「caper」カートで買い物ができるAIスマートショッピングカート

図表
▲各社ホームページ等を参考に、筆者作成

第1回目に取り上げる企業「caper」は2016年にニューヨークで設立。かごの中だけで商品の決済が済んでしまう、画期的なAIスマートショッピングカートの開発・販売を行っており、すでに米国内のいくつかのスーパーマーケットにて導入されている。

レジが要らず、店舗、消費者ともに余計な手間なく簡単に買い物体験を「スマート」にしてくれるだけでなく、消費者の購買意欲を掻き立てる機能もあり、顧客の1回あたりの買い物量(「バスケットサイズ」)が平均18%増加したというデータもある。

導入ハードルを最小限に

スマートカートを用いた小売り店舗のスマート化は、ここ最近すでにいくつかの形態が出現している。海外に目を向けると代表的な事例としてはアメリカのAmazonGo。国内においてもディスカウントスーパーを各地で展開する「トライアルホールディングス」(福岡市)がすでに導入している。caper社のスマートカートはこれらと何が異なるのか、比較してみる。

他の2社については、そもそも無人店舗での運営を前提にしている。店舗内には大量のカメラの設置が必須であり、大きなリノベーションを余儀なくされる。既存のスーパーがこれらの方式を取り入れる場合、店舗の設計ならびに運営について大きな変更が強いられ、初期投資も多く必要となる。

一方で、caperの場合は既存のスーパー等を対象にしている点が大きく異なる。設備の大幅な改装は必要なく、スマートカートを導入するだけでいい。消費者にスマートな購買体験をもたらすのみならず、スーパーにとっても導入に際して大きな負担のない点が大きな違いである。

顧客視点でも煩わしさがない

スキャンイメージ
caper youtubeより 

導入ハードルが低いという点の他に、caper社のスマートカートの大きな特徴は2つある。

1点目は、顧客の視点から見ても、このスマートカートを利用するためにアプリのダウンロードなどといった事前の準備は一切必要なく、余計な手間なしにすぐに利用することができる。

カートに搭載されているカメラによる画像認識の技術で、かごに入れただけで自動的に商品を認識でき、既存のスマートカートであるような顧客自らが商品一つ一つをスキャンする、という煩わしさがない。
また、重量感知センサーにより、青果物など、重量により値段が変わる商品についても問題なく対応できる。

カートで決済が完結

カード払いイメージ
caper youtubeより

決済については、カートについている端末でクレジットカードが使用可能だ。また、スマートフォンでのモバイル決済にも対応している。そのためレジでの店員とのコミュニケーションや行列に並ぶことが不要になる。

これらの機能は、店舗の人員削減による人件費節約、スペースの節約による賃貸料節約などを実現させるだろう。

カートにレコメンド機能

caperイメージ
caper youtubeより 

もう1点は、導入する店舗にとっては最もメリットとなるであろうが、AI・ビッグデータを活用した商品のレコメンデーション機能を有することである。
例えば、かごの中の食材をもとにレシピを提案し、その料理を作るうえで必要な材料を顧客に表示することが出来る。
また、地図機能も搭載しており、画面上に店内マップを表示し、必要な商品やおすすめの商品がどこにあるか、案内してくれる。

これを可能にしているのが、カメラが収集した画像データのディープラーニングである。データ分析により消費者が潜在的に必要としていると考えられる商品を予測し、消費者にレコメンドする。この機能によって消費者の購買意欲を掻き立て、caperを導入した食料品店において、平均バスケットサイズ(顧客あたりの購入量)が18%増加したというデータもある。

対面での接客が不要、コロナ禍で注目

caperのスマートカートはその性質上、コロナ禍において非常に有用であると考えられる。caperのスマートカートによりレジでの会計は不要となるため店員と顧客の接触がなくなり、双方を感染リスクから解放する。
また、レジに並ぶ必要がなくなるためレジ待ちの行列も解消され、いわゆる「密」な状況の発生を防ぐことができる。なお、共同創業者であるAhmed Beshry氏はコロナ禍においてcaperがすべての関係者の健康と安全にコミットすることを表明している。

