経営と同時に注目されているのが、生産を引き受ける「ファウンドリ(foundry)」です。

ファウンドリとは、半導体部品を生産する工場のこと製品の企画・研究・開発・営業に特化したファブレスに対し、ファブレス企業からの依頼を受け、垂直分業型の受託製造を行います。

ファブレス企業の受託にファウンドリが多いのは、半導体製品は商品としてのライフサイクルが短いため、生産設備に多大な投資を行うことを躊躇するメーカーが多いためです。ファブレスメーカーが研究開発を行い、ファウンドリが生産工場を貸し出すことで、共生関係が生まれています。

ファウンドリと同様に、受託生産工場として、OEM(Original Equipment Manufacturer)やEMS(Electronics Manufacturing Service)があります。OEMとは、委託者のブランド名を借りて自社の製品を製造するビジネスモデルです。

一方、EMSは付加価値の低い電子部品などを受託製造するビジネスモデルですが、設計から生産までをワンストップで請け負う点がファウンドリと違います。いずれにせよ、メーカーはより付加価値の高い事業に注力し、ビジネスの「選択と集中」を実現できます。

ファブレス経営でコア事業に注力し、高収益なビジネスモデルを築く

上記で紹介した企業以外にも、ファブレス経営を取り入れているメーカーは数多く存在しています。

情報化社会となった現代では消費者ニーズの変化は激しく、数十年と続いていた老舗企業が赤字に転落したり、倒産したりするケースも増えています。

だからこそ、フレキシブルにニーズに対応するファブレス経営は、今後も増加していくはずです。

関連記事

子会社設立のメリット・デメリットとは?経営者視点から徹底解説

子会社とは、意思決定の場面で親会社の支配を受ける会社のことです。節税効果の向上や経営の安定化などのメリットが期待され、M&Aなどでもよく採用されています。 メリットが注目される子会社設立ですが、もちろんデメリットもあります。また、子会社の設立や管理に際してのポイントを把握しておくことが大切です。 そこで本記事では、子会社の意味とともに、子会社設立のメリット・デメリット、子会社を有効活用するためのポイントについて経営者視点から解説します。

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

マーケティング・コミュニケーションとは?役割や成功事例を解説

商品やサービスを売るために役立つコミュニケーション活動が「マーケティング・コミュニケーション」です。メディアのデジタル化により企業と顧客の双方向のやり取りが可能になり、その重要性は高まっています。 企業は広告や広報、SNSといった多彩な領域でマーケティング・コミュニケーションの展開が求められていますが、正しく実行できている企業は多くありません。 本記事では、マーケティング・コミュニケーションの意味から役割、成功事例まで解説していきます。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中