ダイナミックプライシング(変動価格性)とは? 需要と供給に合わせた価格設定方法

ダイナミックプライシング(変動価格制)とは、需要と供給に合わせ、利益を最大化できる最適な値段設定を見つける手法です。

通常のマーケティングのように、商品の原価や仕入れ値などに応じて値付けをするのではなく、そのシーズンや販売時期の「消費者ニーズ」に応じて値付けを行うのがポイントです。

たとえば、ゴールデンウィークやお盆の時期などに航空料金やホテルの宿泊料が上がるのも、ダイナミックプライシングの身近な一例です。

従来は航空・ホテル業界など、消費者の需要と供給が予測しやすく、適正価格を算出しやすい分野で積極的に取り入れられてきたマーケティング手法でした。

しかし近年、様々な情報通信技術(ICT)が日常生活に溶け込むデジタルトランスフォーメーション(DX)が進んだことで、需要ピークの予測が難しい業界でも、適正価格を正確に算出できるようになりました。

たとえば、あらゆるモノがインターネットにつながり、センサーや測定器を通じて様々なデータを収集できる「モノのインターネット(IoT)」が登場するなど、顧客や商品の情報、市場の動向、天候の変化などをリアルタイムに分析できます。

そして、AI(人工知能)やディープラーニング(深層学習)を活用し、ビッグデータ分析することで正確に需要分析ができるようになりました。

そのため、消費者の需要と供給が1日単位で細かく変動するスポーツ観戦、ライブ、アミューズメント施設といった分野でも、ダイナミックプライシングが活用されはじめています。

DX時代のダイナミックプライシングの3プロセス

ダイナミックプライシングは大きく3つのプロセスに分けられます。

・「データの収集」
・「需要と供給の予測」
・「価格の設定」

まず、IoTなどを活用して価格設定に必要なビッグデータを取得します。

商品在庫、売れ行き、サービスの利用状況、市況、競合他社の動向など、従来のマーケティングにも使われる基本的なデータだけではなく、天候や周囲で行われるイベント、ソーシャルメディアにおけるトレンドといった細かなデータも収集します。

次にAIなどでビッグデータを解析し、その商品やサービスの需要と供給を予測して、最適な価格の算出を行います。機械学習やディープラーニングを繰り返し、サンプル数を増やすことで、どんどん予測精度を高めていきます。

ダイナミックプライシングのメリット・デメリット。常に収益を最大化できるとは限らない

ダイナミックプライシングもメリットだけではなく、デメリットが存在します。

需要のピークに合わせ、収益を最大化するためには、適切な価格設定(プライシング)のための投資が必要となりますし、価格が頻繁に変動する商品は消費者からの信頼を失うリスクもあります。

ここでは、ダイナミックプライシングのメリットとデメリットを紹介します。

ダイナミックプライシングのメリット。収益を最大化し、在庫や人的リソースを削減

ダイナミックプライシングの手法を用いれば、需要ピークに価格設定を吊り上げ、需要が低下した時に値下げすることで、理論上は常に利益を最大化できます。

消費者ニーズに合わせ、商品やサービスを適切なだけ供給するため、余剰在庫を抱えるリスクも減らせます。

また、人的リソースをAIやディープラーニングに置き換えれば、マーケティング部門を圧縮し、人件費を削減することも可能です。

余剰在庫や人件費といった赤字リスクを最小化しつつ、需給の見極めによってリターンを最大化できるのが、ダイナミックプライシングの強みです。

ダイナミックプライシングのデメリット:計算が複雑で、消費者の信頼を失うリスクも

一方、正確な価格設定(プライシング)を行うためには、専用システムの開発・運用や、ビッグデータへアクセスできる環境構築が必須です。

需給の見極めが単純な航空・ホテル業界以外では、ダイナミックプライシングに必要な計算が煩雑になりがちで、AIやディープラーニングに投資できない企業が優位に立つのは困難です。

また、ダイナミックプライシングによる頻繁な価格変動により、特に消費材などブランドイメージが強い商材は、消費者へ不信感を与えるリスクもあります。

ダイナミックプライシングの3つの活用事例

デジタルトランスフォーメーション時代の到来により、様々な分野でダイナミックプライシングの導入が進んでいます。

ここではスポーツ観戦、音楽ライブ、アミューズメント施設の3つの事例を取り上げ、具体的にどのような手法がとられたか、ダイナミックプライシングが何をもたらしたかを解説します。

