「ピンチこそチャンス」、などと言っていられない

「ピンチこそチャンス」、などと言っていられない

筆者は現在、レストラン運営会社の会長職を務めている。銀座を中心に「俺のフレンチ」など数多くのレストランの運営を行う「俺の株式会社」だ。「俺の」は、ブックオフ創業者である坂本孝氏(現名誉会長)によって2012年に設立された。

「俺の」が運営するレストランは、高級食材をふんだんに使い、著名シェフが調理したものをリーズナブルな価格で提供することで、行列ができる人気店となった。テレビなどメディアでも数多く取り上げられてきた。

そんな有名レストランでも、2020年1月以降、コロナ禍で塗炭の苦しみを味わっている。店舗閉鎖、人員削減、本社移転など構造改革施策を矢継ぎ早に打ち出し、何とか厳しい状況を持ちこたえている状況だ。

無責任な楽観論は響かない

大手外食企業も必死だ。ロイヤルホストなどを運営するロイヤルホールディングスは、大手商社・双日との業務資本提携を行った。居酒屋大手ワタミも、日本政策投資銀行から100億円規模の資金調達を行った。

「ピンチこそチャンスだ」「コロナ禍で厳しい今こそ、ビジネスモデルを変換する時期だ」。経済メディアには、この種の威勢の良い声が散見される。しかし、外食の現場からすると、部外者のこれら無責任な声は響かない。

長期にわたる緊急事態宣言で、売上はコロナ前比で半分以下だ。資金繰りさえおぼつかない。「ピンチこそチャンスだ」などと言っていられない。

レストランの語源は「回復させる所」

レストランの語源は「回復させる所」

レストラン(restaurant)の語源は、「回復させる」である。ラテン語で「良好な状態にする」を意味する「instauro」や、「回復する」を意味する「restauro」に由来している。これらの語源から、14世紀にフランス語で「回復させる」を意味する「restaurer」(英語でいうrestore)という言葉が生まれた。

人が集って食事をすることの価値は、長い歴史を持ち、民族を超えた普遍性を備えている。栄養補給によって物理的な身体機能を維持するという事に留まらない。家族・友人との語らいによる精神の安寧、仕事関係者との会食による心理的距離の短縮、その場で居合わせた人との偶然的な会話による感性への刺激など、他では得られない経験が得られる。

レストラン(バーなど含む)での食事は、栄養補給だけでなく、精神的なバランス維持にも不可欠だ。まさに、精神を「回復させる」場所がレストランなのだ。

コロナ禍で、デリバリーやテイクアウトが盛んになった。消費者に選択肢が増えたという観点からは好ましい変化だ。しかし、デリバリーやテイクアウトした料理を家で一人食することは、物理的な身体機能の維持でしかない。

これに対し、レストランで過ごす時間が我々人間に与えるプラスの影響(特に精神的な影響)は、計り知れない。

エッセンシャルな存在としての外食産業

エッセンシャルな存在としての外食産業

レストランを含む外食産業を取り巻く環境は、コロナ禍以外も厳しい。輸入牛肉の値上がり、天候不順による野菜の値上がり、人手不足による採用難など。時短協力金の入金も滞っている企業が多いと聞く。

上述したように、人々の精神的安定や回復にとって外食産業は本質的に重要(エッセンシャル)な存在だ。この意味で、外食産業に従事する人はエッセンシャルワーカーとも言える。新政権には、重要度の高い産業として迅速で強い政策が希求される。

映画『タイタニック』で、タイタニック号の沈没が避けられないと悟った老紳士のシーンがある。彼は、レストランスペースに座り、かすかに聞こえるクラシック音楽を聴きながら、正装でブランデーを飲むことで精神の安定をはかり、本当の意味での最後の晩餐をした。

エッセンシャルな存在としての外食産業

筆者自身、東日本大震災の翌日、様々な情報が交錯する中、自宅近くにある行きつけの中華料理店に行った。余震が続く中、いつも注文していた料理を食すことで、心の安定を取り戻したことを強く記憶している。外食産業はエッセンシャルな存在なのだ。

外食産業への強い政策が必要

外食産業への強い政策が必要

コロナ禍で人々のストレスレベルは高水準となっている。日々のニュースへのネット民の反応を見るだけで明らかだ。今後、人々のストレスレベルを下げることは、社会的重要性を増すだろう。人々の心を「回復させる」場所への政策は待ったなしだ。

時短協力金の早期支給は当然だ。それ以外にも税制優遇、採用促進支援、原材料値上がり対応など、外食産業側への支援が期待される。加えて、消費者側へのインセンティブ政策も必要となる。大企業・中小企業それぞれの交際費枠の時限的見直し、クーポンの発行など、連続的で厚いサポートが望まれる。

再度「そうだレストラン、行こう。」

そして何より、この記事を読んでいただいている読者の皆さん。デリバリーやテイクアウトも良いですが、レストランに足を運び、心身を「回復させる」時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?「そうだレストラン、行こう。」です。

関連記事

PEファンドの底力①TCapによるロピアの事例から

PEファンドはどのように投資先を選び、どのような取り組みで投資先企業を成長させているのか。このシリーズでは、具体的なケースから普段のPEファンドの姿を紹介したい。第1回は、ティーキャピタルパートナーズ(TCap)の取締役マネージング・パートナー小森一孝氏にお話を伺った。

「高値掴み」ではない MUFG バンクダナモンの減損損失を考える

「高値掴みが多い」と言われる日本企業のM&A。多額の減損損失が、大企業の経営を揺るがすことも珍しくない。一方で、クロスボーダーのM&Aでは、両国の制度の違いが絡まり、減損せざるを得ない稀有なケースもある。さて、今回は東京三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)によるインドネシア大手銀行、バンクダナモンの減損損失について、考えたい。

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中