時代から取り残された工場

朝礼

「うちは業界シェア60%、いや、もっとあるかなあ」

社歴の長いオーナー系企業。寡占化した市場ではトップシェアを誇っている。
気の良い社長は、明るくこう答えていた。

業界規模は縮小傾向にある。競合先が次々と姿を消して行く中、独自の製造方法から市場における「存在意義」を確保してきた。自社の変革を意識する必要性を感じず、事業計画すら作成した事がないという。

「売り先も限られているし、毎月の販売枚数もここ数年、ほとんど変わらない。だから、計画なんて作ったことも無いんだ」。

取引先との契約書も存在せず、PC導入も遅れ、社内帳簿にも手書き部分が相当ある。

時間の流れが止まっているような感じだ。外部要因である競合脅威が無いため、更新投資も一切せず、老朽化した工場はあたかも閉鎖前の遊園地さながらだった。

工場見学をしているとき、社長が口を開いた。
「ほら、この機械、イタリア製なんだけど、日本では作ってないんだよ。だから、ほら、この辺の部品なんか、全部手作りで修理してきたんだよね」

続けてこう付け加えた。
「新しい機械に変えれば、もっと効率が上がるんだけどなあ。おそらく、返品も減るんじゃないかな」

頭の中で、非効率の定義、数値化、返品対応、付随コストなどの単語が浮かんでくる。

経営改革に向けた、戦いの始まりだった。

つづく

連載開始によせて

伴奏

新しくコラム連載を始めることとなったが、編集担当者との最初の論点は、そのタイトルだった。タイトルは、会社で言えば、経営理念のようなもの。経営理念というものは、会社のカルチャーを支える最も重要な方針であり、社員が判断に迷ったならば、立ち戻るべき指針こそが経営理念であると考えている。したがって、連載コラムのタイトル決定に際しては、相当に時間を費やす結果となった。

当初、投資実行後のハンズオンサポートという役務から、「伴走者」というものを思いついた。マラソンの伴走者は、障害を持たれた方のことを十二分に理解し、その方の設定した目標の達成を、全身全霊でサポートする。共に泣き、共に笑う姿こそ、今回の連載コラムに相応しいのではないか。暫くはこれが良いかと思っていたところ、急に、ある重要なポイントに気づいた。

足りないと、ふと気づいたのは、社会益の視点だった。俗に、三益と言うが、私は社会益、顧客益、自益を三益として明確な判断基準としている。伴走者の場合、走者(顧客)、伴奏者(私)の二人三脚の完成度が追及されるが、社会益の視点がどうにも弱く感じられた。あるいは、間接的な気がしてならなかった。この場合の社会益の追求とは何であるか。

同音異義語で浮かんだのが「伴奏」だ。そう言えば、昨年、懇意にしていただいている元同僚、松田亜有子さんが『クラシック名曲全史 ビジネスに効く世界の教養』をご出版された。一昨年の『クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養』の第二弾である。どちらもクラシック音楽の歴史、音楽家を取り巻く環境など、非常に良くまとまっており、楽しく完読することが出来た。

「伴奏者」とすることにより、聴衆という「社会」が極めて重要な対象となり、上記、三益の調和合一が明確に配置される。結果、伴奏者という一般名詞をシンボリックに使用する事とした。

これから数多くの発信を行いたいと考えているが、三益の調和剛一から外れており、伴奏としてなっていないなどのご指摘があるならば、是非、叱咤激励していただければ幸甚だ。

関連記事

ポストコロナにおける九州の戦略~モノの工場からホワイトカラーの工場へ~

「1割経済」と言われる九州経済。古来よりアジアの窓口として経済的発展を遂げてきたが、コロナの影響と海外の低廉な経営資源との競争により、転換点を迎えている。この記事では、ポストコロナの九州の戦略と可能性に焦点を当て、「モノ」の工場から「ホワイトカラー」の工場への転換、すなわち九州のKPO(Knowledge Process Outsourcingの略)の拠点化の可能性について提言したい。

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

オーナー経営者の出口戦略⑥ 同族企業に潜む少数株主問題

シリーズ「オーナー経営者の出口戦略」第6回目は、同族のオーナー企業におけるガバナンス体制の歪み、税務対策上増えた少数株主が事業承継や事業運営そのものにも影響をもたらした事例を紹介する。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中