欧州と日本の発電コストの違い

欧州と日本の発電コストの違い

ヨーロッパでは2020年に再生可能エネルギーが化石燃料のシェアを初めて上回り、主力電源となった。

普及の背景はコストの低下で、発電コストは日本の半分以下の水準となっている。

近年中国も急速に再生可能エネルギーのコストが低下しており、普及を後押ししている。

日本の発電コストも低下してきており、グリッドパリティが見えてきているとはいえ、欧州とのコスト差は未だ大きく、2050年には主力電源とすることを計画している。

日本の石炭火力発電はなくならない

日本の石炭火力発電はなくならない

日本は主要先進国の中で最も再生可能エネルギー比率が低く、石炭火力発電の比率が全体の3割を占める。

これは、中国、ドイツに次いで3番目に高い。

政府は2030年時点でも火力発電比率を56%見込んでおり〈*1〉、2050年の実現を目指すグリーン成長戦略の中でも、原子力+火力+CCUS※/カーボンリサイクルを合わせて、30%~40%を見込んでいる。〈*2〉

つまり、日本の火力発電はなくならないのである。

※CCUS(Carbon dioxide Capture and Storage)

日本の石炭火力発電はなくならない

日本の石炭火力発電は「悪」なのか

日本の石炭火力発電は「悪」なのか

そもそも、日本の石炭火力発電のCO2排出量は米国や中国に比して少なく、効率面でも世界的に高い水準にある。〈*3〉

高性能な日本の火力発電所を中国で導入すれば、年間700Mt以上のCO2が削減できるという試算もある。(CO2排出量は2016年実績ベース、BPケース※は推計)

※BPケース(Best Practice Case)

また、近年は既存の火力発電設備を生かした、木質ペレットやアンモニアの混焼技術も進んでいる。

木質ペレット混焼では混焼率30%、アンモニア混焼では混焼率20%まで実現している。〈*4〉

CCUSの技術は欧州より進んでおり、この分野で覇権を握る可能性も考えられる。

日本のエネルギー構造を踏まえたEVシフトを

日本のエネルギー構造を踏まえたEVシフトを

周知の通り、EVは大量に電気を使用することになり、エネルギー電源の再エネ化が必須であるが、日本は欧州とはエネルギーミックスが大きく異なる。火力発電は基幹産業として日本に根付いており、政府としても、それを生かした技術改革、産業構造転換を目指しているといえる。

日本の火力発電は、2050年になってもなくならないのである。

EVを増やしても、CO2は減らない

だとすると、EVをいくら増やしても、走行時のCO2排出はゼロだが、肝心の動力エネルギーである電力供給時にCO2を排出し続けることになる。

自動車のEV化戦略は、国家の電力戦略と連動すべきである。国によって電力事情が異なるため、石炭依存の低い欧州の自動車エネルギー戦略とは、当然異なってくる。

自動車の次世代燃料革命について、日本独自の戦略があって然るべきなのである。

では、カーボンニュートラル達成に向け、日本の自動車産業構造転換の最適解は何か。次回以降、EV化に代わるエネルギー戦略について、シリーズで考察をお届けする。

執筆は以下のチームで担当いたします。
◆自動車・エネルギー産業構造転換タスクフォース
村瀬協吾
今堀元皓
津村裕之

第2回次世代燃料①e-fuel
第3回次世代燃料②水素/アンモニア
第4回次世代燃料③常温核融合
第5回次世代燃料革命と日本企業に求められるもの

*1:経済産業省 資源エネルギー庁「2030年エネルギーミックス実現へ 向けた対応について ~全体整理~」
*2:経済産業省 資源エネルギー庁「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」
*3:Ecofys「International comparison of fossil power efficiency and CO2 intensity – Update 2018」
*4:三菱重工「微粉炭バイオマス高混焼率発電設備の運転実績」
(一社)グリーンアンモニアコンソーシアム
「燃料アンモニア バリューチェーン構築に向けた取組」

▼次回記事はコチラ
EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中