①5Gの動向

世界中のテクノロジー関連企業が集まる祭典は今年で53回目。名だたる大企業が最新技術を発表するが、全般的に日本企業の出遅れ、存在感の薄さが目立った。

CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (1)5Gの動向

②今後のゲーム業界のゆくえ

ゲーム業界に焦点を絞ってCES2020を振り返ってみると、まずソニーによるPlayStation5の詳細発表が思い出されるが、本記事ではそれ以外の注目すべきトレンドを取り上げる。 2019年のゲーム業界の話題をさらったのは、いわゆるITジャイアントと呼ばれるGoogleやApple、Microsoftなどだった。

簡単に振り返ると、Googleは2019年3月にゲームストリーミングサービス“STADIA”を発表。iPhoneという圧倒的なインストールベースをてこにしたAppleによる定額制ゲームサービス”Arcade“も話題をさらった。MicrosoftとソニーによるAI・クラウド分野での戦略的提携に向けた動きもあった。こういった昨年の動きを踏まえて、今年のCESはどうだったか、早速見ていきたい。

CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (2)今後のゲーム業界のゆくえ

③デジタル×ヘルスケアのいま

日本国内では2025年、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上というこれまでにない「超・超高齢社会」を迎える。 その影響は医療分野にとどまらず、介護の分野にも影響している。介護士の数が追いつかず、介護を受けられない人が出ることが予想されていることから、高齢者や介護者を対象としたソリューションが期待されているのがデジタルヘルスの分野だ。

ヘルスケア業界が目指している「医療の質向上」「医療費の抑制」「医療へのユニバーサルアクセス(誰でも医療が受けられる)」の実現において、デジタルヘルスによるソリューションは必須で、高齢者や介護者だけでなく、昨今では健康への意識も高まっている。 今回のCES2020では、健康状態をモニタリングできるウェアラブルデバイスだけでなく、睡眠ケアソリューション(スリープテック)が目立った。

CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (3)デジタル×ヘルスケアのいま

④モビリティ業界の動向

CES2020では、3エリアにまたがって3種類の展示スペースがあった。

まず、Tech Eastと呼ばれるエリアでは、モビリティ関連(Travel&Tourism、Self-Driving Technology、Smart Cities)とその他各種の先端技術領域(3D Printing、AI&Robotics、Drones、Enterprise Solutions、High-Tech Retailing)に関連して、世界の名だたる企業がこぞって試作品や最新プロダクトを展開していた。

Tech Westエリアでは、一般消費者の日常的な生活に関わる分野(Family Tech、Smart Home、Health & Wellness、Fitness、Sleep Tech、Wearables、Digital Money)の展示と1,200を超える世界中の先端ベンチャー企業が集結する「Eureka Park」があった。

そしてTech Southエリアには、通信・メディア・エンターテイメントに関わる領域を中心に、Sports Tech関連やマーケターやクリエイター向けのコンテンツが展開された。

このエリア分けからは、主催者である全米民生技術協会(CTA)や世界各地から電子機器の商談をするためにやってくる各企業人たちが、当領域のプレイヤーの主要ドメインを(1)モビリティ・都市、(2)生活家電、(3)メディア・コンテンツの3種類に分類して認識していることが読み取れる。ここではその3領域のなかから、もっとも日本企業の展示が多かった(1)モビリティ・都市の領域を取り上げる。

CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (4)モビリティ業界の動向

⑤スタートアップが走る道

CESがスタートアップの祭典として、世界的に有数の規模を誇ることをご存じだろうか。

もちろんグローバル家電や自動車メーカーなどの派手な発表を前にすると、その存在感はかすむが、CES2020には約1,200社のスタートアップが集結していた。その大半は“Eureka Park”というエリアにブースを設置。本記事ではEureka Park中心に、テーマを絞って話題を集めていたスタートアップを紹介する。

CES2020 現地からの報告~5Gからスタートアップ動向まで~ (5)スタートアップが走る道

関連記事

「村上春樹さんから学ぶ経営」シリーズ

弊社執行役員・村田 朋博が連載する「村上春樹から学ぶ経営」シリーズ。2001年に「第14回日経アナリストランキング1位(半導体、電子部品)」となった村田が世の中の経営に対して、独自の切り口で議論する。

鉄スクラップ考②小資源国日本の貴重な資源

日本は言わずと知れた小資源国である。石炭や石油などの化石燃料をはじめ、多くの資源を輸入に依存している。しかし、その中で、豊富な蓄積量を誇る数少ない資源がある。それが、鉄スクラップである。前回の特集では、鉄スクラップが景気の先行指標として有用であることを述べたが、シリーズ第二弾の今回は、日本の鉄スクラップの市場動向についてみていきたい。

哲学とビジネス➀ (ジョン・スチュアート・ミルから学ぶこと)

哲学と聞くと、難しい学問のイメージがあり、実社会とは切り離された存在に感じられる。しかし、哲学は、物事の「本質」を洞察しながら、世の中の問題を解き明かすための「考え方」を見出す営みなので、実社会のビジネス上の課題解決にも役立つ学問のはずだ。今回は、イギリスの著名な哲学者であるジョン・スチュアート・ミルの考えをご紹介しながら、ビジネス界のテーマの本質を考えてみる。

ランキング記事

1

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

2

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中