スマート農業とは。日本の農業の課題解決策として期待

農林水産省が主導する「スマート農業実証プロジェクト」は、2019年から、全国でスタートしている。スマート農業は、ICT、AI、ロボットなどの先端技術を活用して、農作業の生産性改善、収穫量アップ、農作物の品質改善などを促すものであり、日本の農業の課題である高齢化や人手不足の問題を解決することを目的としている。実証で得られたデータは、農業従事者に幅広く発信されるため、農業の生産性改善に繋がることが期待される。

コロナの影響でスマート農業実証を緊急的に追加実施

農林水産省は4月、「労働力不足の解消に向けたスマート農業実証」の公募を開始した。この背景は、新型コロナウィルスの感染者拡大に伴い、農業分野における人手不足が深刻化したためだ。2020年度2次補正予算に10.5億円が計上され、6月に実証を行う事業者が選定された。今回の公募では、労働力不足の解消に有効な技術の実証に重点が置かれている。

日本における農業の課題:就業人口の減少と高齢化の進展

日本の農業就業人口は、2000年末389.1万人から2019年末168.1万人と大幅に減少しており、今後も減少が続くと予想されている。

また、農業就業人口に占める65歳以上の占める構成比は2000年末52.9%から2019年末70.2%、平均年齢は同61.1歳から67.0歳とともに上昇し、高齢化も進展している。

こうした環境下、若年層の農業従事者の確保、もうかる農業の仕組みづくり、熟練農家の技能継承などのために、ICT(情報通信技術)を農業分野にも活用する動きが活発化してきている。

スマート農業の事例:ICTを活用した自動走行農機なども登場

日本の農業機械メーカー各社は、ICTを活用した情報管理システムや農業機械を投入している。既に、自動運転および自動運転アシスト機能付きのトラクタ、コンバイン、田植機、自動収穫ロボットなどが販売されている他、ドローンを活用した農薬散布なども行われている。これらの製品は、熟練工の作業を代替できるとともに、作業効率の向上、収穫量のアップ、省人化などに寄与している。

トータルソリューション力を強化する動き

また、農業機械メーカーにとって、顧客である農家の収益改善につながるソリューション力を高めることが重要になりつつある。このため、センシング、計測、データ分析などの技術が必要となっており、農業機械メーカーでは、これらの技術を有する企業との協業や提携などを進めている。

農業機械大手のクボタは、米国の自動収穫ロボットなどを手掛けるスタートアップ企業3社に出資するとともに、6月にはシリコンバレーにAgriTech(日本のスマート農業と同義語)関連のスタートアップ企業と提携するための拠点を設置する。

今後、農業機械メーカーでは、ICT、AI、ロボット、データ分析のノウハウ蓄積により、農家に対するトータルソリューション力を強化することが重要となりそうだ。

スマート農業普及への政府のバックアップも重要

スマート農業は、日本の農業の課題解決策として期待される。普及を促進するためには

(1)農家の大規模化
(2)スマート農業導入のための農業機械や関連機器の低価格化
(3)高齢者へのICTツールの教育
(4)若者の農業への就業促進

などの課題も抱えており、国策として政府の後押しも必要となりそうだ。

関連記事

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

PEファンドの底力③日本産業推進機構による「ぶんか社」への投資事例から

PEファンドはどのように投資先を選び、どのような取り組みで投資先企業を成長させているのか。このシリーズでは、具体的なケースから普段のPEファンドの姿を紹介する。 連載③は、女性向けマンガに強みを持つ「ぶんか社」の事業承継案件を取り上げる。投資後のバリューアップ手法に焦点を当て、その企業価値向上の手法を紹介したい。日本産業推進機構(NSSK)代表取締役社長の津坂純氏にお話を伺った。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中