ベトナムの新型コロナウイルス(COVID-19)動向

ホーチミン風景

この記事を書いている時点(5月中旬)で、ベトナムはコロナ対応の「優等生」と呼ばれている。4月22日時点の報道記事によれば、感染者数268名、死者は0名に抑え込み、4月23日に大都市圏における不要不急の外出制限を解除した(その後、5月14日時点で感染者数288名/死者0名)。以下に挙げる要素を踏まえ、「big post-pandemic winner(パンデミック後の勝者)」になりうると評する記事も出るほどだ。

ベトナムの現状をまとめると、以下のようになる。

・コロナ対応における他国支援を通じたソフトパワーの獲得

・医療機器・物資の生産増、また米国・ロシア・スペイン・イタリア・フランス・ドイツ・英国といった国々への関連物資の寄付(特にトランプ大統領はTwitterでデュポンのベトナム工場における防護服生産について謝意を示している)

・中国寄りであったカンボジア・ラオスへのマスク・消毒液等の関連物資の支援

・コロナ以前から起こっていた米中貿易戦争に伴う生産拠点移転トレンド

・相対的に高い経済成長率(世界銀行による2020年のベトナムGDP成長率はワーストケースで1.5%と従来の7.0%前後より当然低くなるが、隣国タイの同指標は-5.3%に落ち込む)

当社(フロンティア・マネジメント)も拠点を構えるシンガポール(同26,098名/21名)も、一時期コロナ対策の「優等生」とされた。
しかし、3月は輸入症例の増加、更に4月に入り外国人ワーカーの感染を抑え込めない(むしろ想定できていなかった)など悪化、検査キャパシティの増加もあるが5月に入っても引き続きワーカーでの感染は拡大しており、時の経過とともに状況は変化しうる点には十分留意されたい。

なお、マレーシア(同6,819名/112名)は度重なるロックダウンの延長を決め、インドネシア(同16,006名/1,043名)はラマダンでの感染拡大防止のため移動制限をかけるなど、他のASEAN主要国については、まだ先は長いように見える。
タイ(同3,017名/56名)は非常事態宣言下で夜間の外出やアルコール販売の禁止等の施策が奏功し、出口を探っているようだ。

ベトナムのM&A動向・注目業界

ホーチミン風景

コロナ以前から、ベトナムはM&Aの対象国として安定して注目されてきた。2014年以降、日本からの対ベトナムM&A件数は20件/年を継続的に超え、2019年には30件を超えた。域内では対シンガポールの同年63件に次ぐ規模であり、日本企業の関心の高さが伺える。

100億円を超える規模の案件(三井物産によるミンフー・シーフードへの資本参加等)もあるが、基本的には50億円未満の中小規模案件が中心だ。業界はガス・物流・IT・人材・医薬品・建設など多岐に渡り、どの業界をも惹きつける期待値の高さが伺える。

販路拡大に向けた卸売案件の買収ニーズをいただくことも多いが、発掘できる例は稀で、販路を持つメーカーに視点を切り替えたほうがよい出会いがあるだろう。なお、小売は規制やPEファンドとの競争があることから、成就させるには相応に労力を要する。再生可能エネルギーも政策的な後押しがあり注目に値するが、欧州や日本の歴史を見てもわかる通りその継続性は注意深い検討を要する。

まとめ

繰り返しになるが、ベトナムは進出を目指す日本企業にとって、安定して注目されてきた。2020年は一時的なM&A件数の下落が見込まれるが、収束後は従来のトレンドを更に超える可能性もあるだろう。当社(フロンティア・マネジメント)でも2020年2月より、ベトナムにて新メンバーAlex Chauを迎え、M&Aアドバイザリー体制を強化している。

コロナ収束、入国制限解除後のベトナムにご関心をお持ちの方は、是非ともご相談ください。

参考記事
Vietnam poised to be big post-pandemic winner
ベトナム外出禁止を大半で解除 23日から
なお、本文中の感染者数/死者数はChannel News Asiaウェブサイトを参照

関連記事

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

ベトナムの事例から見る海外事業成功の秘訣 「長生き」するにはサステブルな体制の構築を

昨今、海外事業展開に関する相談が増えている。その内容は「コロナ後の海外事業の再活動」という“攻め”の相談から「海外進出をした事業の立て直し・撤退」という“守り”の相談まで様々だ。物理的に往来するには厳しい状況が続くが、充電期間と前向きに捉え、中期の視点で海外事業に関して検討する、再検討する「チャンス」である。今回は教育・人材派遣事業を皮切りに、昨今では小売り・AI・ロボティクスと広く展開、現在13カ国で事業を行っているTribe Holdings Japanの山本氏をゲストに、海外事業成功のヒントを紹介する。

オタク経済からナマケモノ経済へ 変わる中国の食文化

EC先進国の中国では新型コロナウイルス拡散以降、外食デリバリー事業や外食製品や生鮮食品のECビジネスが急激に拡大した。オタク経済からナマケモノ経済への生活習慣の変化と、安全志向の強まる中国食品市場を考察する。

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中