サプライチェーンとは?

サプライチェーン
「サプライチェーン(supply chain)」は、商品やサービスの原材料の仕入れから、製造を経ての出荷、そして消費者に届くまでの一連の供給プロセスを指します。各プロセスを連鎖したひとつの流れとして捉えるため“チェーン”と表現されます。

サプライチェーンの特徴は、各プロセスを担う企業が複数に及ぶことです。製造業者だけでなく、仕入先、物流、卸売業者、小売店などさまざまな組織がプロセスにおける担い手となるため、業務効率化を果たすにはサプライチェーン全体を連携して最適化しなくてはなりません。

またサプライチェーンには「モノ」の流れとは正反対の「お金」と「情報」の流れもあります。「モノ」は生産者から消費者に向かって動きますが、「お金」「情報」の流れはその反対で消費者から生産者へと動きます。いつ・どこで・どの商品が・いくつ販売されたかという情報が、店舗からフィードバックされ、その情報をもとに供給量や供給方法を見直し、より効率的な提供方法を導き出します。

このように各プロセスに関わる企業が連携し、モノやお金、情報が流れているサプライチェーンを効率化・最適化していく考え方が、サプライチェーンマネジメントです。

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは?

サプライチェーンマネジメント(Supply Chain Management。以下、SCM)とは、サプライチェーン全体を効率的に一元管理する手法で、2000年前後に脚光を浴びました。

サプライチェーンは前述のとおり、複数の企業が協力して供給システムを作り上げています。そのためひとつの企業だけ供給方法を改善しても部分最適にしか過ぎません。

サプライチェーンをトータルで見て、課題点を抽出、改善をしなければ全体の最適化・効率化は果たせません。そのため、ひとつのプロセスだけでなく、サプライチェーン全体で情報を共有・連携しながらオペレーションの最適化をはかる考え方であるSCMが改めて注目を集めています。

SCMが注目される背景

では、なぜ現在SCMが再び注目を集めているのでしょうか。

●グローバル化
日本企業のグローバル化も急速に進んでいます。生産拠点は世界中に点在し、調達も販売も世界各国でおこなわれています。サプライチェーンが複雑化したことで、一元管理をすることが以前より困難になるなか、各社は競争優位に立つためスピーディーな課題改善を求めています。

●ビジネスモデル、ニーズの多様化
Amazonやアリババ、楽天などインターネット通販(EC)の爆発的な拡大により、消費者はいつでもどこでも必要な商品を注文できるようになりました。そのため、以前の大量生産は通用しなくなり、企業は多品種少量生産を高頻度で対応しなくてはならなくなりました。そのため余剰在庫を生まず、スピーディーに消費者に届くことが競争優位を生み出すこととなり、サプライチェーン全体の管理が求められています。

●社会構造の変化
日本は少子高齢化による労働人口の減少が進んでいます。特に製造業や物流業界の人手不足は深刻です。ECサイト経由の配送需要が高まるなかで、各企業がより効率的な人員配置、ムダな作業の削減、適切な配送タイミングを構築していかなくてはいけません。

DX時代のデマンドチェーンマネジメントとは?

現在、テクノロジーの発展とともに消費者のデータをデジタル、フィジカル問わずに取得が可能となっています。供給側の商品の流れがサプライチェーンマネジメントでしたが、消費者側から情報を取得して調達、製造、販売を最適化する取り組みが加速しています。POSデータやキャッシュレス決済によるビッグデータを分析することで、需要予測はより正確になります。

デジタル技術の進歩により顧客情報は企業活動のそれぞれのプロセスにおいて瞬時に共有することが可能になりました。刻一刻と変化する状況に合わせ「いつ・どこで・どんなモノが・どれくらい必要か」が見えるようになります。これはデマンドチェーンの活動を通して顧客起点による商品開発や製品の提供体制の全体最適化を図るものです。

消費者のデータ基盤を構築することで、多様化する購買サイクル・購入傾向を把握でき、余剰在庫・品切れ防止を抑えることができます。

エンジニアリングチェーンとは?

エンジニアリングチェーンとは、製品の開発と設計の段階から、試作・評価・調達・生産立ち上げまでの各プロセスをシステムでシームレスに共有し、全体最適の実現と製品開発競争力を向上させるものです。

デマンドチェーンによって得られた顧客のニーズを、IoTやAI技術を活用し、全社情報共有環境を構築することで、多様な顧客ニーズへの対応と短期間での商品開発が可能です。

バリューチェーンとは?