以前より複数の米国メディアで取り上げられていたが、コロナ禍においてより一層注目を集める企業となりそうだ。

■Zuvaで世界のスタートアップと出会う

上記の事例のみならず、海外においては先進的なスタートアップがいくつも存在する。AIの小売業への応用は、コロナ禍においてはより注目を集められると考えられる。今後、より多くの魅力的なスタートアップが海外において現れるだろう。
caperのような画期的なプロダクトを開発している海外スタートアップを、Zuvaのサービスを使えば、手軽に数クリックするだけで見つけられる。また、Zuva独自のネットワークにより、魅力的なスタートアップへ実際にアプローチすることも可能である。
是非Zuvaを活用して、海外の多くのスタートアップの存在を自ら確かめていただきたい。

Zuva資料はこちら

Zuva有料会員登録はこちら

zuva・GIS室に関するご質問、ご相談等ございましたらお気軽に下記メールアドレスまでご連絡ください。
ファイナンシャル・アドバイザリー部第1部 グローバルイノベーション推進室
ジュニア・アソシエイト 前田竜
r.maeda@frontier-mgmt.com
GIS室メールアドレス
gis@ml.frontier-mgmt.com

経済産業省主催「J-Startup」にサポーター企業として参画

フロンティア・マネジメント株式会社は、経済産業省が主催するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に、2020年10月よりサポーター企業として参画しています。

■J-Startupについて
「J-Startup」は、グローバルに活躍するスタートアップを創出するために、2018年6月に立ち上げられました。実績あるベンチャーキャピタリストやアクセラレータ、大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、J-Startup企業を選定し、大企業やアクセラレータなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民で集中支援を行うプログラムです。
https://www.j-startup.go.jp/

ランキング記事

1

「生存者バイアス」に惑わされるな

オーナー企業の礼賛、選択と集中への傾倒。これらは「生存者バイアス」という色眼鏡を通して物事を見るという、誤った視座によって生み出された幻だ。同じ戦略を採用して、消滅していった企業群への想いをはせ、冷静に企業分析をするクセを付ける必要がある。

2

ソニー中間期決算 エンタメ好調で増収増益 高成長ビジネスモデルへの戦略を期待

ソニーの2020年度の中間決算は、ゲームや音楽などエンタテインメント系事業の好調に支えられ、増収増益となった。コロナ禍における巣ごもり需要だけでなく、一連の経営改革によりリカーリング型ビジネスへの転換を進めた成果が現れた。

3

村上春樹さんから学ぶ経営⑥靴箱の中で生きればいいわ

通勤にかかる時間。2時間/日×250日/年×40年間=2万時間。死ぬ時に後悔すること間違いないでしょう。2万時間の効率化は極めて有意義だと思います。同時に、「人を見たらウイルスと思え」といった極端な文言が見られたほど、人と人との距離をとることが推奨される社会。しかし、そこに潜む危険について考えてみたいと思います。それでは、今月の文章です。

4

ボーンデジタルが席巻 急速進化するコンテンツのヒットパターン

ボーンデジタルと呼ばれる、最初からデジタルでの消費を前提とするコンテンツが、急速に拡がっている。10年ほど前から、ニコニコ動画などからプロのクリエイターが誕生し、アニメファンなどを中心にヒットする事例はあった。しかし、ここ数年では米津玄師やYOASOBI(同年12月までCD未発売)、あいみょんなど、ヒットチャートの上位をネット発のアーティストが占め、従来のヒットパターンが大きく変わっている。

5

産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し

米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきているが、ポストコロナでは生産活動における3密回避や自動化ニーズの高まりもあり、ロボット市場は再び成長軌道に戻るとの見方が根強い。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中