掃除はすべての基本

掃除

掃除の結果、想定以上の課題が抽出された。そればかりか、ご近所の住民から寄せられていたクレームの数々まで把握できた。

最も驚いたのは、帳簿外の在庫の存在だ。これまで、精緻な実地棚卸をしていなかった会社であったため、誰の足を運ばなくなっていた「未知のエリア」からは、いつのものなのかがわからない大量の素材製品在庫が出てきた。

また、現場の声を集め、設備の更新も進めた。
例えば、原材料を直径3メートルほどの木でできた大きな樽の中に投入し、素材の中に脂を加える「加脂工程」。すでに脂で真っ黒となっている「太鼓」と呼ばれる樽が10台ほど元気に回っている。

しかし、その中の1台は既に穴あき状態となっており、使えば使うほど、大量の脂が周囲に飛び散るありさまだった。

床もぬるぬるとしており、非常に危険な状態だった。新しい太鼓が現場に装着されたのは、それからしばらくのことだった。1つ1つ手作りのため、発注から装着まで少々の時間はかかったが、真っ黒な太鼓の中で、1台だけ「真っ白な」太鼓が誇らしげに回っているのは、見ていて心地よかった。新しい太鼓の姿を見ようと、他の現場からの見物人で周囲はにぎわっていた。

「なんで、買ってもらえたんだ?」
「ちゃんと説明すれば、買ってくれるんだよ」

翌日から、他の現場の要望が数多く寄せられたのは言うまでもない。あの白い太鼓は、改善ののろしであり、目に見えるシンボルだった。

従業員視点の経営改革

朝礼

れらの期間を通じて、この会社にある圧倒的な美点にも気づくことができた。遠目で工場を眺めているだけでは、職人たちの姿はうつむき加減に歩くだけに映っていた。だが、現場に入って彼らの会話を耳にし、額から流れる汗を見た途端、職人たちは一心不乱に働く真摯な姿に映っていた。結局、企業成長や事業改善の原動力は、あくまで、現場力である。

この方々なら、適切な方向を指し示せれば、とんでもない会社に生まれ変わるに違いない、という思いを強くした。

この職場を徹底的に忙しくするために、短期間で適切な課題抽出をして、解決手法を提示、全社員で運用方法を再確認しながら作り上げる、いわゆるPDCAのサイクルを回した。会社として当たり前のことを繰り返し、効率的な作業手順を把握、さらなる改善のサイクルを可能とするものとなった。

課題抽出期間を通じて、計画策定時には浮き彫りにならなかった数多くの問題点が現場から上がる。結果、大幅な設備投資計画の変更など、方向転換を迫られる結果となることもあるだろう。課題抽出には人事インフラの機能が重要なのだが、このような初期の段階でのアクションは、人事インフラの改革のヒントをあぶり出すことにもつながる。

まとめ

伴奏

私は、キャピタリストとして企業を見るとき、最も重要だと考えるのは従業員だ。投資実行後、ハンズオン支援と称して、経営に入って行く時、従業員の満足を意識しない訳には行かない。

金融機関の方々は、数値分析を重視し、評価を下すのを生業としてきた。しかし、これからのファイナンスを考える際、マネジメント側に立った支援体制も併せて構築することが求められる。特に、地元から逃げることができない地域密着型の金融機関の方々に求められるスキルは、相応に高いものとなってくるだろう。

関連記事

「高値掴み」ではない MUFG バンクダナモンの減損損失を考える

「高値掴みが多い」と言われる日本企業のM&A。多額の減損損失が、大企業の経営を揺るがすことも珍しくない。一方で、クロスボーダーのM&Aでは、両国の制度の違いが絡まり、減損せざるを得ない稀有なケースもある。さて、今回は東京三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)によるインドネシア大手銀行、バンクダナモンの減損損失について、考えたい。

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

徳川慶喜、危機時のリーダーとしての評価は?  大河「青天を衝け」で大注目

幕末の登場人物の中で江戸幕府最後の(第15代)将軍・徳川慶喜ほど評価の分かれる人物はいないだろう。大政奉還で近代化に向け類いまれなるリーダーシップを発揮した一方で、鳥羽伏見の敗戦以降の行動は、リーダーシップを放棄したようにも見える。日本資本主義の父、渋沢栄一を題材とした2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」では、渋沢栄一を登用した人物として描かれ、その役を草彅剛が好演している。危機時における徳川慶喜のリーダー像について、検証したいと思う。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中