5G見据えたクラウドゲーミングの時代

グーグルの出展エリア
図1 グーグルの出展エリア

CES2020で目立っていたトレンドは大きく2つある。

1つ目は5G時代を見据えたクラウドゲーミングの到来。2つ目は没入感を提供するためのゲーム周辺機器の登場だ。ただ残念なことに、1つ目のクラウドゲーミングについては、主役級の企業が 不在で目ぼしい展示はなかった。Googleブースでは、STADIA専用コントローラーの展示はあったが、Google Assistantによるスマートホームへの貢献が展示の大半を占めていた。またApple、Nvidiaも展示はなかった。

しかし、5Gを活用したクラウドゲーミングを見据えた周辺機器の展示があったので紹介したい。ゲーム周辺機器メーカーのRazerが発表した左右に分離するゲームコントローラー“Razer Kishi”だ。

“Razer Kishi”
図2 “Razer Kishi”

スマホの両側に取り付ける仕様で、Nintendo Switchのような形状でプレイできる。NvidiaのクラウドゲームサービスGeForce NOWにも対応しており、5G時代を見据えた発表であることは明らかだ。

この発表を巡っては「発売後、人気が続くSwitchに似せてきた」という声もあるが、筆者は異なる見方をしている。ストリーミングによる本格的なPvP(対人戦)が広まると、当然操作性が重視されるようになる。スマホ画面上のボタンに比べて、操作性に優れたコンソール機のコントローラーのような形状に近づいていくのは自然の成り行きだ。

没入感を増幅するハードウェア登場

AR/VRゲームを体験する人々
図3 AR/VRゲームを体験する人々

2つ目のトレンド、没入感を提供するための周辺機器についても、注目事例を取り上げたい。

突然だが、Magic Leapという会社をご存じだろうか。2017年~2018年頃にGoogleなどから巨額の出資を集めて注目を浴びたAR/MRスタートアップだ。2018年8月に最初のプロダクト「Magic Leap One Creator Edition」を2,295ドル(約25万円)で発売したが、その後の売れ行きは芳しくないようだ。

連日大きな人だかりを作っていたのは、Magic Leapのライバルでもある中国企業Nreal(エヌリアル)だ。彼らの製品“Nreal Light”は重量88g、見た目は少し大きめのサングラスといった自然なデザインだ。詳細には立ち入らないが、視野角の広さ(片目52度)、6DoFといったスペックは特筆に値する。こういった軽さ、デザイン、スペックを実現しながら、販売価格は499ドルを予定している点が、注目を集めた理由だ。

Magic LeapやMicrosoftのHololensをはじめ、コンシューマー向けのAR/MRグラスとしていまだ成功した例はない。実物を見て触った筆者としても、次こそは、と期待してしまう。NrealはKDDIと提携を結んでおり、日本市場での将来的な展開も期待できる。

実はMagic LeapもNTTドコモと提携して日本市場での販売を画策していたそうだ。販売不振にあえぐ現在、国内投入計画が白紙化されたかは知る由もないが、通信キャリアとAR/MRグラスの相性が良いのも確かということだ。Magic Leapの二の舞とならず、国内発売までこぎ着けてくれることを祈っている。

ゲーム、AR/VR業界に限れば、日本企業のCES2020での存在感は極めて低かった。勿論PlayStation5の情報開示が注目を集めたのは確かだが、それは日本企業が元来得意とするコンソールゲーム市場(家庭用ゲーム専用機)での順当な進化と言える。

クラウドゲーミングやAR/VRといった新しいハードウェアの胎動が始まるなか、日本企業が取り残されていくのでは、という危機感を抱いた。

先にも述べたが、ゲーム業界でうねるトレンドに対して日本企業がフォロワーに徹してしまっている点が、大きな課題と言える。確かにコンソールゲームでは日本勢は圧倒的かもしれない。しかしこのままでは、ITジャイアントをはじめとする新興勢力に市場を奪われてしまうバッドシナリオも考えられる。

今後の日本企業の対応

ソニーの出展ブース
図4 ソニーの出展ブース

日本企業(コンソール陣営)の打ち手は大きく2つだ。

1つ目はコンソールゲームで培ったハードウェアの強みをさらに突き詰めていく方向だ。コンソールの定義をゲームから広げて、ロボットや様々なハードウェアを容易にプログラミング、操作するハードウェアプラットフォームを目指す。換言すれば、ITジャイアントのストリーミングゲーム攻勢に“手触り感”のあるハードウェアで対抗する戦略だ。

2つ目はさきほど紹介したNrealのような新しいデバイスイノベーションを取り込んでいく方向だ。PlayStation VRがそうであったように、VR/AR/MRは決してコンソール機と相性が悪い分野ではない。新たなデバイスを開発して、コンソールゲームによる体験を拡張できれば、ゲーム業界での存在感を維持できるだろう。

ランキング記事

1

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

2

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

3

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

4

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

5

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中