イスラエル、イギリス…革新的ソリューション提供のスタートアップ

図1 Eureka Park
図1 Eureka Park

ヘルスケア、ウェルネス関連として興味深い展示を行っていたのは、Nutriccoと、DnaNudgeの2社だ。

イスラエル発のNutriccoはユーザーの食生活や健康状態に応じて、最適な健康サプリメントを提供するマシンを開発した。NutriccoのNutricco Smart Dispensing Machineは、コーヒーマシンサイズのディスペンサーに予め10種類程度の健康サプリメントを充填しておけば、ユーザープロフィールや毎日の食生活をスマホから入力するだけで、最適な種類・量のサプリメントが提供されるという仕組みだ。

イギリスのスタートアップDnaNudgeも併せて紹介したい。DnaNudgeのリストバンド型のプロダクトはDnaBandと呼ばれる。ユーザーは購入時にDNA検査を受診し、それに応じてユーザー固有のバーコードリーダーが搭載されたDnaBandを手に入れる。このバーコードリーダーを用いてスーパーマーケットで並ぶ食品をスキャンすると、その食品がユーザーの体に合う/合わない食べ物か、判別してくれるという仕組みだ。

両プロダクトとも、ユーザーの生体情報や日常生活から情報を集めて分析して、ユーザー自身の理解・想像を上回るソリューションを提供する点が革新的だ。

私たちは時に、自分の健康を誰よりも知っているのは自分だ、と思い込んでしまう。

しかし本当にそうだろうか。恥ずかしながら、CES米国出張から帰国後、筆者は39℃超の熱を記録するほど体調を崩してしまった。長時間移動や生活環境の変化が原因と推察するが、こういった日々の変化に機微に対応してくれる健康サプリメントディスペンサーや食生活アドバイス機能付きバンドがあったら、どれだけ便利だろうか。そんな力強いビジョンと未来を予感させる2社の展示だった。

注目度低い日本のスタートアップ

 図2 CES2020に出展していたスタートアップ企業
図2 CES2020に出展していたスタートアップ企業

一方で、スタートアップという領域に関して、日本勢の注目度は決して高くなかった。国単位ではJ-Startupsとして会場の一角を形成していたが、やはりEureka Parkで人気を博していたのは、イスラエル勢、フランス勢だろう。両国とも産業政策としてスタートアップ育成に本腰を入れており、その成果が表れる結果となった。

Samsung C-Labの展示は1企業の社内インキュベーションプログラムにも関わらず、ブース面積はJ-Startupsの一角を優に超える広さだった。

2012年に始まったCreative Lab(C-Lab Inside。社外スタートアップ対象のC-Lab Outsideの展示もあった)は1年間という期限を設けて、社員を現業以外のイノベーションプロジェクトに従事させるプログラムだが、C-Lab発の注目すべきスタートアップを挙げるならば、”Selfie Type”と“Sunnyside”だ。

Selfie Typeはセルフィーカメラ(インカメラ)で指の動きを捉えるバーチャルキーボード(写真16)、Sunnysideは窓の形をしたライティングデバイスで、人工的に日光を作り出す。どちらもアイデア先行プロダクトである点は否めないが、Samsungという大企業の傘の下でこうした尖ったプロダクトが創造され続けている点は非常に示唆深い。

さて、一方で日本企業はどうだったか。Eureka Parkで日本勢の存在感が薄かったことは先述の通りだ。国内スタートアップ育成については、話が産業政策含めて多方面にまで広がってしまうため、ここでは大企業による社内インキュベーションに限定して論じたい。

CES2020に出展していた日本の大企業にも社内スタートアップ育成やオープンイノベーション、CVCに注力している企業は少なくない。

具体名を挙げれば、ソニー(CVC “Innovation Fund”やインキュベーションプログラム“SSAP”など)やパナソニック(社内インキュベーション”Game Changer Catapult“)などは一定の成功を納めたと言えるのではないか。

ただ、こういった成功例はまだ限定的で、全体としては取り組みが遅れている。あまねく企業がSamsungと同じように積極的に振る舞えというのは無理筋だが、大企業内部から立ち上げ期にグローバル市場獲得を目標に掲げるスタートアップが出てこなければ、今回のCESで感じた日本勢との決定的な差は拡大する一方ではないか。

国内大手では各社で社内インキュベーションの取り組みが始まっている、との声を耳にする。粗削りでも構わないので、CESのようなイベントに展示することで、外部からのフィードバックを取り込んでいくのも一策と考える。

来年度訪問者へのメッセージ

図3 CES2020の会場になったアメリカ・ラスベガス
図3 CES2020の会場になったアメリカ・ラスベガス

もし来年以降、CES(Eureka Park)に有望スタートアップ探索を目的に足を運ぼうとしている方がいれば、伝えたいことがある。

2020年は約1,200のスタートアップが出展していたが、アイデア勝負の企業も多く、このうち、資金調達ラウンドを順調に重ねて、実際にプロダクト/サービスが市場に出るケースはほんの一握りだ。

そんな1年後には息絶えているかもしれない玉石混交のスタートアップの大群を前に、将来の生存者を見極めるのは至難の業。

では、Eureka Parkではどう振舞うのが正解か。

答えは簡単だ。とにかくスタートアップブースの担当者に話しかけることだ。他会場のグローバル大企業とは異なり、スタートアップブースには創業幹部が直接対応してくれることが多い。スタートアップとの会話から得た”生の声“は日本への貴重な手土産になることは間違いない。

▼過去記事はこちら
CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (1)5Gの動向
CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (2)今後のゲーム業界のゆくえ
CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (3)デジタル×ヘルスケアのいま
CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (4)モビリティ業界の動向

関連記事

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

EVは本当に最適か? 自動車の次世代燃料革命に必要なもの ①石炭火力は無くならない

欧州、中国中心に自動車のEV(電気自動車)化が先行しており、2050年のカーボンニュートラルに向け、日本は遅れをとっている、と見る向きが多い。しかし、日本が取るべき最適な手段は本当にEVなのだろうか。我が国を取り巻くエネルギー環境と、循環型社会に向けた自動車の次世代エネルギーについて、多面的な考察を全5回でお届けする。

対談ウェビナー②「役員のチームビルディング」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

日本企業の変革を阻んでいるのは何か。大企業が抱える病理とは…。株式会社スコラ・コンサルト創業者の柴田昌治氏と、フロンティア・マネジメント株式会社大西正一郎代表の対談ウェビナー、第2回目は変革のための「役員のチームビルディング」について語り合います。

ランキング記事

1

プロスポーツチームの戦略オプション コロナ禍でとるべき選択とは

近年、国内においてサッカー、野球、バスケットボールを中心に各種競技でプロスポーツチームが多数誕生しており、スポーツ市場は拡大傾向にある。一方、経営状況が厳しいチームが多く、組織の維持・発展に向けては、地域・チーム特性を活かした独自戦略の構築が求められている。

2

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

3

マスクの基準ない国、日本 JIS規格採用で生活の「質」改善を

マスク着用は、「生活習慣」として定着した。COVID-19(新型コロナウイルス)感染症の拡大から約1年半、性能や品質に基準のなかった日本で、業界団体によりJIS規格導入の動きが進む。本稿ではマスクの機能的な進化と課題、今後の方向性について考察した。

4

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中