前田 竜 Ryu Maeda

アソシエイト、M&Aアドバイザリー部門 M&Aアドバイザリー第一部

             

職歴

2020年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、ファイナンシャル・アドバイザリー部第1部に所属。

学歴

武蔵大学経済学部卒業、 東京工業大学大学院工学院修士課程修了、 中国 清華大学大学院社会科学学院修士課程修了

執筆一覧

「caper」のスマートカートがもたらす変革(Retail Tech) 海外スタートアップ企業の注目技術①

当社(フロンティア・マネジメント)は2020年5月、米国および中国を中心に世界約100 万社のスタートアップ企業に特化した情報プラットフォームを提供するZuva(ズウバ)株式会社と資本業務提携を行った。これらのデータベース・アクセスを利用することで、海外スタートアップの探索から買収/出資に関するサポートまで、新規事業構築に関する一貫したサービスを提供している。この記事では、「Retail Tech」をテーマに、Zuvaのデータベースより抽出した要注目の海外スタートアップ企業の技術を紹介したい。(caperのHP https://www.caper.ai/ https://www.caper.ai/post/the-rise-of-smart-cartsより引用)

これまでの記事を読む>

人気記事

「caper」のスマートカートがもたらす変革(Retail Tech) 海外スタートアップ企業の注目技術①

当社(フロンティア・マネジメント)は2020年5月、米国および中国を中心に世界約100 万社のスタートアップ企業に特化した情報プラットフォームを提供するZuva(ズウバ)株式会社と資本業務提携を行った。これらのデータベース・アクセスを利用することで、海外スタートアップの探索から買収/出資に関するサポートまで、新規事業構築に関する一貫したサービスを提供している。この記事では、「Retail Tech」をテーマに、Zuvaのデータベースより抽出した要注目の海外スタートアップ企業の技術を紹介したい。(caperのHP https://www.caper.ai/ https://www.caper.ai/post/the-rise-of-smart-cartsより引用)

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中