工場には雨の日の顔がある

 ame

私は、工場見学を晴れの日と雨の日の2回に分けてするようにしている。大企業の工場では必要ないのかもしれないが、中小企業の工場は、比較的予算が限られている中で、アイデアを駆使しながら、修繕をしたり、導線を変更したりしている。急場をしのぐため、仕掛品の一時保管がずさんになりがちだ。

現場を見ないと、何が壊れているのか、何が無駄なのか、何が非効率なのかがわからない。修繕が必要な個所、更新投資が必要な機械などを1つ1つ確認していく。最も重要なのは、排水処理設備だ。

これは地域住民の方々との接点でもあり、かつ、環境汚染に関する規制は年々厳しさを増している。さらに、規制の運用は自治体ごとに確認していかなくてはならない。

「うちの排水処理場は立派でね、まあ、それだけたくさんの水を使う工場だってことなんだけど。カスがたまって、沈殿しちゃうから、撹拌機で混ぜながら、ふるいにかける仕組みなんだよ」

自信満々の社長に、私は思わず尋ねた。

「あれ?この撹拌機、動いてますか?」
「そうなんだよ。撹拌機の軸が折れちゃって、きちんと機能してないんだよね」

半径5メートル以上の貯留槽の真ん中に撹拌機の軸があるが、確かに折れている。当然、撹拌機は回転していなかった。

「これは何とかしなくちゃって思ってるんだけどね。うちの生命線だからね」

エコではないエコ製品工場

排水

工場で生み出される製品は、自然界で生分解される環境志向のものだ。しかし、工場内では様々な薬剤が使用されており、1日800トンを超える水、樹皮くず、革くず、脂肪、石灰、硫酸、染色剤、害虫の死骸など、多岐にわたる物質が排水設備に流れ込む。

大量に使用される石灰水は硫酸で中和されるが、きちんとした濃度管理をしなければならない。排水ルートも、一般工場排水とは別ルートなのだが、工場内の側溝や敷地内の道路が破損しており、一般配水ルートへの流入が避けられない。雨の日は、なおさら流入が増えた。

撹拌機を直すためには、排水設備を止める必要がある。水も全部抜かなくてはならないし、時間とお金がかかる。

私は、社長に進言し、排水処理担当部長、各現場の幹部を加えたプロジェクトチームを組んだ。大手素材メーカー、化学薬品メーカー、飲料メーカーなど、環境対策のしっかりしている複数の企業にコンタクトし、それぞれの排水処理施設の見学を依頼した。

その結果、これまでとは異なる方法による、新しい排水処理設備の設置が最善策であることがわかった。単純にカスをフィルターで濾すのではなく、バクテリアを用いて、生分解してしまう方法だ。このためには数か月の廃液試験、相応の金額の設備投資が発生することとなるが、既存の貯留槽を活用できるため、トータルコストは節約できた。

つづく

ランキング記事

1

プロスポーツチームの戦略オプション コロナ禍でとるべき選択とは

近年、国内においてサッカー、野球、バスケットボールを中心に各種競技でプロスポーツチームが多数誕生しており、スポーツ市場は拡大傾向にある。一方、経営状況が厳しいチームが多く、組織の維持・発展に向けては、地域・チーム特性を活かした独自戦略の構築が求められている。

2

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

3

マスクの基準ない国、日本 JIS規格採用で生活の「質」改善を

マスク着用は、「生活習慣」として定着した。COVID-19(新型コロナウイルス)感染症の拡大から約1年半、性能や品質に基準のなかった日本で、業界団体によりJIS規格導入の動きが進む。本稿ではマスクの機能的な進化と課題、今後の方向性について考察した。

4

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中