堀越 康夫 Yasuo Horikoshi

マネージング・ディレクター、カンパニー経営企画部門 人事総務部付 FCDパートナーズ株式会社出向

職歴

㈱ジャフコ(英国駐在)、㈱産業再生機構(マネージングディレクター)、知的財産戦略ネットワーク㈱(取締役)、㈱経営共創基盤(創業パートナー)などを経て、FCDパートナーズ㈱の投資事業部長に就任。

専門

事業再生、投資

学歴

早稲田大学第一文学部卒業、ロンドンビジネススクール(ファイナンスプログラム)修了(MBA)

執筆一覧

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(下)

設備面での課題を徹底的に抽出すべく、全社員の前で言い放ったのが、以下の言葉だ。 「今週の土曜日、皆様には誠に申し訳ないのですが、全社員で工場内の大掃除をしましょう。工場内には投げ入れられたごみや缶がたくさんそのままになっています。一部には、何が置いてあるのか、把握していないエリアもあるようです。そこで、きれいにするだけでなく、工場内の『不思議』を全部拾いましょう。壊れている部分、修理が必要な部分も探してください」

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(中)

「仕掛品の保管倉庫なんだけど、建物が古くて雨漏りするんだよね。雨漏りの場所を避けながら、雨の日はブルーシートをかぶせてるんだよ」 投資家として、業界シェア6割を誇る老舗素材メーカーの改革を任された筆者は、工場の様子に愕然とする。

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(上)

「全社員で、工場内の大掃除をしましょう」 私は、投資先会社の全社員の前でそう切り出した。 業界トップ、長らく経営改革を行ってこなかった老舗素材メーカーに常駐し、投資家として経営に参画する「ハンズオン」の、スタート初日だった。 投資家として数字を見るだけが、私の仕事ではない。工場に足を運び、経営者と話し、従業員の声を聞く。そうして、多くの無駄や非効率の種を見つけてきた。 この連載では、投資家という立場で、経営の現場に寄り添う「伴奏者」としての経験を皆様と共有できたらと感じている。

これまでの記事を読む>

人気記事

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(中)

「仕掛品の保管倉庫なんだけど、建物が古くて雨漏りするんだよね。雨漏りの場所を避けながら、雨の日はブルーシートをかぶせてるんだよ」 投資家として、業界シェア6割を誇る老舗素材メーカーの改革を任された筆者は、工場の様子に愕然とする。

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(上)

「全社員で、工場内の大掃除をしましょう」 私は、投資先会社の全社員の前でそう切り出した。 業界トップ、長らく経営改革を行ってこなかった老舗素材メーカーに常駐し、投資家として経営に参画する「ハンズオン」の、スタート初日だった。 投資家として数字を見るだけが、私の仕事ではない。工場に足を運び、経営者と話し、従業員の声を聞く。そうして、多くの無駄や非効率の種を見つけてきた。 この連載では、投資家という立場で、経営の現場に寄り添う「伴奏者」としての経験を皆様と共有できたらと感じている。

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(下)

設備面での課題を徹底的に抽出すべく、全社員の前で言い放ったのが、以下の言葉だ。 「今週の土曜日、皆様には誠に申し訳ないのですが、全社員で工場内の大掃除をしましょう。工場内には投げ入れられたごみや缶がたくさんそのままになっています。一部には、何が置いてあるのか、把握していないエリアもあるようです。そこで、きれいにするだけでなく、工場内の『不思議』を全部拾いましょう。壊れている部分、修理が必要な部分も探してください」

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

2

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

5

中国の「お一人様」社会 単身経済の進行

中国では「一人っ子政策世代」(1979-2014年生)の独身率が高まっている。そもそも未婚者に占める男性比率が高い上に、自らのキャリアや消費を優先する考え方が浸透しているためだ。日本で言う「お一人様」向けサービスの拡充とともに、人口減、高齢化の進行に備えが必要となっている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中