西澤 純男 Sumio Nishizawa

常務執行役員、事業開発部長 兼 大阪支店長

職歴

1991年に山一證券㈱に入社し、事業開発部、シンジケート部、金融商品開発部と一貫して法人関連業務に従事。1998年にクレディ スイス ファースト ボストン証券会社東京支店(現、クレディ・スイス証券㈱)に入社し、資本市場本部・投資銀行本部にてヴァイスプレジデントとして金融法人を担当、2003年に投資銀行本部ディレクターに就任。2009年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、2010年にマネージング・ディレクター並びに執行役員に就任し、2016年に常務執行役員に就任。

専門

金融業界、金融機関の取引先支援

学歴

早稲田大学政治経済学部卒業

執筆一覧

地方銀行を考える 法人向けソリューションビジネス拡大への期待 ㊦新たな収益軸

ゼロ金利政策、人口減少、コロナショック――。地方銀行は、持続可能な事業モデルの構築へ向けて速度を上げる必要に迫られている。㊦では、金利収入以外の収益軸について考察する。

地方銀行を考える 法人向けソリューションビジネス拡大への期待 ㊤環境の変化

長・短金利差の縮小、ゼロ金利政策と、地方銀行は収益環境の悪化の波にさらされてきた。そこに、コロナショックが地方経済に打撃を与え、追い打ちをかける。このような環境下で、地方銀行は持続可能な事業モデルの構築へ向け、速度を上げる必要に迫られている。

これまでの記事を読む>

人気記事

地方銀行を考える 法人向けソリューションビジネス拡大への期待 ㊦新たな収益軸

ゼロ金利政策、人口減少、コロナショック――。地方銀行は、持続可能な事業モデルの構築へ向けて速度を上げる必要に迫られている。㊦では、金利収入以外の収益軸について考察する。

地方銀行を考える 法人向けソリューションビジネス拡大への期待 ㊤環境の変化

長・短金利差の縮小、ゼロ金利政策と、地方銀行は収益環境の悪化の波にさらされてきた。そこに、コロナショックが地方経済に打撃を与え、追い打ちをかける。このような環境下で、地方銀行は持続可能な事業モデルの構築へ向け、速度を上げる必要に迫られている。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中