バリューチェーン
バリューチェーンは、アメリカ・ハーバードビジネススクールのマイケル・ポーター氏が1985年に著書「競争優位の戦略」で提唱した分析モデルです。バリューチェーンは、上図のように「価値を生み出す活動(主活動と支援活動)」と「利益」から構成されます。

主活動は、企業活動のなかで消費者に商品が届くまでの商品企画、原材料の調達、加工・製造、販売、アフターサービスなど製品が消費者に届くまでの流れとその活動を指します。一方で、支援活動は主活動を支える人事や労務などのバックオフィスなどを指します。企業活動のさまざまな要素を連鎖したひとつの流れとして捉えるのがバリューチェーンであり、日本語で「価値連鎖」と呼びます。

バリューチェーンの分析は、どの企業活動がどの程度の「付加価値」が生み出されているのか、コストはどれだけかかっているのか、産業全体で自社の優位性がどこにあるのか、といったことを把握することを目的としています。

マクロ〜ミクロなどさまざまな視点のバリューチェーンがある

バリューチェーンはひとつではなく、さまざまなレイヤーで考える必要があります。業界全体から企業や事業レベルというマクロの視点で分析したり、部門間や個人の業務レベルというミクロの視点で分析したりしていくことで、多様なレベルで課題抽出が可能です。

バリューチェーン分析の4つのステップ

バリューチェーン分析はビジネスの基本といわれています。具体的なバリューチェーン分析の方法を4つのステップに分けて解説します。

ステップ①自社のバリューチェーンを把握する
まず自社にどのような主活動と支援活動があり、どのようなバリュー(価値)を提供しているか、という構成要素を把握します。また同時に支援活動の定義付けも行います。前述の図は、製造業をモデルにしているため、バリューチェーンの構成は企業によって異なります。

ステップ②各プロセスでのコストと利益を把握する
次にどの活動にどれくらいのコストがかかっているか、どのくらいの利益を生んでいるのかというデータを取得します。各プロセスのコストと利益を把握することで、課題を抽出できます。

ステップ③各プロセスの強み・弱みを把握する
そのうえで各プロセスの強みと弱みを分析します。この際に競合を想定し、比較対象となるようにしておくと良いでしょう。

ステップ④ VRIO分析をする
VRIO分析
最後にジェイ・B・バーニー氏が提唱したVRIO理論をもとに分析をおこないます。VRIO分析は、下記の4つの項目で経営資源を評価します。

●価値(Value)
●希少性(Rareness)
●模倣可能性(Imitability)
●組織(Organization)

各プロセスを価値、希少性、模倣可能性、組織の順番で評価していき、組織の競争優位性や差別化のポイントを把握。経営の資源をどの活動に分配し、どの活動のコストを増やすか、どの段階で付加価値を高めるかを考えることで、利益の最大化を図ります。

自社の強みと弱みを把握することで、競争優位性をさらに
高め他社にまねできない圧倒的な優位性へと変えていくことができます。

サプライチェーン・マネジメントは今後より重要になる

業務効率化を図るには、供給の連鎖である「サプライチェーン」と、価値の連鎖である「バリューチェーン」の双方で全体像を把握する必要があります。

世界的にみると、日本企業の多くは供給サイドから見るサプライチェーンに対する取り組みへの意識は強いものの、顧客サイドから見るバリューチェーンに対する意識は弱いといわざるを得ません。

これまでは高い品質の商品を効率よく提供すれば成り立っていた時代でしたが、近年その状況は大きく変わっています。製造業もサービス業化し、顧客の視点からモノづくりを行わなければ生き残れなくなっています。

サプライチェーンマネジメントに、デマンドチェーンやエンジニアリングチェーンの一部を組み込んで商品開発をしたり、サービスを改善したりするなど、サプライチェーンにバリューチェーンの観点を取り込むことで、自律的な事業の最適化を進めることが重要です。

関連記事

エリアマーケティング戦略とは?分析のポイントや手法を解説

これから店舗を出店するとき、あるいは既存店舗の戦略の見直しを行うときに有効なのが「エリアマーケティング」です。特に、今後人口の減少が見込まれている日本では、競合店との競争は激化の一途をたどると予想されます。限られた顧客を確保するためにも、エリアマーケティングの重要性はますます高まっていくでしょう。 ここではエリアマーケティングを行う目的やその指標、分析のポイントなどについて解説します。

対談ウェビナー① 「次世代経営者の人材育成」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

どうして、日本企業には経営人材が育たないのか。何が変革を阻んでいるのか。大企業が抱える病理とは…。バブル期の80年代後半から、日本企業の「組織風土改革」に取り組んできた株式会社スコラ・コンサルト創業者の柴田昌治氏と、フロンティア・マネジメント株式会社大西正一郎代表が、2回に分けて討議します。

マーケティングファネルはBtoBでも使える?意味や活用法を解説

マーケティングファネルは、マーケティングにおいて効果的なアプローチを行うために用いられるビジネスの基本的な考えです。 購買のどの段階で見込み客が脱落しているかを把握するため、マーケティングファネルは有効な手段となります。そのため、まずはマーケティングファネルがどのようなものであるのかを理解しておくと良いでしょう。 本記事では、マーケティングファネルの基本的な考え方を徹底解説します。BtoCだけでなくBtoBにおいても活用できる考え方なので、ぜひ参考にしてください。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中