工場には雨の日の顔がある

 ame

私は、工場見学を晴れの日と雨の日の2回に分けてするようにしている。大企業の工場では必要ないのかもしれないが、中小企業の工場は、比較的予算が限られている中で、アイデアを駆使しながら、修繕をしたり、導線を変更したりしている。急場をしのぐため、仕掛品の一時保管がずさんになりがちだ。

現場を見ないと、何が壊れているのか、何が無駄なのか、何が非効率なのかがわからない。修繕が必要な個所、更新投資が必要な機械などを1つ1つ確認していく。最も重要なのは、排水処理設備だ。

これは地域住民の方々との接点でもあり、かつ、環境汚染に関する規制は年々厳しさを増している。さらに、規制の運用は自治体ごとに確認していかなくてはならない。

「うちの排水処理場は立派でね、まあ、それだけたくさんの水を使う工場だってことなんだけど。カスがたまって、沈殿しちゃうから、撹拌機で混ぜながら、ふるいにかける仕組みなんだよ」

自信満々の社長に、私は思わず尋ねた。

「あれ?この撹拌機、動いてますか?」
「そうなんだよ。撹拌機の軸が折れちゃって、きちんと機能してないんだよね」

半径5メートル以上の貯留槽の真ん中に撹拌機の軸があるが、確かに折れている。当然、撹拌機は回転していなかった。

「これは何とかしなくちゃって思ってるんだけどね。うちの生命線だからね」

エコではないエコ製品工場

排水

工場で生み出される製品は、自然界で生分解される環境志向のものだ。しかし、工場内では様々な薬剤が使用されており、1日800トンを超える水、樹皮くず、革くず、脂肪、石灰、硫酸、染色剤、害虫の死骸など、多岐にわたる物質が排水設備に流れ込む。

大量に使用される石灰水は硫酸で中和されるが、きちんとした濃度管理をしなければならない。排水ルートも、一般工場排水とは別ルートなのだが、工場内の側溝や敷地内の道路が破損しており、一般配水ルートへの流入が避けられない。雨の日は、なおさら流入が増えた。

撹拌機を直すためには、排水設備を止める必要がある。水も全部抜かなくてはならないし、時間とお金がかかる。

私は、社長に進言し、排水処理担当部長、各現場の幹部を加えたプロジェクトチームを組んだ。大手素材メーカー、化学薬品メーカー、飲料メーカーなど、環境対策のしっかりしている複数の企業にコンタクトし、それぞれの排水処理施設の見学を依頼した。

その結果、これまでとは異なる方法による、新しい排水処理設備の設置が最善策であることがわかった。単純にカスをフィルターで濾すのではなく、バクテリアを用いて、生分解してしまう方法だ。このためには数か月の廃液試験、相応の金額の設備投資が発生することとなるが、既存の貯留槽を活用できるため、トータルコストは節約できた。

つづく

関連記事

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(下)

設備面での課題を徹底的に抽出すべく、全社員の前で言い放ったのが、以下の言葉だ。 「今週の土曜日、皆様には誠に申し訳ないのですが、全社員で工場内の大掃除をしましょう。工場内には投げ入れられたごみや缶がたくさんそのままになっています。一部には、何が置いてあるのか、把握していないエリアもあるようです。そこで、きれいにするだけでなく、工場内の『不思議』を全部拾いましょう。壊れている部分、修理が必要な部分も探してください」

「コロナ倒産」に備える 日中の倒産関連実務の違い 変わる中国の倒産手続きとは

中国の倒産件数が近時、増加している。増加の一因になっているのが、中国における倒産手続きの変化だ。さらに、中国を現在直撃しているコロナウイルスによる新型肺炎の影響が拡大すると、大幅な中国企業の倒産増加が見込まれる。 本記事では、「コロナ倒産」に備え、中国の倒産手続きのあり方と日本における倒産手続きとの違いについて紹介する。

伴奏者として 「ある素材メーカーの改革」(上)

「全社員で、工場内の大掃除をしましょう」 私は、投資先会社の全社員の前でそう切り出した。 業界トップ、長らく経営改革を行ってこなかった老舗素材メーカーに常駐し、投資家として経営に参画する「ハンズオン」の、スタート初日だった。 投資家として数字を見るだけが、私の仕事ではない。工場に足を運び、経営者と話し、従業員の声を聞く。そうして、多くの無駄や非効率の種を見つけてきた。 この連載では、投資家という立場で、経営の現場に寄り添う「伴奏者」としての経験を皆様と共有できたらと感じている。

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

3

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

4

コロナ「耐性」、最も強い企業は… 小売・外食業を「ストレス耐性」で評価

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の動きや景況悪化が、小売・外食産業の業績に影を落としている。この記事では、小売業の時価総額上位20銘柄と外食業の同10銘柄の計30銘柄を対象に(2020年3月末時点の順位に依拠)、景況悪化や消費者所得の減少が長期化した場合の「収益耐性指数」を算出して、コロナ禍に対する各社の「ストレス耐性」を探っていく。

5

地方テレビ局の新規事業開拓は「待った」なし

テレビ広告費の減少に加え、コロナ禍による制作力低下でテレビ局は苦境に立たされている。特に、地方テレビ局への影響は大きく、相次いで新規事業を強化している。

人気のキーワード

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

3

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

4

コロナ「耐性」、最も強い企業は… 小売・外食業を「ストレス耐性」で評価

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の動きや景況悪化が、小売・外食産業の業績に影を落としている。この記事では、小売業の時価総額上位20銘柄と外食業の同10銘柄の計30銘柄を対象に(2020年3月末時点の順位に依拠)、景況悪化や消費者所得の減少が長期化した場合の「収益耐性指数」を算出して、コロナ禍に対する各社の「ストレス耐性」を探っていく。

5

地方テレビ局の新規事業開拓は「待った」なし

テレビ広告費の減少に加え、コロナ禍による制作力低下でテレビ局は苦境に立たされている。特に、地方テレビ局への影響は大きく、相次いで新規事業を強化している。

人気のキーワード