掃除はすべての基本

掃除

掃除の結果、想定以上の課題が抽出された。そればかりか、ご近所の住民から寄せられていたクレームの数々まで把握できた。

最も驚いたのは、帳簿外の在庫の存在だ。これまで、精緻な実地棚卸をしていなかった会社であったため、誰の足を運ばなくなっていた「未知のエリア」からは、いつのものなのかがわからない大量の素材製品在庫が出てきた。

また、現場の声を集め、設備の更新も進めた。
例えば、原材料を直径3メートルほどの木でできた大きな樽の中に投入し、素材の中に脂を加える「加脂工程」。すでに脂で真っ黒となっている「太鼓」と呼ばれる樽が10台ほど元気に回っている。

しかし、その中の1台は既に穴あき状態となっており、使えば使うほど、大量の脂が周囲に飛び散るありさまだった。

床もぬるぬるとしており、非常に危険な状態だった。新しい太鼓が現場に装着されたのは、それからしばらくのことだった。1つ1つ手作りのため、発注から装着まで少々の時間はかかったが、真っ黒な太鼓の中で、1台だけ「真っ白な」太鼓が誇らしげに回っているのは、見ていて心地よかった。新しい太鼓の姿を見ようと、他の現場からの見物人で周囲はにぎわっていた。

「なんで、買ってもらえたんだ?」
「ちゃんと説明すれば、買ってくれるんだよ」

翌日から、他の現場の要望が数多く寄せられたのは言うまでもない。あの白い太鼓は、改善ののろしであり、目に見えるシンボルだった。

従業員視点の経営改革

朝礼

れらの期間を通じて、この会社にある圧倒的な美点にも気づくことができた。遠目で工場を眺めているだけでは、職人たちの姿はうつむき加減に歩くだけに映っていた。だが、現場に入って彼らの会話を耳にし、額から流れる汗を見た途端、職人たちは一心不乱に働く真摯な姿に映っていた。結局、企業成長や事業改善の原動力は、あくまで、現場力である。

この方々なら、適切な方向を指し示せれば、とんでもない会社に生まれ変わるに違いない、という思いを強くした。

この職場を徹底的に忙しくするために、短期間で適切な課題抽出をして、解決手法を提示、全社員で運用方法を再確認しながら作り上げる、いわゆるPDCAのサイクルを回した。会社として当たり前のことを繰り返し、効率的な作業手順を把握、さらなる改善のサイクルを可能とするものとなった。

課題抽出期間を通じて、計画策定時には浮き彫りにならなかった数多くの問題点が現場から上がる。結果、大幅な設備投資計画の変更など、方向転換を迫られる結果となることもあるだろう。課題抽出には人事インフラの機能が重要なのだが、このような初期の段階でのアクションは、人事インフラの改革のヒントをあぶり出すことにもつながる。

まとめ

伴奏

私は、キャピタリストとして企業を見るとき、最も重要だと考えるのは従業員だ。投資実行後、ハンズオン支援と称して、経営に入って行く時、従業員の満足を意識しない訳には行かない。

金融機関の方々は、数値分析を重視し、評価を下すのを生業としてきた。しかし、これからのファイナンスを考える際、マネジメント側に立った支援体制も併せて構築することが求められる。特に、地元から逃げることができない地域密着型の金融機関の方々に求められるスキルは、相応に高いものとなってくるだろう。

関連記事

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(中)

「仕掛品の保管倉庫なんだけど、建物が古くて雨漏りするんだよね。雨漏りの場所を避けながら、雨の日はブルーシートをかぶせてるんだよ」 投資家として、業界シェア6割を誇る老舗素材メーカーの改革を任された筆者は、工場の様子に愕然とする。

「コロナ倒産」に備える 日中の倒産関連実務の違い 変わる中国の倒産手続きとは

中国の倒産件数が近時、増加している。増加の一因になっているのが、中国における倒産手続きの変化だ。さらに、中国を現在直撃しているコロナウイルスによる新型肺炎の影響が拡大すると、大幅な中国企業の倒産増加が見込まれる。 本記事では、「コロナ倒産」に備え、中国の倒産手続きのあり方と日本における倒産手続きとの違いについて紹介する。

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(上)

「全社員で、工場内の大掃除をしましょう」 私は、投資先会社の全社員の前でそう切り出した。 業界トップ、長らく経営改革を行ってこなかった老舗素材メーカーに常駐し、投資家として経営に参画する「ハンズオン」の、スタート初日だった。 投資家として数字を見るだけが、私の仕事ではない。工場に足を運び、経営者と話し、従業員の声を聞く。そうして、多くの無駄や非効率の種を見つけてきた。 この連載では、投資家という立場で、経営の現場に寄り添う「伴奏者」としての経験を皆様と共有できたらと感じている。

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

3

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

4

コロナ「耐性」、最も強い企業は… 小売・外食業を「ストレス耐性」で評価

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の動きや景況悪化が、小売・外食産業の業績に影を落としている。この記事では、小売業の時価総額上位20銘柄と外食業の同10銘柄の計30銘柄を対象に(2020年3月末時点の順位に依拠)、景況悪化や消費者所得の減少が長期化した場合の「収益耐性指数」を算出して、コロナ禍に対する各社の「ストレス耐性」を探っていく。

5

地方テレビ局の新規事業開拓は「待った」なし

テレビ広告費の減少に加え、コロナ禍による制作力低下でテレビ局は苦境に立たされている。特に、地方テレビ局への影響は大きく、相次いで新規事業を強化している。

人気のキーワード

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

3

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

4

コロナ「耐性」、最も強い企業は… 小売・外食業を「ストレス耐性」で評価

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の動きや景況悪化が、小売・外食産業の業績に影を落としている。この記事では、小売業の時価総額上位20銘柄と外食業の同10銘柄の計30銘柄を対象に(2020年3月末時点の順位に依拠)、景況悪化や消費者所得の減少が長期化した場合の「収益耐性指数」を算出して、コロナ禍に対する各社の「ストレス耐性」を探っていく。

5

地方テレビ局の新規事業開拓は「待った」なし

テレビ広告費の減少に加え、コロナ禍による制作力低下でテレビ局は苦境に立たされている。特に、地方テレビ局への影響は大きく、相次いで新規事業を強化している。

人気のキーワード