時代から取り残された工場

朝礼

「うちは業界シェア60%、いや、もっとあるかなあ」

社歴の長いオーナー系企業。寡占化した市場ではトップシェアを誇っている。
気の良い社長は、明るくこう答えていた。

業界規模は縮小傾向にある。競合先が次々と姿を消して行く中、独自の製造方法から市場における「存在意義」を確保してきた。自社の変革を意識する必要性を感じず、事業計画すら作成した事がないという。

「売り先も限られているし、毎月の販売枚数もここ数年、ほとんど変わらない。だから、計画なんて作ったことも無いんだ」。

取引先との契約書も存在せず、PC導入も遅れ、社内帳簿にも手書き部分が相当ある。

時間の流れが止まっているような感じだ。外部要因である競合脅威が無いため、更新投資も一切せず、老朽化した工場はあたかも閉鎖前の遊園地さながらだった。

工場見学をしているとき、社長が口を開いた。
「ほら、この機械、イタリア製なんだけど、日本では作ってないんだよ。だから、ほら、この辺の部品なんか、全部手作りで修理してきたんだよね」

続けてこう付け加えた。
「新しい機械に変えれば、もっと効率が上がるんだけどなあ。おそらく、返品も減るんじゃないかな」

頭の中で、非効率の定義、数値化、返品対応、付随コストなどの単語が浮かんでくる。

経営改革に向けた、戦いの始まりだった。

つづく

連載開始によせて

伴奏

新しくコラム連載を始めることとなったが、編集担当者との最初の論点は、そのタイトルだった。タイトルは、会社で言えば、経営理念のようなもの。経営理念というものは、会社のカルチャーを支える最も重要な方針であり、社員が判断に迷ったならば、立ち戻るべき指針こそが経営理念であると考えている。したがって、連載コラムのタイトル決定に際しては、相当に時間を費やす結果となった。

当初、投資実行後のハンズオンサポートという役務から、「伴走者」というものを思いついた。マラソンの伴走者は、障害を持たれた方のことを十二分に理解し、その方の設定した目標の達成を、全身全霊でサポートする。共に泣き、共に笑う姿こそ、今回の連載コラムに相応しいのではないか。暫くはこれが良いかと思っていたところ、急に、ある重要なポイントに気づいた。

足りないと、ふと気づいたのは、社会益の視点だった。俗に、三益と言うが、私は社会益、顧客益、自益を三益として明確な判断基準としている。伴走者の場合、走者(顧客)、伴奏者(私)の二人三脚の完成度が追及されるが、社会益の視点がどうにも弱く感じられた。あるいは、間接的な気がしてならなかった。この場合の社会益の追求とは何であるか。

同音異義語で浮かんだのが「伴奏」だ。そう言えば、昨年、懇意にしていただいている元同僚、松田亜有子さんが『クラシック名曲全史 ビジネスに効く世界の教養』をご出版された。一昨年の『クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養』の第二弾である。どちらもクラシック音楽の歴史、音楽家を取り巻く環境など、非常に良くまとまっており、楽しく完読することが出来た。

「伴奏者」とすることにより、聴衆という「社会」が極めて重要な対象となり、上記、三益の調和合一が明確に配置される。結果、伴奏者という一般名詞をシンボリックに使用する事とした。

これから数多くの発信を行いたいと考えているが、三益の調和剛一から外れており、伴奏としてなっていないなどのご指摘があるならば、是非、叱咤激励していただければ幸甚だ。

ランキング記事

1

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

村上春樹さんから学ぶ経営①~作品に潜む成功へのヒント~

弊社のネットメディア立ち上げにあたり、できれば面白いことを書きたいと考えました。筆者の出自はハイテク産業の調査であり、ハイテク産業に関するあれこれを書くことが期待されていることでしょう。ただ、それではつまらない。なにせ私の著作の一つは『経営危機には給料を増やす ~ 世界一位企業をつくった天邪鬼経営』(日本経済新聞出版)。もちろん、時にはハイテクさんに関することも書くとして、変わった切り口で経営を議論していきたいと考えました。

3

ドローン宅配のメリット&課題を解説!物流に革命を起こすのはAmazonか?楽天か?

かねてから物流業界は、ドライバー不足や再配達の増加が課題とされていました。そこに、新型コロナウイルスの影響で宅配需要が急増し、物流業界はいまだかつてない窮地に陥っています。そんな物流業界の救世主として期待を一身に集めているのが「ドローン宅配」です。 今回は「空に革命を起こす」と言われるドローン宅配について、メリットや懸念点などを中心に解説していきましょう。

4

「PCR」で読み解くポストコロナのサービス業

「つながりたい」「つながりたくない」。ポストコロナの消費者は、矛盾する2つの欲求を抱える。サービス業は両立できないニーズにどう応えるのか。「PCR」(Place/Point,Content,Remote)をキーワードに読み解いた。

5

「池袋」サブカルの聖地への進化

池袋が、サブカルの聖地としての存在感を増している。女性のアニメファン層を取り込み、秋葉原と並びたつ存在に成長した。「消滅可能都市」に指定されるなど危機感を強める豊島区によって、積極的な施設整備が進められており、勢いはさらに加速しそうだ。

人気のキーワード