ファブレス経営とは? 生産工場を持たない製造業のビジネスモデル

ファブレス(fabless)経営とは、工場(fab=fabrication facility)を持たず(less)、自社ブランドの製品の生産・組立をアウトソースするビジネスモデルを指します。

従来のメーカーと異なり、製造設備のや投資や自社の生産工場を持たないため、経営資源を企画・研究・開発・営業のコア業務に注ぎ込無ことが可能です。市場への新規参入を図るベンチャー企業や、高収益型のビジネスモデルを目指すメーカー企業がファブレス経営を取り入れるケースが目立ちます。

ファブレス経営のメリット、デメリット

ファブレス経営にはメリット、デメリットを解説します。

ファブレス経営の3つのメリット

ファブレスのメリットは次の3点です。

生産ラインへの設備投資が必要ない
製造の工程をアウトソースするため、生産ラインへの設備投資が必要ないのは大きなメリットです。

特に半導体業界では、製品のライフサイクルが数年単位と短いため、常に生産ラインを更新しなければなりません。

ファブレス企業はこの設備投資のリスクを減らし、注力すべき事業へ投資することができます。

企画・研究・開発・営業などにリソースを集中できる
ファブレス経営は、製品の生産・組立に費やすリソースを他のコア事業へ集中できます。

企画・研究・開発・営業・コンサルティング・マーケティングなど、人材や経営戦略に投資し、コア・コンピタンスとして育てることも可能です。

ファブレス経営なら、低収益な生産・組立にリソースを奪われず、企業競争力を産む創造性やアイデアを育てられます。

市場の変化に合わせた感度の高い経営が可能
ここ数年、AIやIoT、ロボティクスなど新しいデジタルテクノロジーが次々と登場し、ビジネス環境は急速に変化しています。

ファブレス経営は商品の研究開発から事業化までのスピードが速いため、マーケットの変化へ敏感に対応し、スピーディーで感度の高い経営が可能です。

ファブレス経営の3つのデメリット

一方、ファブレス経営には次の3つのデメリットが存在します。

製品の核となる技術やノウハウが漏洩するリスク
ファブレスメーカーは委託先企業に製品の技術やノウハウを伝え、製品の生産・組立の工程をアウトソースします。

そのため、製品の核となるアイデアを盗用されたり、外部に流出・情報漏えいするリスクがあります。

協力工場を選定する際は、第一に信頼関係の構築が必要です。

委託先の生産設備に投資するなど、生産現場に直接関わることができる仕組みを作るのも効果的です。

生産・組立のノウハウを蓄積できない
ファブレス企業は自社の生産工場を持たず、生産・組立を行う従業員も雇用しません。

そのため、製品の生産・組立のノウハウは蓄積されません。

生産現場からのフィードバックを商品開発や機能改善に活かすために、積極的に生産現場を直接視察するなどの対策が必要です。

品質管理・工程管理が難しい
自社で製造しないため、製品の生産・組立は、国内だけでなく海外の委託先で行われることケースもあります。

そのような場合、生産現場に委託元の目が届きにくく、ずさんな品質管理や工程管理が横行する事例も少なくありません。

不良品が出た場合は、両者が協力して原因究明を行うなど、品質管理・工程管理をチェックする仕組みを作りましょう。

高い収益を上げるファブレス企業の3つの事例

ファブレス経営を取り入れている代表的な企業の事例を3つ紹介します。

任天堂:中国企業へのアウトソースで垂直分業を実現

家庭用ゲーム機やゲームソフトを展開する任天堂は、代表的なファブレス企業のひとつです。

2018年だけで約1,700万台を売り上げたニンテンドースイッチは、ほぼすべての部品を鴻海精密工業などの中国企業にアウトソースしています。

半導体と同様、家庭用ゲーム機のライフサイクルは非常に短く、数年単位で生産ラインの更新が求められるためです。

2020年現在、ニンテンドースイッチの売り上げは好調ですが、任天堂はリスクも考慮した高付加価値経営を行っています。

Apple:ファブレス経営で企画・設計・デザインの独自性を確立

MacやiPhone、iPadなどの美しく革新的な製品を産み出しつづけるAppleは、ファブレス経営で製品の企画・設計・デザインにリソースを集中させることで、独自の地位を築きました。

生産工程をアウトソースするEMS企業は決して固定せず、常に条件を見直すことで、性能や費用対効果を向上させています。

また、一部の供給メーカーの生産設備に自ら投資し、生産工程を直接管理することで、品質管理を向上させ、デザインの流出を防ぐことにも成功しています。

キーエンス:生産工場を持たず、企画・開発・コンサルティングに特化

センサー類や測定機器などを製造・販売するキーエンスは、ファブレス経営で成功をおさめた国内企業のひとつです。

キーエンスは生産・組立の工程を自社で行わず、企画・開発・コンサルティング・営業に注力することで、高収益を実現。

生産・組立はアウトソースするものの、自社の担当者が生産現場に足を運び、隠れたニーズや問題点を発見して、現場の声を吸い上げることにも成功しています。

「ファウンドリ」とは? 半導体の受託製造に注力するメーカー

ファブレス経営と同時に注目されているのが、生産を引き受ける「ファウンドリ(foundry)」です。

ファウンドリとは、半導体部品を生産する工場のこと製品の企画・研究・開発・営業に特化したファブレスに対し、ファブレス企業からの依頼を受け、垂直分業型の受託製造を行います。

ファブレス企業の受託にファウンドリが多いのは、半導体製品は商品としてのライフサイクルが短いため、生産設備に多大な投資を行うことを躊躇するメーカーが多いためです。ファブレスメーカーが研究開発を行い、ファウンドリが生産工場を貸し出すことで、共生関係が生まれています。

ファウンドリと同様に、受託生産工場として、OEM(Original Equipment Manufacturer)やEMS(Electronics Manufacturing Service)があります。OEMとは、委託者のブランド名を借りて自社の製品を製造するビジネスモデルです。

一方、EMSは付加価値の低い電子部品などを受託製造するビジネスモデルですが、設計から生産までをワンストップで請け負う点がファウンドリと違います。いずれにせよ、メーカーはより付加価値の高い事業に注力し、ビジネスの「選択と集中」を実現できます。

ファブレス経営でコア事業に注力し、高収益なビジネスモデルを築く

上記で紹介した企業以外にも、ファブレス経営を取り入れているメーカーは数多く存在しています。

情報化社会となった現代では消費者ニーズの変化は激しく、数十年と続いていた老舗企業が赤字に転落したり、倒産したりするケースも増えています。

だからこそ、フレキシブルにニーズに対応するファブレス経営は、今後も増加していくはずです。

関連記事

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

クロスボーダー経営 PMIにもリアル×デジタルのバランスが重要

クロスボーダー経営は、多くの企業にとって今後避けて通れない道だ。特にM&Aを活用したPMIは重要な位置づけを占める。難易度の高いクロスボーダー経営を成功に導くキーワードとして、今回は「ファクトベース」「ロジック」「多様性」「デジタル」を取り上げる。

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中