ダイナミックプライシング(変動価格性)とは? 需要と供給に合わせた価格設定方法

ダイナミックプライシング(変動価格制)とは、需要と供給に合わせ、利益を最大化できる最適な値段設定を見つける手法です。

通常のマーケティングのように、商品の原価や仕入れ値などに応じて値付けをするのではなく、そのシーズンや販売時期の「消費者ニーズ」に応じて値付けを行うのがポイントです。

たとえば、ゴールデンウィークやお盆の時期などに航空料金やホテルの宿泊料が上がるのも、ダイナミックプライシングのもっとも身近な一例です。航空・ホテル業界などは消費者の需要と供給が予測しやすく、適正価格を算出しやすいため、ダイナミックプライシングが積極的に取り入れられてきました。

しかし近年、様々な情報通信技術(ICT)が日常生活に溶け込むデジタルトランスフォーメーション(DX)が進んだことで、需要ピークの予測が難しい業界でも、適正価格を正確に算出できるようになりました。

たとえば、あらゆるモノがインターネットにつながり、センサーや測定器を通じて様々なデータを収集できる「モノのインターネット(IoT)」を活用することで、従来はデータ化が難しかった消費者の行動をリアルタイムに蓄積・分析できるようになりました。

そして、AI(人工知能)やディープラーニング(深層学習)を活用し、蓄積したビッグデータを分析することで、需要予測の精度も高めることも可能です。

そのため、消費者の需要と供給が1日単位で細かく変動するスポーツ観戦、ライブ、アミューズメント施設といった分野でも、ダイナミックプライシングがされています。

ダイナミックプライシングのメリット・デメリット。常に収益を最大化できるとは限らない

では、ダイナミックプライシングにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

需要のピークに合わせ、適切な価格設定(プライシング)のための投資が必要となりますし、価格が頻繁に変動する商品は消費者からの信頼を失うリスクもあります。

ここでは、ダイナミックプライシングのメリットとデメリットを紹介します。

ダナミックプライシングのメリット。収益を最大化し、在庫や人的リソースを削減

ダイナミックプライシングのメリットは、需要ピークに価格設定を吊り上げ、需要が低下した時に値下げすることで、理論上では常に利益を最大化できることです。

消費者ニーズに合わせ、商品やサービスを適切なだけ供給するため、余剰在庫を抱えるリスクも減らせます。

また、人的リソースをAIやディープラーニングに置き換えれば、マーケティング部門を圧縮し、人件費を削減することも可能です。余剰在庫や人件費といった赤字リスクを最小化しつつ、需給の見極めによってリターンを最大化できるのが、ダイナミックプライシングの強みです。

また顧客側のメリットは、タイミング次第で欲しい商品を安く購入ができる、もしくは商品が価格のタイミングに合わせて購入することができます。

ダイナミックプライシングのデメリット:計算が複雑で、消費者の信頼を失うリスクも

一方、正確な価格設定(プライシング)を行うためには、専用システムの開発・運用など環境構築が必須となるため、投資コストがかかります。

需給の見極めが単純な航空・ホテル業界以外では、ダイナミックプライシングを実現するための指標の設定やデータ収集の方法、それに伴う分析などかなり複雑となります。そのためAIやディープラーニングに投資できない企業が競合と比較して優位に立つのは難しいと言えます。

また消費材などブランドイメージが強い商材は、ダイナミックプライシングによる頻繁な価格変動により、消費者へ不信感を与えるリスクもあります。

顧客側のデメリットは、自身が欲しいタイミングで商品が高くなるケースが考えられます。

DX時代のダイナミックプライシングの3プロセス

ダイナミックプライシングは大きく3つのプロセスに分けられます。

・「データの収集」
・「需要と供給の予測」
・「価格の設定」

需要と供給の予測や市場の動向が把握しやすい業界では、必ずしもデータ収集のための投資をする必要はありませんが、IoTなどを活用して価格設定に必要なビッグデータを取得します。

