スマート農業とは。日本の農業の課題解決策として期待

農林水産省が主導する「スマート農業実証プロジェクト」は、2019年から、全国でスタートしている。スマート農業は、ICT、AI、ロボットなどの先端技術を活用して、農作業の生産性改善、収穫量アップ、農作物の品質改善などを促すものであり、日本の農業の課題である高齢化や人手不足の問題を解決することを目的としている。実証で得られたデータは、農業従事者に幅広く発信されるため、農業の生産性改善に繋がることが期待される。

コロナの影響でスマート農業実証を緊急的に追加実施

農林水産省は4月、「労働力不足の解消に向けたスマート農業実証」の公募を開始した。この背景は、新型コロナウィルスの感染者拡大に伴い、農業分野における人手不足が深刻化したためだ。2020年度2次補正予算に10.5億円が計上され、6月に実証を行う事業者が選定された。今回の公募では、労働力不足の解消に有効な技術の実証に重点が置かれている。

日本における農業の課題:就業人口の減少と高齢化の進展

日本の農業就業人口は、2000年末389.1万人から2019年末168.1万人と大幅に減少しており、今後も減少が続くと予想されている。

また、農業就業人口に占める65歳以上の占める構成比は2000年末52.9%から2019年末70.2%、平均年齢は同61.1歳から67.0歳とともに上昇し、高齢化も進展している。

こうした環境下、若年層の農業従事者の確保、もうかる農業の仕組みづくり、熟練農家の技能継承などのために、ICT(情報通信技術)を農業分野にも活用する動きが活発化してきている。

スマート農業の事例:ICTを活用した自動走行農機なども登場

日本の農業機械メーカー各社は、ICTを活用した情報管理システムや農業機械を投入している。既に、自動運転および自動運転アシスト機能付きのトラクタ、コンバイン、田植機、自動収穫ロボットなどが販売されている他、ドローンを活用した農薬散布なども行われている。これらの製品は、熟練工の作業を代替できるとともに、作業効率の向上、収穫量のアップ、省人化などに寄与している。

トータルソリューション力を強化する動き

また、農業機械メーカーにとって、顧客である農家の収益改善につながるソリューション力を高めることが重要になりつつある。このため、センシング、計測、データ分析などの技術が必要となっており、農業機械メーカーでは、これらの技術を有する企業との協業や提携などを進めている。

農業機械大手のクボタは、米国の自動収穫ロボットなどを手掛けるスタートアップ企業3社に出資するとともに、6月にはシリコンバレーにAgriTech(日本のスマート農業と同義語)関連のスタートアップ企業と提携するための拠点を設置する。

今後、農業機械メーカーでは、ICT、AI、ロボット、データ分析のノウハウ蓄積により、農家に対するトータルソリューション力を強化することが重要となりそうだ。

スマート農業普及への政府のバックアップも重要

スマート農業は、日本の農業の課題解決策として期待される。普及を促進するためには

(1)農家の大規模化
(2)スマート農業導入のための農業機械や関連機器の低価格化
(3)高齢者へのICTツールの教育
(4)若者の農業への就業促進

などの課題も抱えており、国策として政府の後押しも必要となりそうだ。

関連記事

事業承継M&A オーナー経営者に配慮すべき4つの視点

事業承継M&Aを進める際に最も大切なのは、売り手側のオーナー経営者との向き合い方だ。多くの場合、オーナー経営者は大株主であり、資産家であり、地域の名士でもある。個人と会社の資産が一体となっている場合も多く、経済合理性だけでは話が進まない場合も多い。M&A交渉においてオーナー経営者と向き合う際の留意点を4つの視点からまとめてみた。

GMO、あえて進める親子上場 古くて新しいガバナンス

今回は、GMOグループのガバナンスに関する考え方を取り上げたい。GMOグループは2020年12月現在、10社が上場。今後もグループ約130社のうち、20~30社程度を上場したほうが良いと考えている模様だ。いわゆる「親子上場」の解消に動く昨今の流れと逆行する背景には、創業以来進めている熊谷正寿代表の基本的な考え方が反映されている。

RIZAP(ライザップ)をやってみた 社外取としての体験記

筆者は2020年6月、RIZAP(ライザップ)の社外取締役に就任した。同社のマネジメントに外部の目を生かして関わる以上、RIZAPの商品・サービスを経験しなければ始まらない。ということで、就任と同時に「ボディメイク」と呼ばれるRIZAPのサービスを開始。コロナによる自粛生活で生涯最高水準に達した筆者の体重は、現在ピーク比で▲10kgとなった。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中