国内で起訴は、7事件のみ

お断りイメージ

Foreign Corrupt Practices Act (FCPA・米国海外腐敗行為防止法)、Bribery Act (UKBA・英国贈収賄防止法)、不正競争防止法の外国公務員贈賄罪…。国際的なビジネスに従事している人であれば一度は耳にしたことがある法律だろう。

プラスチック製品製造・販売業の「天馬」は2020年4月2日、海外の子会社から当該国税務局員に対し、計約2,500万円の不適切な支払いが確認された事案に関する第三者委員会報告書を公表した。その約1か月後、天馬は代表取締役の交代と再発防止策の策定を相次いで発表した。
報道によると、天馬はベトナムでの追徴課税を免れるために不適切な支払いをしたとして、不正競争防止法違反の可能性があることから、東京地検に事案を自主申告した(①)。

同法違反では、2018年7月に三菱日立パワーシステムズがタイの公務員に贈賄したとして、元取締役と元執行役員、元部長が起訴された事件が記憶に新しい(元取締役は控訴中)。しかし、不正競争防止法違反(外国公務員贈賄罪)で起訴された事件は、三菱日立パワーシステムズの件を含めて7件しかなく(2020年5月18日時点)、OECD贈賄防止作業部会も苦言を呈するほどの少なさだ(②)。

欧米では高額ペナルティ4,300億円も

エアバス

これに対し、米国でFCPA違反の法執行件数は2020年だけでも10件あり、1977年の法制定以降、司法省(DOJ)で延べ484件、証券取引監視委員会(SEC)で同208件の法執行があった(③)。これらの事件の中には日本企業と日本人従業員も含まれている。英国の重大不正捜査局(SFO)も、同局がこれまでに捜査した30件のUKBA違反や汚職・腐敗事案をホームページで開示している。

科せられる罰金も桁違いに高額だ。2020年2月、航空機メーカーのエアバスは、SFOとDOJ、フランス金融検察局(PNF)との間で、贈賄・汚職捜査について罰金計約36億ユーロ(約4,300億円)を支払うことで和解に合意した(④)。
エアバスが発表した2020年1-3月期の連結決算では、フリーキャッシュフローがマイナス80億3,000万ユーロ(前年同期はマイナス43億4,100万ユーロ)に悪化し、贈賄に対する制裁の大きさを如実に物語っている(⑤)。

英米仏の捜査によれば、エアバスは2008年から2015年の間にアジア、中東、南米の計14カ国において航空機などの納入の見返りに贈賄、あるいは贈賄の申し出ていた(⑥)。エアバスは、”Business Partner(BP)”と呼ぶ営業エージェント網を世界中に構築し、BPや元エアバス社員のコンサルタントらを仲介して政府関係者等、顧客にアプローチ。仲介者の中には、エアバスの幹部に「お客様は怒っておられる」などとメッセージを送るなどして納入機数と賄賂額の決定に介在する者もいた。

エアバスの担当者たちはある顧客に”Van Gogh”(ゴッホ)などのコードネームを付けてコミュニケーションをとり、架空の契約をたてて請求書を偽造。あるいは賄賂を薬にたとえて「2011年3月8日に54mg処方」といった具合に贈賄額と送金日の調整を、メールで行っていたことも捜査で明らかになった。

囚人のジレンマの心理

ベルーガエアバス

一説には、エアバスは上記の贈賄工作により、10億5,000万ユーロ(約1,260億円)の利益を積み上げたという(⑦)。贈賄と摘発、罰金というリスクを冒してまでエアバスが受注を伸ばそうとした背景には、ライバル・ボーイングの存在があったことは想像に難くない。

「顧客からの金の要求を断れば、発注をライバル社にもっていかれるかもしれない」「要求の通りの金額を支払わなければ、発注数が減らされるかもしれない」…。エアバスの営業幹部、担当者にはこのような囚人のジレンマが働いたのではないだろうか。少なくとも英米仏当局の調査報告書を読んだ限り、エアバスが顧客からの要求に、BPなどのエージェントを通じて何とか応えようとしていた様子が窺える(⑧)。

こうした囚人のジレンマによる焦燥感は、航空機業界のみならず、競争市場の中で活動していれば、様々な業界で起こりえるだろう。そして、こうも考えられるのかもしれない。「賄賂を贈っても良いだろう。顧客も自分たちも”Win-Win”で、だれも損をしないのだから」。

わかりにくい贈収賄の被害者

贈収賄罪は時に”被害者なき犯罪”といわれる。その理由は、殺人などと違って法律で保護された個人の利益(例えば、生命、身体、財産、自由)、つまり法益を損なわない犯罪だからだ。

だが、企業活動は個人のみならず、社会や国家、あるいは世界も豊かにしている。だとすれば、法律学や刑法学の概念から外れようとも、社会利益、国家利益も考慮しなければならないのではないか。

【脚注】
1 読売新聞 2020年5月11日付朝刊など
OECD “Japan must urgently address long-standing concerns over foreign bribery enforcement” 2019年7月3日
3 DOJとSECの重複事案も含む
SFO “SFO enters into €991m Deferred Prosecution Agreement with Airbus as part of a €3.6bn global resolution” 2020年1月31日
Airbus reports first Quarter (Q1) 2020results 2020年4月29日
6 SFO, DOJ, PNFの捜査資料を参照
Bloomberg 2020年2月1日
8 囚人のジレンマは、AとBという2人が共犯であるとみる前提に立っている理論だが、この例ではエアバスの競合他社も同様に贈賄を行っているという前提には立っていないことを明記しておく。

㊦被害者は国民 に続く

関連記事

カウンター・インテリジェンス 産学に求められる、経済安全保障対策

経済安全保障に関する議論が熱を帯びている。2019年に外為法が改正され、外資が国内の指定企業の株式を持ち株比率で1%以上取得する場合は事前に届け出が必要となったのはその一例だ。政府は2020年4月、国家安全保障局に「経済班」を新設し、軍事転用可能な機微技術の流出防止等、経済安全保障政策を進めているが、日本企業に死角はないのか。

【パワハラ防止法施行】パワハラ対策の注意点と方法を解説 経営陣はどう対応すべきなのか

パワーハラスメント(パワハラ)が、企業のレピュテーション上の大きなリスクとなっている。ESG投資が盛り上がりを見せる中、株価等にも大きな影響を与える状況となっている。改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が6月に施行されたのを機に何が変わるのか、そしてどのような対策が求められるのかを解説する。

NDA(秘密保持契約)とは? いまさら聞けない締結のタイミング・手順を解説

企業間取引では、売買契約や仕入れ契約をはじめとして、様々な契約書を取り交わしていますが、その中でもできるだけ早期に結ぶ必要があり、企業の情報資産やブランドイメージを守るために必須となるのが、NDA(秘密保持契約・守秘義務契約)です。 企業間取引において双方の営業秘密や顧客情報、個人情報などに関して契約内容を精査しなかったことでトラブルに発展した事例も存在します。またNDAを取り交わすメリットとリスクについて把握していなかったことで、意味のない締結になったり、自社の立場が悪くなった事例も多くあります。 不要なリスクを回避し、重要情報を守ることができます。 本記事では、NDAの基本的な知識から、締結する際のポイントを解説します。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中