工場には雨の日の顔がある

 ame

私は、工場見学を晴れの日と雨の日の2回に分けてするようにしている。大企業の工場では必要ないのかもしれないが、中小企業の工場は、比較的予算が限られている中で、アイデアを駆使しながら、修繕をしたり、導線を変更したりしている。急場をしのぐため、仕掛品の一時保管がずさんになりがちだ。

現場を見ないと、何が壊れているのか、何が無駄なのか、何が非効率なのかがわからない。修繕が必要な個所、更新投資が必要な機械などを1つ1つ確認していく。最も重要なのは、排水処理設備だ。

これは地域住民の方々との接点でもあり、かつ、環境汚染に関する規制は年々厳しさを増している。さらに、規制の運用は自治体ごとに確認していかなくてはならない。

「うちの排水処理場は立派でね、まあ、それだけたくさんの水を使う工場だってことなんだけど。カスがたまって、沈殿しちゃうから、撹拌機で混ぜながら、ふるいにかける仕組みなんだよ」

自信満々の社長に、私は思わず尋ねた。

「あれ?この撹拌機、動いてますか?」
「そうなんだよ。撹拌機の軸が折れちゃって、きちんと機能してないんだよね」

半径5メートル以上の貯留槽の真ん中に撹拌機の軸があるが、確かに折れている。当然、撹拌機は回転していなかった。

「これは何とかしなくちゃって思ってるんだけどね。うちの生命線だからね」

エコではないエコ製品工場

排水

工場で生み出される製品は、自然界で生分解される環境志向のものだ。しかし、工場内では様々な薬剤が使用されており、1日800トンを超える水、樹皮くず、革くず、脂肪、石灰、硫酸、染色剤、害虫の死骸など、多岐にわたる物質が排水設備に流れ込む。

大量に使用される石灰水は硫酸で中和されるが、きちんとした濃度管理をしなければならない。排水ルートも、一般工場排水とは別ルートなのだが、工場内の側溝や敷地内の道路が破損しており、一般配水ルートへの流入が避けられない。雨の日は、なおさら流入が増えた。

撹拌機を直すためには、排水設備を止める必要がある。水も全部抜かなくてはならないし、時間とお金がかかる。

私は、社長に進言し、排水処理担当部長、各現場の幹部を加えたプロジェクトチームを組んだ。大手素材メーカー、化学薬品メーカー、飲料メーカーなど、環境対策のしっかりしている複数の企業にコンタクトし、それぞれの排水処理施設の見学を依頼した。

その結果、これまでとは異なる方法による、新しい排水処理設備の設置が最善策であることがわかった。単純にカスをフィルターで濾すのではなく、バクテリアを用いて、生分解してしまう方法だ。このためには数か月の廃液試験、相応の金額の設備投資が発生することとなるが、既存の貯留槽を活用できるため、トータルコストは節約できた。

つづく

関連記事

「高値掴み」ではない MUFG バンクダナモンの減損損失を考える

「高値掴みが多い」と言われる日本企業のM&A。多額の減損損失が、大企業の経営を揺るがすことも珍しくない。一方で、クロスボーダーのM&Aでは、両国の制度の違いが絡まり、減損せざるを得ない稀有なケースもある。さて、今回は東京三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)によるインドネシア大手銀行、バンクダナモンの減損損失について、考えたい。

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

徳川慶喜、危機時のリーダーとしての評価は?  大河「青天を衝け」で大注目

幕末の登場人物の中で江戸幕府最後の(第15代)将軍・徳川慶喜ほど評価の分かれる人物はいないだろう。大政奉還で近代化に向け類いまれなるリーダーシップを発揮した一方で、鳥羽伏見の敗戦以降の行動は、リーダーシップを放棄したようにも見える。日本資本主義の父、渋沢栄一を題材とした2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」では、渋沢栄一を登用した人物として描かれ、その役を草彅剛が好演している。危機時における徳川慶喜のリーダー像について、検証したいと思う。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中