建設業界の市場規模と人手不足・高齢化

建設投資と建設業の就業者数

国土交通省調べによると、日本の建設投資額は1992年度の84兆円をピークに、2010年度には41.9兆円と約半分にまで低迷。その後は徐々に回復し、2019年度は62.9兆円(前年比3.4%増)にまで回復する見込みだ。2020年度の建設投資は、コロナウイルス感染拡大の影響で工事が停滞し、減少の可能性が高い。

建設業界における課題は人手不足と高齢化

投資が堅調な一方、建設業界で問題となっているのが、人手不足と高齢化だ。

建設業の就業者は、2010年度の502万人から2018年度は501万人と、建設投資が回復したにもかかわらず、ほぼ横ばいで推移。このため、国内では建築と土木の労働者不足が長期化している。建築、土木、測量技術者の有効求人倍率は、2012年度の2.32倍から2015年度3.84倍、2018年度5.57倍、2019年10月時点で6.23倍と上昇が続く。

また、建設業就業者の55歳以上の構成比は、2000年の24.8%から2018年には34.8%(65歳以上の構成比は6.3%から15.5%)に上昇するなど、高齢化も急ピッチで進む。

国土交通省の試算では、2025年には建設業界で47~93万人の労働者が不足するとしている。建設業界では、若年労働者の確保とともに、建設現場における生産性の向上が急務の課題だ。

そのため、国土交通省、建設機械メーカー、建設機械レンタル会社、建設会社では、建設作業の自動化や無人化に向けた技術開発(いわゆる「スマートコンストラクション」)への取り組みを強化している。

国土交通省は、2016年に生産性革命本部を設置し、建設業の生産性を抜本的に向上させる仕組みづくりを”i-construction”として取り組んでいる。国交省では、ドローンによる3次元測量やICT建機による施工、3次元データを活用した施工管理などで、建設現場での生産性を2割引き上げることを目標に掲げた。

コマツにみる建設業界のICT活用事例

Construction machinery

建設機械の国内最大手コマツは、建設機械の自動運転やICTの取り込みで先行している。2008年には鉱山採掘現場で活用できる無人ダンプトラックを商用化させており、2021年には油圧ショベルやブルドーザなども含めた遠隔操作システムを実用化させる計画だ。

またコマツでは、建設現場で2015年からICTを活用した建設機械のサービスを開始している。ICT建設機械では、油圧ショベルやブルドーザなどに各種センサーを搭載。熟練の技に頼っていた操作ノウハウをソフトウェアに組み込むことで、経験の浅いオペレータでも作業をすることができるという。ICT建設機械の普及拡大は、熟練労働者不足問題を解消させる一助になるだろう。

ICT・5Gの活用で建設業界のビジネスモデル変革を

image of 5G

加えて建設現場では、2020年から実用化される次世代通信規格「5G」に対する期待も大きい。5Gの活用で、地上波でも高速大容量のデータ伝送が可能になり、センサーやカメラなどの同時接続デバイスも大幅に増やすことができるためだ。建設現場では、ドローンによって測量した3次元地形データを活用して、建設機械にカメラやセンサーを搭載し、それらのデータをリアルタイムで高速伝送することにより、遠隔地から無人の建設機械を操作することができるようになる。

既に、5Gを活用した建設現場での遠隔監視や操作システムについては、コマツがNTTドコモと共同で取り組んでおり、大林組や大成建設などのゼネコンも、KDDIやソフトバンクなどと提携して、それぞれ実証実験に取り組む。

こうしたICTや5Gを活用した建設現場での生産性改善に向けた取り組みは、建設業界の労働力不足の解消を担うとともに、建設機械メーカーにとっても、モノ(製品)主体のビジネスモデルから、コト(付加価値を生み出すサービスなど)によるビジネスモデルへの変革を促す役割を担いそうだ。

関連記事

工作機械受注に回復感 中期的なEVシフトのリスクとは

日本工作機械工業会が公表している工作機械受注は、5月をボトムに回復しており、11月(速報)は前年同月比8%増の882億円と2年2カ月振りの前年比プラスに転じた。一方で、国内外で電気自動車(EV)の普及を加速させる政策を打ち出すニュースも相次いでいる。EVシフトは金属部品の使用を減らすことにつながり、工作機械業界にとってネガティブファクターであり、中長期的なリスク要因となりそうだ。

DX時代 生き残りかけた百貨店の今後

激動の2020年が暮れようとしている。世界中で猛威を振るった新型コロナウィルスの影響で、航空、鉄道、観光、外食といった人々の移動や余暇活動に携わる産業と同じく、流通小売業も打撃を受けた。特に深刻だったのは、インバウンド需要の消失と、自粛期間中の営業休止の2重苦を強いられた百貨店だ。この記事では、DXの時代の百貨店の今後と生き残り戦略について考察した。

「2050年ゼロカーボン」 CO2削減に向けたビジネスの変化

菅義偉首相は2020年10月26日、臨時国会の所信表明演説で、国内の温暖化ガスの排出を2050年までに「実質ゼロ」(ゼロカーボン)とする方針を表明した。この記事では、実現に向けたプロセスの全体像を整理するとともに、それに伴う今後のビジネスの変化について私見を述べたいと思う。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中