ベビーテックとは?

ベビーテック(BabyTech)とは、「Baby(赤ちゃん)」と「Tech(テック、テクノロジー)」を合わせた造語で、育児や保育を効率化し、保護者の負担を軽減するための製品・サービス・テクノロジーの総称です。

とくに子育てにかけられるリソースが少ない核家族世帯や共働き世帯、シングルマザー/ファーザーでは、子育ての効率化は喫緊の課題です。

ベビーテックは、母親の負担が大きい妊娠・出産・産後の時期や、子育ての負荷が高い新生児~小学校入学前(未就学)の時期をターゲットに選び、子育てをするすべての人をサポートしています。

ベビーテックの注目度は近年高まりつつあります。

2016年には世界最大級の電子機器の見本市であるCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)で、ベビーテック製品が取り上げられました。

日本でも、2019年にBabyTech Award Japan 2019が開催され、子育てにITやIoTを活用する動きが高まっています。

なぜ今ベビーテックが注目されているのか?市場規模と普及の背景

ベビーテックの市場規模は拡大しています。

なぜ、今ベビーテックが注目されているのでしょうか。ベビーテック製品の普及が急速に進む背景を解説します。

ベビーテックの市場規模は拡大傾向にある

矢野経済研究所の調査によると、日本国内のベビー用品・サービスの市場規模は、2018年の時点で4兆1,210億円です。

前年比4.5%増であり、市場は拡大傾向です。[注1]

ベビー用品・サービスの市場は、少子化が進行し、出生数が減少しているため、内需の拡大という観点から、長期的な漸減トレンドが予想されていました。

なぜベビー用品・サービスの市場は拡大しているのでしょうか。

その一因として挙げられるのが、育児・保育の負担を軽減し、子どもの健やかな成長を守るためのテクノロジーへの需要の高まりです。

たとえば、赤ちゃんの体にやさしいベビーフードや粉ミルク、スキンケアアイテム、利便性の高い哺乳関連用品のマーケットが伸長しています。

子育ての負担を軽減するベビーテックの市場も、このトレンドをベースに今後拡大していくと予想されています。

ベビーテック普及の背景を読み解く3つのポイント

ベビーテックのマーケットが拡大している背景を詳しく見てみましょう。

ベビーテックへの関心が高まる要因として、次の3つのポイントが挙げられます。

  • 核家族化が進み、複数の世帯で子育てを分担できなくなった
  • 共働き夫婦が増加し、子育てにかけられるリソースが減少した
  • 晩婚化によって、「子育て」と「介護」が重なるダブルケアラーが増加した

とくに注意が必要なのが、晩婚化にともなう「ダブルケア」の問題です。

女性の出産年齢が高齢化したため、子育てを行う時期と両親・義父母の介護を行う時期が重なるケースが増えています。

内閣府男女共同参画局の2016年の調査によれば、ダブルケアラーの人口は約25万人(女性約17万人、男性約8万人)と推計されており、多くの方々が育児・介護の両面の負担を抱えています。[注2]

その解決策となりうるのが、子育ての負担を軽減するベビーテック製品です。

ベビーテックが期待される5つの領域

ベビーテックの導入効果が期待される領域は、大きく分けて5つ存在します。

1.Baby Eats(赤ちゃんの授乳や食事)

第一の領域は「赤ちゃんの授乳や食事」です。

ベビーテックを活用すれば、授乳を行う母親の負担軽減や、食事の安全性を高められます。

たとえば、電動さく乳機器は乳房の負荷を抑えて、授乳をアシストします。

また、授乳・食事の履歴をスマートフォンアプリに転送し、赤ちゃんの成長記録を管理できます。

2.Baby Learn & Play(赤ちゃんの学びと遊び)

赤ちゃんや未就学児童を対象とした知育分野でも、ベビーテックの活用が進んでいます。

たとえば、タブレットを使った幼児向けのラーニングシステムが代表例です。

また、アプリで遊べる「スマート積み木」や、スマホ・タブレットと連動した「スマートぬいぐるみ」など、学び・遊びも進化をつづけています。

3.Baby Safety(赤ちゃんの安全対策)

睡眠中のSIDS(乳幼児突然死症候群)対策や、事件・事故を未然に防ぐ見守りサービスなど、赤ちゃんの安全対策分野でもベビーテックが活用されています。

とくに保育施設では、午睡(お昼寝)中の監視のため、IoTを活用したマット型の睡眠監視デバイスを導入するケースも増えてきました。

布団やマットレスの下にセンサー付きのマットを敷き、園児の状態を数分おきに確認できます。

4.Healthy Baby(赤ちゃんの健康管理)

「赤ちゃんの健康管理」の分野では、IoTデバイスを活用して子どもの体調を知り、健康管理に役立てています。

身近で使えるものとして、スマート体温計があります。

子どもの体温を簡単に計測できるだけでなく、スマホやタブレットに自動でデータを送信できます。体調の変化(体温の大きな変動)があれば自動で警告する仕組みがあるため、保育施設や医療機関でも活用されています。