商品在庫、売れ行き、サービスの利用状況、市況、競合他社の動向など、従来のマーケティングにも使われる基本的なデータだけではなく、天候や周囲で行われるイベント、ソーシャルメディアにおけるトレンドといった細かなデータも収集します。

次にAIなどでビッグデータを解析し、その商品やサービスの需要と供給を予測して、最適な価格の算出を行います。機械学習やディープラーニングを繰り返し、サンプル数を増やすことで、どんどん予測精度を高めていきます。

ダイナミックプライシングの3つの活用事例

デジタルトランスフォーメーション時代の到来により、様々な分野でダイナミックプライシングの導入が進んでいます。
ここではスポーツ観戦、音楽ライブ、アミューズメント施設の3つの事例を取り上げ、具体的にどのような手法がとられたか、ダイナミックプライシングが何をもたらしたかを解説します。

【スポーツ観戦】チケット収入と入場者数が共に7~8%も増加

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)の横浜・F・マリノスは、2018年シーズンからチケット価格の設定にダイナミックプライシングを取り入れています。

たとえば、2018年10月14日のYBCルヴァンカップ準決勝第2戦では、チケットの売れ行きを見てすべての座席を標準価格の2~3倍に値上げしました。

一方、雨天時の平日開催の試合など、入場者数が減少しやすいケースでは一部の座席を値下げしています。

同時に、チケットの上限価格を決め、システム側の推奨価格をそのまま採用しないことで、消費者の不信感を避けることにも成功しました。

【音楽ライブ】チケット価格を動的に変化させ、不正な転売を防止

エイベックス・エンタテインメント株式会社は、音楽ライブのチケット価格の決定にダイナミックプライシングの手法を用い、チケットの不正な転売を抑制することに成功しています。

ダイナミックプライシングでは、天候の変化やチケットの売れ行きに応じ、チケット価格が常に変動します。

そのため、転売業者が利益を予想しづらく、ファンが適正価格でチケットを入手しやすい環境が生まれました。

【アミューズメント施設】変動価格制の導入で入場者数の減少を食い止める

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、2000年代に入場者数が減少したことをきっかけにダイナミックプライシングを取り入れました。

従来の入場料は一律でしたが、ダイナミックプライシングの導入後は、繁忙期や閑散期に合わせて価格を調整しています。

たとえば、中国の春節がある2月は8,200円、来場者数が少ない1月は7,400円に改定し、需要ピークに合わせた価格設定を行っています。

そのほか、コンビニ大手のローソンが、食品ロスを防ぐために「賞味期限が近い商品を電子タグで特定し、値引きを行う」など、独自性の高いダイナミックプライシングを試験導入しています。

ダイナミックプライシングの波は、身近なコンビニやスーパーにも広がりつつあります。ダイナミックプライシングは日常生活に溶け込みつつあり、消費者側の期待感も高まっています。

ダイナミックプライシングを導入する企業はあらゆる業界で増加している

ダイナミックプライシングの認知度はまだまだ高くはありません。しかし、ここ数年で導入に踏み切っている業界・企業は増加しています。

何気ない日常でも知らぬ間にダイナミックプライシングを実感する機会は増えていくでしょう。

プロダクトアウトかマーケットインか。議論が尽きないところではありますが、サービスや商品によってはダイナミックプライシングの導入で競争優位を気づくことができます。

参考
1日で500円値下がり USJが始めた「価格変動制」の裏側:日経クロストレンド
価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売開始のお知らせ | ニュース一覧 | 横浜F・マリノス 公式サイト
国内アーティスト初採用!ダイナミックプライシングによる浜崎あゆみカウントダウンライヴ開催決定|エイベックス株式会社
ローソン、電子タグ(RFID)を活用した実証実験を実施 :日本経済新聞

関連記事

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

クロスボーダー経営 PMIにもリアル×デジタルのバランスが重要

クロスボーダー経営は、多くの企業にとって今後避けて通れない道だ。特にM&Aを活用したPMIは重要な位置づけを占める。難易度の高いクロスボーダー経営を成功に導くキーワードとして、今回は「ファクトベース」「ロジック」「多様性」「デジタル」を取り上げる。

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中