サプライチェーン攻撃とは?複数の企業が連鎖する新たなサイバー攻撃

サプライチェーン攻撃とは、複数の企業が情報をやりとりするサプライチェーンの仕組みを悪用し、企業へ攻撃を仕掛ける新たなサイバー攻撃の手法です。

商品が製造されて消費者に届くまでの間、部品や原材料を供給する下請け業者、製品をつくるメーカー、輸送を担う物流サービス、消費者へ販売する販売会社(販社)など、様々な企業からサプライチェーンは構成されます。

企業は、活動を行ううえで、しばしば個人情報や機密情報をやりとりします。

セキュリティ意識の高い企業でも、重要情報を委託した先の企業がサイバー攻撃を許せば、連鎖的に情報漏えい・情報窃取などの被害に遭ってしまいます。

こうしたサプライチェーンの脆弱性につけ込み、セキュリティ対策が甘い企業を足がかりにしてターゲット企業を攻撃するのが、近年増加するサプライチェーン攻撃です。

サプライチェーン攻撃の種類

具体的にサプライチェーン攻撃がどういった狙いで行われているか、その仕組みを解説します。

また、サプライチェーン攻撃の手口も紹介します。

標的型メール攻撃

サプライチェーン攻撃で最も多いのは、取引先企業の個人情報を窃取し、従業員であるかのように見せかけ、マルウェアを含んだメールを送りつける手口です。

この手口を「標的型メール攻撃」または「委託先踏み台型」と呼びます。

ソフトウェアサプライチェーン攻撃

より対策が難しいのが、委託先のソフトウェアにバックドアを仕掛け、納品物を受けとったターゲット(委託元)を攻撃する手口です。

ソフトウェア自体ではなく、ターゲット企業が購入した製品の更新プログラムにマルウェアを組み込み、アップデートを介して侵入する手口も見られます。

この攻撃を「ソフトウェアサプライチェーン攻撃」や「ソフトウェア埋込み型」と呼びます。

サプライチェーン攻撃では、日本の9割以上を占める中小企業が契機となっています。

中小企業はセキュリティ対策にコストをかけられず、サイバー攻撃に脆弱であるケースが多いためです。

どれだけセキュリティ対策が万全でも、サプライチェーンの内部にリスクがあれば、攻撃を避けることは困難といえるでしょう。

近年高まるサプライチェーン攻撃の脅威。IPAもセキュリティ脅威の第4位に位置づけ

サプライチェーン攻撃は、情報セキュリティ上の重大な脅威となりつつあります。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)による「情報セキュリティ10大脅威 2019(組織編)」では、サプライチェーン攻撃(「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃の高まり」)が、新たに4位にランクインしました。[注1]

サプライチェーン攻撃と関連して、標的型メール攻撃などをふくむ「標的型攻撃による被害」が1位にランクインしており、近年脅威を増しつつあることが分かります。

サプライチェーン攻撃の怖さは知らずに加害者となる点にある

サプライチェーン攻撃の怖さは、企業や組織が被害者だけでなく、加害者にもなる点にあります。

マルウェアに感染した企業のPCから、サプライチェーンで繋がりのある別の企業に攻撃を仕掛るからです。

特に中小企業は狙われやすく、知らないうちに侵入経路となることも少なくありません。

サプライチェーン攻撃についての今後の動向は?国や自治体も対策に向けて動き出す

サプライチェーン攻撃の増加を受け、国や自治体も対策に向けて動き出しています。

ここでは、サプライチェーン攻撃に関する今後の動向を解説します。

改正個人情報保護法でもサプライチェーン攻撃へ言及あり

サプライチェーン攻撃に言及し、委託先・委託元が必要な対策を行うことを定めたのが、改正個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)です。

第22条(委託先の監督)は、「個人情報取扱事業者は、個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人データの安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない」と規定しています。[注2]

つまり、サプライチェーン内で個人情報のやりとりが発生する際に、委託元は自社のセキュリティ対策だけでなく、委託先のセキュリティ対策の管理監督も求められます。

サプライチェーン攻撃に対処するには、情報セキュリティにおける委託先・委託元の緊密な連携が欠かせません。

サプライチェーン攻撃への対策法

サプライチェーン攻撃への対処法は3つあります。

自社のセキュリティだけでなく、重要情報を委託する企業のセキュリティ対策も注視します。

  1. 委託先を選定する際、評価項目に情報セキュリティ対策の状況を盛り込む。
  2. 委託契約を結ぶ際、実施すべき情報セキュリティ対策の一覧を委託先に提示し、実施を求める。
  3. 委託先の情報セキュリティ対策を評価・モニタリングする仕組みを作り、実施状況を常にチェックする。

サプライチェーン攻撃の多くは、重要情報の委託契約を結んだ取引先企業・関連会社を経由して発生します。

委託先を選定する際は、情報セキュリティ対策が十分な企業を選びます。

また、委託契約を結ぶ際は、何が重要情報に当たるかを明確にし、取り扱い方法を細かく決めます。

場合によってはNDA(秘密保持契約)を結ぶのも効果的です。

情報セキュリティ対策をモニタリングする仕組みを作り、委託先の実施状況を常に評価することも大切です。

自社のセキュリティだけでなく、サプライチェーン攻撃への早急な対策を

経済産業省とIPAが作成した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 2.0」において、「経営者が認識する必要がある3原則」として、「自社は勿論のこと、ビジネスパートナーや委託先も含めたサプライチェーンに対するセキュリティ対策が必要」が2番目に挙げられています。[注3]

サプライチェーン攻撃の脅威は、自社が被害者となるだけでなく、別の企業に対する加害者にもなり得る点にあります。

自社の取引先企業や関連会社の委託契約を見直し、サイバー攻撃に強いサプライチェーンを構築することが重要です。

[注1] IPA(独立行政法人情報処理推進機構):情報セキュリティ10大脅威 2019
[注2] JECIA(個人情報保護協会):個人情報保護法指針(ガイドライン)
[注3] 経済産業省:サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 2.0

関連記事

決算数字から読み解く、事業承継のタイミングと頼るべき専門家

事業承継に頭を悩ませる中小企業の経営者は多いだろう。日本の会社のうち、99%以上が中小企業であり、100万社以上が事業承継に問題を抱えていると言われている。本稿では、数字面から考える事業承継のタイミングと、目的別に頼る専門家について考える。

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中