村瀬 協吾 Kyogo Murase

マネージング・ディレクター、コーポレート戦略部門

職歴

1992年に三井造船㈱(現、㈱三井E&Sホールディングス)に入社。Proudfoot Japan㈱、㈱ディーバ、㈱シグマクシスを経て、2019年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。

専門

経営戦略全般の策定および新規事業戦略立案、エンジニアリング全般の戦略策定・改革、オペレーション改革による生産性向上(営業、店舗、調達、工場等)

学歴

早稲田大学教育学部卒業

執筆一覧

EVは本当に最適か?③ 水素社会は、実現する

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ3回目は、「水素社会」の実現による脱炭素化の可能性について言及したい。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

EVは本当に最適か? 自動車の次世代燃料革命に必要なもの ①石炭火力は無くならない

欧州、中国中心に自動車のEV(電気自動車)化が先行しており、2050年のカーボンニュートラルに向け、日本は遅れをとっている、と見る向きが多い。しかし、日本が取るべき最適な手段は本当にEVなのだろうか。我が国を取り巻くエネルギー環境と、循環型社会に向けた自動車の次世代エネルギーについて、多面的な考察を全5回でお届けする。

モビリティ分野のメガトレンドを追う

これは「機会」なのか「脅威」なのか。 自動車産業を中心としたモビリティ分野で、デジタル化やCASE(Connected, Autonomous, Sharing, Electric)の進展による業界構造やビジネスモデルの変化がいよいよ現実化しようとしている。 目前に迫った新しい時代を前に、何に注力すればいいのか。どういう体制を取ればいいのか。考察した。

これまでの記事を読む>

人気記事

EVは本当に最適か? 自動車の次世代燃料革命に必要なもの ①石炭火力は無くならない

欧州、中国中心に自動車のEV(電気自動車)化が先行しており、2050年のカーボンニュートラルに向け、日本は遅れをとっている、と見る向きが多い。しかし、日本が取るべき最適な手段は本当にEVなのだろうか。我が国を取り巻くエネルギー環境と、循環型社会に向けた自動車の次世代エネルギーについて、多面的な考察を全5回でお届けする。

モビリティ分野のメガトレンドを追う

これは「機会」なのか「脅威」なのか。 自動車産業を中心としたモビリティ分野で、デジタル化やCASE(Connected, Autonomous, Sharing, Electric)の進展による業界構造やビジネスモデルの変化がいよいよ現実化しようとしている。 目前に迫った新しい時代を前に、何に注力すればいいのか。どういう体制を取ればいいのか。考察した。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

EVは本当に最適か?③ 水素社会は、実現する

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ3回目は、「水素社会」の実現による脱炭素化の可能性について言及したい。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中