イスラエル、イギリス…革新的ソリューション提供のスタートアップ

図1 Eureka Park
図1 Eureka Park

ヘルスケア、ウェルネス関連として興味深い展示を行っていたのは、Nutriccoと、DnaNudgeの2社だ。

イスラエル発のNutriccoはユーザーの食生活や健康状態に応じて、最適な健康サプリメントを提供するマシンを開発した。NutriccoのNutricco Smart Dispensing Machineは、コーヒーマシンサイズのディスペンサーに予め10種類程度の健康サプリメントを充填しておけば、ユーザープロフィールや毎日の食生活をスマホから入力するだけで、最適な種類・量のサプリメントが提供されるという仕組みだ。

イギリスのスタートアップDnaNudgeも併せて紹介したい。DnaNudgeのリストバンド型のプロダクトはDnaBandと呼ばれる。ユーザーは購入時にDNA検査を受診し、それに応じてユーザー固有のバーコードリーダーが搭載されたDnaBandを手に入れる。このバーコードリーダーを用いてスーパーマーケットで並ぶ食品をスキャンすると、その食品がユーザーの体に合う/合わない食べ物か、判別してくれるという仕組みだ。

両プロダクトとも、ユーザーの生体情報や日常生活から情報を集めて分析して、ユーザー自身の理解・想像を上回るソリューションを提供する点が革新的だ。

私たちは時に、自分の健康を誰よりも知っているのは自分だ、と思い込んでしまう。

しかし本当にそうだろうか。恥ずかしながら、CES米国出張から帰国後、筆者は39℃超の熱を記録するほど体調を崩してしまった。長時間移動や生活環境の変化が原因と推察するが、こういった日々の変化に機微に対応してくれる健康サプリメントディスペンサーや食生活アドバイス機能付きバンドがあったら、どれだけ便利だろうか。そんな力強いビジョンと未来を予感させる2社の展示だった。

注目度低い日本のスタートアップ

 図2 CES2020に出展していたスタートアップ企業
図2 CES2020に出展していたスタートアップ企業

一方で、スタートアップという領域に関して、日本勢の注目度は決して高くなかった。国単位ではJ-Startupsとして会場の一角を形成していたが、やはりEureka Parkで人気を博していたのは、イスラエル勢、フランス勢だろう。両国とも産業政策としてスタートアップ育成に本腰を入れており、その成果が表れる結果となった。

Samsung C-Labの展示は1企業の社内インキュベーションプログラムにも関わらず、ブース面積はJ-Startupsの一角を優に超える広さだった。

2012年に始まったCreative Lab(C-Lab Inside。社外スタートアップ対象のC-Lab Outsideの展示もあった)は1年間という期限を設けて、社員を現業以外のイノベーションプロジェクトに従事させるプログラムだが、C-Lab発の注目すべきスタートアップを挙げるならば、”Selfie Type”と“Sunnyside”だ。

Selfie Typeはセルフィーカメラ(インカメラ)で指の動きを捉えるバーチャルキーボード(写真16)、Sunnysideは窓の形をしたライティングデバイスで、人工的に日光を作り出す。どちらもアイデア先行プロダクトである点は否めないが、Samsungという大企業の傘の下でこうした尖ったプロダクトが創造され続けている点は非常に示唆深い。

さて、一方で日本企業はどうだったか。Eureka Parkで日本勢の存在感が薄かったことは先述の通りだ。国内スタートアップ育成については、話が産業政策含めて多方面にまで広がってしまうため、ここでは大企業による社内インキュベーションに限定して論じたい。

CES2020に出展していた日本の大企業にも社内スタートアップ育成やオープンイノベーション、CVCに注力している企業は少なくない。

具体名を挙げれば、ソニー(CVC “Innovation Fund”やインキュベーションプログラム“SSAP”など)やパナソニック(社内インキュベーション”Game Changer Catapult“)などは一定の成功を納めたと言えるのではないか。

ただ、こういった成功例はまだ限定的で、全体としては取り組みが遅れている。あまねく企業がSamsungと同じように積極的に振る舞えというのは無理筋だが、大企業内部から立ち上げ期にグローバル市場獲得を目標に掲げるスタートアップが出てこなければ、今回のCESで感じた日本勢との決定的な差は拡大する一方ではないか。

国内大手では各社で社内インキュベーションの取り組みが始まっている、との声を耳にする。粗削りでも構わないので、CESのようなイベントに展示することで、外部からのフィードバックを取り込んでいくのも一策と考える。

来年度訪問者へのメッセージ

図3 CES2020の会場になったアメリカ・ラスベガス
図3 CES2020の会場になったアメリカ・ラスベガス

もし来年以降、CES(Eureka Park)に有望スタートアップ探索を目的に足を運ぼうとしている方がいれば、伝えたいことがある。

2020年は約1,200のスタートアップが出展していたが、アイデア勝負の企業も多く、このうち、資金調達ラウンドを順調に重ねて、実際にプロダクト/サービスが市場に出るケースはほんの一握りだ。

そんな1年後には息絶えているかもしれない玉石混交のスタートアップの大群を前に、将来の生存者を見極めるのは至難の業。

では、Eureka Parkではどう振舞うのが正解か。

答えは簡単だ。とにかくスタートアップブースの担当者に話しかけることだ。他会場のグローバル大企業とは異なり、スタートアップブースには創業幹部が直接対応してくれることが多い。スタートアップとの会話から得た”生の声“は日本への貴重な手土産になることは間違いない。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中