【スポーツ観戦】チケット収入と入場者数が共に7~8%も増加

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)の横浜・F・マリノスは、2018年シーズンからチケット価格の設定にダイナミックプライシングを取り入れています。

たとえば、2018年10月14日のYBCルヴァンカップ準決勝第2戦では、チケットの売れ行きを見てすべての座席を標準価格の2~3倍に値上げしました。

一方、雨天時の平日開催の試合など、入場者数が減少しやすいケースでは一部の座席を値下げしています。

同時に、チケットの上限価格を決め、システム側の推奨価格をそのまま採用しないことで、消費者の不信感を避けることにも成功しました。

【音楽ライブ】チケット価格を動的に変化させ、不正な転売を防止

エイベックス・エンタテインメント株式会社は、音楽ライブのチケット価格の決定にダイナミックプライシングの手法を用い、チケットの不正な転売を抑制することに成功しています。

ダイナミックプライシングでは、天候の変化やチケットの売れ行きに応じ、チケット価格が常に変動します。

そのため、転売業者が利益を予想しづらく、ファンが適正価格でチケットを入手しやすい環境が生まれました。

【アミューズメント施設】変動価格制の導入で入場者数の減少を食い止める

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、2000年代に入場者数が減少したことをきっかけにダイナミックプライシングを取り入れました。

従来の入場料は一律でしたが、ダイナミックプライシングの導入後は、繁忙期や閑散期に合わせて価格を調整しています。

たとえば、中国の春節がある2月は8,200円、来場者数が少ない1月は7,400円に改定し、需要ピークに合わせた価格設定を行っています。

そのほか、コンビニ大手のローソンが、食品ロスを防ぐために「賞味期限が近い商品を電子タグで特定し、値引きを行う」など、独自性の高いダイナミックプライシングを試験導入しています。

ダイナミックプライシングの波は、身近なコンビニやスーパーにも広がりつつあります。ダイナミックプライシングは日常生活に溶け込みつつあり、消費者側の期待感も高まっています。

ダイナミックプライシングを導入する企業はあらゆる業界で増加している

ダイナミックプライシングの認知度はまだまだ高くはありません。しかし、ここ数年で導入に踏み切っている業界・企業は増加しています。

何気ない日常でも知らぬ間にダイナミックプライシングを実感する機会は増えていくでしょう。

プロダクトアウトかマーケットインか。議論が尽きないところではありますが、サービスや商品によってはダイナミックプライシングの導入で競争優位を気づくことができます。

参考
1日で500円値下がり USJが始めた「価格変動制」の裏側:日経クロストレンド
価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売開始のお知らせ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
国内アーティスト初採用!ダイナミックプライシングによる浜崎あゆみカウントダウンライヴ開催決定|エイベックス株式会社
ローソン、電子タグ(RFID)を活用した実証実験を実施 :日本経済新聞

関連記事

コストリーダーシップ戦略とは?差別化・集中戦略との違いやメリット・リスクを解説

新商品・新サービスを開発する際、「いくらで生産して、いくらで販売するのか」という価格設定は重要なポイントになってきます。商品・サービスの価格を検討するうえでキーワードになるのが「コストリーダーシップ戦略」です。今回は、コストリーダーシップ戦略の概要、差別化戦略や集中戦略との関係、メリットやリスクなどについて解説していきます。

「コアコンピタンス」の意味とは? ケイパビリティの違いと企業の事例を解説

「コアコンピタンス」とは、企業が持つ様々な能力や機能のうち、「他社には真似できない企業の核となる能力」のことです。 競争と変化が激しいビジネスにおいて、自社の戦略や方向性を策定する上で、競合他社と差別化をはかりながら、客観的な自社の優位性を見極める必要があります。そ本記事では、コアコンピタンスの意味、ケイパビリティの違いについて企業事例を交えて解説します。

BPR(業務改革)とは何か? BPMやCMMIとの違いとともに業務効率手法を探る

政府主導のもとに始まった働き方改革に加えて、日進月歩でビジネスのデジタルシフトも進んでいます。近時の変化は、「第4次産業革命」に例えられるなど、100年に1度の変革期とも言われるほどです。 業界・業種問わず、何かしらの業務改善やITシステムやクラウドサービスの導入に着手していない企業はいないでしょう。そのような動きのなかで、BPR(Business Process Re-engineering=ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)が注目を集めています。 この記事では、既存事業を根本から「再構築=リエンジアリング」する「BPR=業務改革」について解説します。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中