掃除はすべての基本

掃除

掃除の結果、想定以上の課題が抽出された。そればかりか、ご近所の住民から寄せられていたクレームの数々まで把握できた。

最も驚いたのは、帳簿外の在庫の存在だ。これまで、精緻な実地棚卸をしていなかった会社であったため、誰の足を運ばなくなっていた「未知のエリア」からは、いつのものなのかがわからない大量の素材製品在庫が出てきた。

また、現場の声を集め、設備の更新も進めた。
例えば、原材料を直径3メートルほどの木でできた大きな樽の中に投入し、素材の中に脂を加える「加脂工程」。すでに脂で真っ黒となっている「太鼓」と呼ばれる樽が10台ほど元気に回っている。

しかし、その中の1台は既に穴あき状態となっており、使えば使うほど、大量の脂が周囲に飛び散るありさまだった。

床もぬるぬるとしており、非常に危険な状態だった。新しい太鼓が現場に装着されたのは、それからしばらくのことだった。1つ1つ手作りのため、発注から装着まで少々の時間はかかったが、真っ黒な太鼓の中で、1台だけ「真っ白な」太鼓が誇らしげに回っているのは、見ていて心地よかった。新しい太鼓の姿を見ようと、他の現場からの見物人で周囲はにぎわっていた。

「なんで、買ってもらえたんだ?」
「ちゃんと説明すれば、買ってくれるんだよ」

翌日から、他の現場の要望が数多く寄せられたのは言うまでもない。あの白い太鼓は、改善ののろしであり、目に見えるシンボルだった。

従業員視点の経営改革

朝礼

れらの期間を通じて、この会社にある圧倒的な美点にも気づくことができた。遠目で工場を眺めているだけでは、職人たちの姿はうつむき加減に歩くだけに映っていた。だが、現場に入って彼らの会話を耳にし、額から流れる汗を見た途端、職人たちは一心不乱に働く真摯な姿に映っていた。結局、企業成長や事業改善の原動力は、あくまで、現場力である。

この方々なら、適切な方向を指し示せれば、とんでもない会社に生まれ変わるに違いない、という思いを強くした。

この職場を徹底的に忙しくするために、短期間で適切な課題抽出をして、解決手法を提示、全社員で運用方法を再確認しながら作り上げる、いわゆるPDCAのサイクルを回した。会社として当たり前のことを繰り返し、効率的な作業手順を把握、さらなる改善のサイクルを可能とするものとなった。

課題抽出期間を通じて、計画策定時には浮き彫りにならなかった数多くの問題点が現場から上がる。結果、大幅な設備投資計画の変更など、方向転換を迫られる結果となることもあるだろう。課題抽出には人事インフラの機能が重要なのだが、このような初期の段階でのアクションは、人事インフラの改革のヒントをあぶり出すことにもつながる。

まとめ

伴奏

私は、キャピタリストとして企業を見るとき、最も重要だと考えるのは従業員だ。投資実行後、ハンズオン支援と称して、経営に入って行く時、従業員の満足を意識しない訳には行かない。

金融機関の方々は、数値分析を重視し、評価を下すのを生業としてきた。しかし、これからのファイナンスを考える際、マネジメント側に立った支援体制も併せて構築することが求められる。特に、地元から逃げることができない地域密着型の金融機関の方々に求められるスキルは、相応に高いものとなってくるだろう。

関連記事

事業承継M&A オーナー経営者に配慮すべき4つの視点

事業承継M&Aを進める際に最も大切なのは、売り手側のオーナー経営者との向き合い方だ。多くの場合、オーナー経営者は大株主であり、資産家であり、地域の名士でもある。個人と会社の資産が一体となっている場合も多く、経済合理性だけでは話が進まない場合も多い。M&A交渉においてオーナー経営者と向き合う際の留意点を4つの視点からまとめてみた。

GMO、あえて進める親子上場 古くて新しいガバナンス

今回は、GMOグループのガバナンスに関する考え方を取り上げたい。GMOグループは2020年12月現在、10社が上場。今後もグループ約130社のうち、20~30社程度を上場したほうが良いと考えている模様だ。いわゆる「親子上場」の解消に動く昨今の流れと逆行する背景には、創業以来進めている熊谷正寿代表の基本的な考え方が反映されている。

RIZAP(ライザップ)をやってみた 社外取としての体験記

筆者は2020年6月、RIZAP(ライザップ)の社外取締役に就任した。同社のマネジメントに外部の目を生かして関わる以上、RIZAPの商品・サービスを経験しなければ始まらない。ということで、就任と同時に「ボディメイク」と呼ばれるRIZAPのサービスを開始。コロナによる自粛生活で生涯最高水準に達した筆者の体重は、現在ピーク比で▲10kgとなった。

ランキング記事

1

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

2

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

3

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

4

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

5

村上春樹さんに学ぶ経営⑨どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?

過去2回、「ニッチ」とは「すきま」ではなく、はるかに深い概念であることを見てきました。では、どんな状態になると真の「ニッチ企業」になったといえるのでしょうか?

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中