「caper」カートで買い物ができるAIスマートショッピングカート

図表
▲各社ホームページ等を参考に、筆者作成

第1回目に取り上げる企業「caper」は2016年にニューヨークで設立。かごの中だけで商品の決済が済んでしまう、画期的なAIスマートショッピングカートの開発・販売を行っており、すでに米国内のいくつかのスーパーマーケットにて導入されている。

レジが要らず、店舗、消費者ともに余計な手間なく簡単に買い物体験を「スマート」にしてくれるだけでなく、消費者の購買意欲を掻き立てる機能もあり、顧客の1回あたりの買い物量(「バスケットサイズ」)が平均18%増加したというデータもある。

導入ハードルを最小限に

スマートカートを用いた小売り店舗のスマート化は、ここ最近すでにいくつかの形態が出現している。海外に目を向けると代表的な事例としてはアメリカのAmazonGo。国内においてもディスカウントスーパーを各地で展開する「トライアルホールディングス」(福岡市)がすでに導入している。caper社のスマートカートはこれらと何が異なるのか、比較してみる。

他の2社については、そもそも無人店舗での運営を前提にしている。店舗内には大量のカメラの設置が必須であり、大きなリノベーションを余儀なくされる。既存のスーパーがこれらの方式を取り入れる場合、店舗の設計ならびに運営について大きな変更が強いられ、初期投資も多く必要となる。

一方で、caperの場合は既存のスーパー等を対象にしている点が大きく異なる。設備の大幅な改装は必要なく、スマートカートを導入するだけでいい。消費者にスマートな購買体験をもたらすのみならず、スーパーにとっても導入に際して大きな負担のない点が大きな違いである。

顧客視点でも煩わしさがない

スキャンイメージ
caper youtubeより 

導入ハードルが低いという点の他に、caper社のスマートカートの大きな特徴は2つある。

1点目は、顧客の視点から見ても、このスマートカートを利用するためにアプリのダウンロードなどといった事前の準備は一切必要なく、余計な手間なしにすぐに利用することができる。

カートに搭載されているカメラによる画像認識の技術で、かごに入れただけで自動的に商品を認識でき、既存のスマートカートであるような顧客自らが商品一つ一つをスキャンする、という煩わしさがない。
また、重量感知センサーにより、青果物など、重量により値段が変わる商品についても問題なく対応できる。

カートで決済が完結

カード払いイメージ
caper youtubeより

決済については、カートについている端末でクレジットカードが使用可能だ。また、スマートフォンでのモバイル決済にも対応している。そのためレジでの店員とのコミュニケーションや行列に並ぶことが不要になる。

これらの機能は、店舗の人員削減による人件費節約、スペースの節約による賃貸料節約などを実現させるだろう。

カートにレコメンド機能

caperイメージ
caper youtubeより 

もう1点は、導入する店舗にとっては最もメリットとなるであろうが、AI・ビッグデータを活用した商品のレコメンデーション機能を有することである。
例えば、かごの中の食材をもとにレシピを提案し、その料理を作るうえで必要な材料を顧客に表示することが出来る。
また、地図機能も搭載しており、画面上に店内マップを表示し、必要な商品やおすすめの商品がどこにあるか、案内してくれる。

これを可能にしているのが、カメラが収集した画像データのディープラーニングである。データ分析により消費者が潜在的に必要としていると考えられる商品を予測し、消費者にレコメンドする。この機能によって消費者の購買意欲を掻き立て、caperを導入した食料品店において、平均バスケットサイズ(顧客あたりの購入量)が18%増加したというデータもある。

対面での接客が不要、コロナ禍で注目

caperのスマートカートはその性質上、コロナ禍において非常に有用であると考えられる。caperのスマートカートによりレジでの会計は不要となるため店員と顧客の接触がなくなり、双方を感染リスクから解放する。
また、レジに並ぶ必要がなくなるためレジ待ちの行列も解消され、いわゆる「密」な状況の発生を防ぐことができる。なお、共同創業者であるAhmed Beshry氏はコロナ禍においてcaperがすべての関係者の健康と安全にコミットすることを表明している。

以前より複数の米国メディアで取り上げられていたが、コロナ禍においてより一層注目を集める企業となりそうだ。

■Zuvaで世界のスタートアップと出会う

上記の事例のみならず、海外においては先進的なスタートアップがいくつも存在する。AIの小売業への応用は、コロナ禍においてはより注目を集められると考えられる。今後、より多くの魅力的なスタートアップが海外において現れるだろう。
caperのような画期的なプロダクトを開発している海外スタートアップを、Zuvaのサービスを使えば、手軽に数クリックするだけで見つけられる。また、Zuva独自のネットワークにより、魅力的なスタートアップへ実際にアプローチすることも可能である。
是非Zuvaを活用して、海外の多くのスタートアップの存在を自ら確かめていただきたい。

Zuva資料はこちら

Zuva有料会員登録はこちら

zuva・GIS室に関するご質問、ご相談等ございましたらお気軽に下記メールアドレスまでご連絡ください。
ファイナンシャル・アドバイザリー部第1部 グローバルイノベーション推進室
ジュニア・アソシエイト 前田竜
r.maeda@frontier-mgmt.com
GIS室メールアドレス
gis@ml.frontier-mgmt.com

経済産業省主催「J-Startup」にサポーター企業として参画

フロンティア・マネジメント株式会社は、経済産業省が主催するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に、2020年10月よりサポーター企業として参画しています。

■J-Startupについて
「J-Startup」は、グローバルに活躍するスタートアップを創出するために、2018年6月に立ち上げられました。実績あるベンチャーキャピタリストやアクセラレータ、大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、J-Startup企業を選定し、大企業やアクセラレータなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民で集中支援を行うプログラムです。
https://www.j-startup.go.jp/

▼ZUVA紹介動画
『国境を超えたイノベーション戦略』~Zuvaのご紹介~

ランキング記事

1

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

2

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

3

世界でシェアの高いドローンメーカーは?国内メーカーの展望も解説

ドローンは、世界中の産業、工業など幅広い場面で活躍しています。無人で飛び回りさまざまな業務をこなすドローンは、使い方次第でビジネスを大きく変えられる先進技術です。 ドローンの有用性に注目が集まる中、ドローンのメーカー間のシェア争いも激化しています。ドローン市場はメーカーの新規参入や入れ替わりが激しいのが特徴です。日本のドローンメーカーも、より高度な技術開発を急いでいます。 そこでこの記事では、世界でシェアの高いドローンメーカーを解説。また世界でシェアを伸ばす国内ドローンメーカーについてもご紹介します。

4

白酒偏重、中国の酒造業を分析 「貴州茅台酒」時価総額トヨタ超え

中国の酒造業界で、蒸留酒「白酒」(báijiǔ)の割合が増加している。「貴州茅台酒」(Moutai,貴州省)のように、時価総額でトヨタ自動車を上回る企業も現れた。宴席の減少、健康志向、高齢化社会に向かう中でも、どうして拡大傾向を見せているのか。中国の酒造業の現状について考察する。

5

横浜市のIR(統合型リゾート)事業者有力候補 ゲンティン(Genting Singapore)とは

横浜市における統合型リゾート(IR)の事業者の選定が大詰めを迎えている。2021年6月11日に締め切った公募では、ゲンティン(Genting Singapore)とマカオでカジノを運営するメルコ(本社は香港)を中心にした2グループが応募したとみられる。この記事では最有力と目されるゲンティンを通じ、IRの方向性や他企業の参入機会を探る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中