フリーミアムとは?「基本無料」の新たなビジネスモデル

フリーミアム(Freemium)とは、フリー(Free)とプレミアム(Premium)を組み合わせた造語で、サービスを「基本無料」で提供するビジネスモデルです。

基本的な機能にアクセスできる無料プランを用意しつつ、付加価値の高いサービスを有料で提供したり、Web広告から収益を得たりして、マネタイズを図ります。

フリーミアムの狙いは、顧客獲得単価(CPA)、つまり顧客1人の獲得にかかるコストを減らす点にあります。

基本無料のプランを提供するメリットは、ユーザーにサービスを利用するハードルを下げて、多くのユーザーを呼び込めることです。

そのため、ユーザーを獲得するために多額の広告費や営業コストを費やす必要がありません。

無料ユーザーの信頼を獲得して、有料プランを契約してもらうプロセスにリソースを集中できます。

フリーミアムとサブスクリプションの違い

フリーミアムに似たビジネスモデルとして、「サブスクリプション(サブスク)」が挙げられます。

サブスクリプションとは、製品やサービスを一定期間ユーザーに提供する代わりに、定額の使用料を受け取る課金型のビジネスモデルです。

買い切り型のサービスと比べ、使用したい期間や予算に合わせて契約できるためユーザーは手を付けやすくなります。

フリーミアムはサブスクリプションと異なり、全ユーザーから使用料を受け取るわけではありません。

フリーミアムでは、一部の有料ユーザーの課金が全体の収益性を支えています。

まずは無料ユーザーを獲得し、段階的に課金型のサービスに移行してもらうのが、フリーミアムの戦略です。

フリーミアムが抱える2つの課題

フリーミアムには多くの成功事例がある一方、失敗事例も存在しています。

フリーミアムの成功と失敗を分けた要因はどこにあるのでしょうか。

フリーミアムで失敗しないためには、次に紹介する2つの課題をクリアする必要があります。

課題1.無料・有料プランの差別化

フリーミアムの失敗事例に共通しているのが、「無料プランでユーザーを獲得する」という手段と、「無料会員を有料プランに移行させる」という目的が入れ替わっているケースです。

フリーミアムの収益は、一部の有料会員が支えています。フリーミアムが基本無料でサービスを提供するのは、多くの顧客にサービスを利用してもらい、将来的な有料プランの見込み顧客を増やすためです。

無料プランと有料プランの差別化を行い、収益化するための具体的な計画を立案しましょう。

課題2.黒字化までのタイムラグ

もう1つ大切なのが、フリーミアムでは、黒字化するまでにタイムラグが生じるという点です。

無料プランの会員数が増加しても、有料プランに加入してもらえなければ利益は出ません。ユーザーがサービスに魅力を感じるまでには時間がかかります。

フリーミアムが黒字化するまでの間、サービス提供にかかるコストに耐えられなければ、ビジネスの継続は不可能です。

無料プランの運用に必要なコストを試算し、持続可能な事業計画を立てましょう。

フリーミアム3つの成功事例

フリーミアムを採用する企業は、Webサービスの分野を中心に増加を続けています。

フリーミアムを成功させるには、無料プランと有料プランのメリハリをつけて、「有料プランに加入したい」という強い動機を生み出す必要があります。

ここでは、フリーミアムの3つの成功事例を紹介します。

Spotify:利用者の約半数が有料プランに加入

世界最大級の音楽ストリーミングサービスを提供しているSpotifyはフリーミアムを採用しており、ユーザーを呼び込むため、基本プランを無料で提供しています。

基本プランでは、楽曲の任意再生や、オフラインでのプレイリスト作成などの一部機能を制限し、プレミアムプランとの差別化を図っています。

無料プランに魅力を感じた利用者が有料プランにアップグレードする流れが生まれ、利用者の約50%が有料プランを契約するという高収益モデルを構築しました。

Dropbox:プロモーション戦略を組み合わせて有料会員数を増やす

Dropboxはオンラインストレージサービスの1つです。

無料の個人向けプランの容量は2GBまでですが、有料の個人向けプラン(Dropbox Pro)は1TBまでストレージが拡張されます。

ビジネス版(Dropbox Business)では、月額1,500円の利用料を支払う代わりに、容量が無制限です。

当初、Dropboxのフリーミアム戦略はうまくいかず、検索エンジンを活用した「検索連動型広告」で無料ユーザーは増加していたものの、有料プランのユーザー数を増やせませんでした。

そこで、「新規ユーザーを紹介する代わりにストレージの容量を増やす」プロモーション戦略を打ち出したところ、検索連動型広告よりも低コストで爆発的にユーザー数を増やしました。

結果として有料会員数も増加し、今ではフリーミアムで成功した代表的な企業として知られています。

食べログ:有料プランの加入者が100万人超え

飲食店の口コミサイトである「食べログ」は、国内の代表的なフリーミアム型サービスです。

Webサービス自体は無料で利用できますが、ランキング検索機能などの一部機能が制限されています。

月額300円のプレミアムプランに加入すれば、より便利にWebサイトを利用できるため、有料会員数の増加につながっています。

2019年3月時点で、有料プランの会員数は100万人を超えています。

フリーミアム成功のポイントは常にユーザーファースト

フリーミアムは、便利でクオリティの高いサービスを基本無料で展開し、多くのユーザーを呼び込むビジネスモデルです。

ストレージサービス、ストリーミングサービス、メール配信サービスなど、あらゆる分野で応用できます。

フリーミアムを成功させるには、「どうすれば有料プランにアップグレードしてもらえるか」を考え抜く必要があります。

そのためには、ユーザーの成功を後押しするカスタマーサクセスや、無料プランと有料プランの差別化が有効です。

サービス利用者の目線に立ち、ユーザーを第一に考えるのがフリーミアムの鉄則です。

関連記事

エリアマーケティング戦略とは?分析のポイントや手法を解説

これから店舗を出店するとき、あるいは既存店舗の戦略の見直しを行うときに有効なのが「エリアマーケティング」です。特に、今後人口の減少が見込まれている日本では、競合店との競争は激化の一途をたどると予想されます。限られた顧客を確保するためにも、エリアマーケティングの重要性はますます高まっていくでしょう。 ここではエリアマーケティングを行う目的やその指標、分析のポイントなどについて解説します。

対談ウェビナー① 「次世代経営者の人材育成」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

どうして、日本企業には経営人材が育たないのか。何が変革を阻んでいるのか。大企業が抱える病理とは…。バブル期の80年代後半から、日本企業の「組織風土改革」に取り組んできた株式会社スコラ・コンサルト創業者の柴田昌治氏と、フロンティア・マネジメント株式会社大西正一郎代表が、2回に分けて討議します。

マーケティングファネルはBtoBでも使える?意味や活用法を解説

マーケティングファネルは、マーケティングにおいて効果的なアプローチを行うために用いられるビジネスの基本的な考えです。 購買のどの段階で見込み客が脱落しているかを把握するため、マーケティングファネルは有効な手段となります。そのため、まずはマーケティングファネルがどのようなものであるのかを理解しておくと良いでしょう。 本記事では、マーケティングファネルの基本的な考え方を徹底解説します。BtoCだけでなくBtoBにおいても活用できる考え方なので、ぜひ参考にしてください。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中