5.Fertility & Pregnancy Help(妊活・妊娠支援)

妊活・妊娠中の方をテクノロジーで支援するため、自宅でも妊活に取り組めるデバイスや、医療機関と妊婦の連携を強化するサービスが開発されています。

たとえば、胎児モニターを使えば、自宅でも胎児の健康状態をモニタリングできます。

また、医療機関では周産期遠隔医療プラットフォームの導入が進んでいます。

遠隔地でも、産婦人科医の診断を受けられる環境が整いつつあります。

ベビーテックを子育てに取り入れる3つのメリット

ベビーテックを育児や保育に取り入れると、次の3つのメリットが得られます。

1.赤ちゃんの危険や体調変化をすばやく察知

ベビーテックを使えば、赤ちゃんの危険行動を監視し、体調変化にすばやく気づけます。

IoTデバイスには、脱水症状をセンサーで検知する製品や、呼吸や心拍数をモニタリングする製品があります。

また、睡眠中の危険行動を監視するアプリや、シートベルトの脱着時に警告するチャイルドシートも存在します。

2.保護者以外による育児・保育のアシスト

ベビーテックを活用すれば、保護者以外でも育児や保育を手伝えるため、子育ての負担が大きく軽減します。

たとえば、親族に子どもを預ける際でも、ベビーテック製品があれば子育ての質が低下しません。

赤ちゃんの健康管理を行うアプリを活用すれば、遠く離れた場所でも預けた子どもの体調がわかります。

3.保育施設の負担を軽減し、サービスの質を向上

保育施設は深刻な保育士不足に悩んでおり、サービスの質の向上の足かせとなっています。

厚生労働省の調査によれば、令和元年の保育士の有効求人倍率は3.05倍であり、高い水準で上昇しています。[注3]

ベビーテックを活用し、赤ちゃんの状態をツールですばやく管理できるようになれば、保育現場の負担が減少します。

保護者にとっても、安心して子どもを預けられる場所が増えます。

ベビーテック製品・サービスの2つの事例

ITやIoTを駆使したベビーテック製品・サービスは、次々と新しいものが登場しています。

その中でも、とくに注目の事例やユースケースを紹介します。

ベビーケアアラーム AKOi Heart:赤ちゃんの泣きや寝返りを検知

「ベビーケアアラーム AKOi Heart」は、赤ちゃんの動きを数種類のセンサーで検知し、睡眠中などの事故を防ぐ製品です。

泣き・寝返りを検知すると、すぐにスマートフォンやタブレットへアラームを送信します。

赤ちゃんの安心・安全を守るだけでなく、「赤ちゃんの状態が気になって、何度も起きてしまう」状態から開放し、保護者の育児・保育疲れを解消する製品です。[注4]

Withings Body +:赤ちゃんの健康をスマホで管理できる体組成計

「Withings Body +」は、Wi-Fiによる無線通信機能を持った体組成計です。

「体重」「BMI」「体脂肪」「体水分率」「骨量」「筋肉量」などの身体の記録を取得し、スマートフォンのアプリに自動で送信してくれるため、赤ちゃんの健康管理が容易になります。

妊娠中の母体の体重の変化を計測して、健康状態をサポートする機能もあり、妊活・妊娠中の方にも役に立つ製品です。[注5]

医療面や教育面での進歩も期待される

ベビーテックの本質は、育児・保育のリソースを効率的に活用して、保護者の心理的・身体的な負担を減らす点にあります。

子育ての負担が減れば、育児・保育がもっと楽しくなり、家庭生活における子どもの情操教育の点でもメリットがあります。

5G通信のような情報通信技術が発達し、赤ちゃんの健康状態・行動・感情・生活環境などのビッグデータの分析によって、今後も優れたITシステムやIoTデバイスが開発される可能性があります。

育児や子育てだけでなく、小児医療や児童教育の分野での進歩も期待されています。

子育てとテクノロジーを結びつけるベビーテックは、今後も目の離せない成長分野の1つです。

Frontier Eyes Onlineでは経済やビジネスのトレンドから基礎知識まで、幅広く解説しています。

是非よろしければメルマガのご登録をお願いいたします。

<参考>
[注1]
株式会社矢野経済研究所 ベビー用品・関連サービス市場に関する調査を実施(2019年)
[注2]
内閣府男女共同参画局 「共同参画」2016年6月号
[注3]
厚生労働省 保育士の有効求人倍率の推移(全国)
[注4]
赤ちゃんの動きを感知してアラーム!ベビーケアアラーム AKOi Hear
[注5]
Wi-Fi対応 体組成計 – Body+

関連記事

銀行法等改定に伴う地域金融機関における事業多角化の潮流

2021年11月22日に施行された銀行法等改正(以降本改正)により、業務範囲規制及び出資規制が緩和されました。それに伴い、各地域金融機関での事業多角化(コンサル、人材派遣、投資専門子会社、地域商社など)が進んでいます。銀行の業務拡大範囲や問題点などについて解説します。

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中