原神、ウマ娘の衝撃

原神、ウマ娘の衝撃

日本のスマホゲームは、開発費を抑えながらガチャによる課金を狙うカードゲーム型が主流だった。しかし、近年は「原神」に代表される中国ゲーム会社による多額の開発費を投下したグローバルターゲットのスマホゲームの躍進。「ウマ娘」に代表される国内大手ゲーム会社による豊富な資金力や開発リソースを活用したヒットタイトルの創出が相次いでいる。

こうしたスマホゲーム業界の環境は、特に中堅以下のスマホゲーム開発会社に新規タイトル開発の困難性を意識させ、ゲーム事業の運営自体の存続も左右しかねない状況となりつつある。

2000年代初頭のゲーム業界

2000年代初頭のゲーム業界

かつて、家庭用ゲーム機向けゲーム(コンソールゲーム)業界でも、2000年代初頭から中盤、即ちプレイステーション2(PS2)普及期からPS3ローンチ期にかけて、半導体技術の進歩により3DCGを用いた高精度グラフィックへの対応が必要となった。

映画のような画像にユーザーが慣れて行くにつれ、グローバルでヒットタイトル確立を狙うには高額の開発費投下が不可欠となり、コンソールゲーム開発会社の経営統合が相次いだ。

セガやナムコ(一時期、両社の統合も検討されていた)をはじめとしたアーケードゲーム業界の隆盛や、コンソールゲーム機ビジネスをグローバルで確立した任天堂を軸として、80年代から90年代前半にかけて、日本のゲーム業界はグローバルリーダーの地位を保持していた。

当時のゲームは、基本的に2Dベースであり、3D表現も疑似的なものに留まっていた。

しかし、90年代半ばより、進化したグラフィックチップの搭載により、アーケードゲームで3D格闘ゲームの隆盛が見られ、コンソールゲームではPlayStation、セガサターン、Nintendo64といった3D表現を可能とするゲーム機がローンチされることにより、ゲームの表現が2Dから3Dにシフトしていく。

優位性失われた2000年代

優位性失われた2000年代

90年代後半のPlayStation全盛期では、それ以前のリーディングポジションを活かし、日本製3Dゲームが、海外製3Dゲームに対し優位ないしは同格のポジションを保っていた。

2000年以降のPS2時代では、高性能グラフィックチップを前提としたPC向けの3Dゲーム開発でノウハウを蓄積した海外ゲームパブリッシャー/デベロッパーが、グローバルヒットを前提として高額の開発費を投下して新規タイトルをリリース。そのようなタイトル群が大ヒットを記録するという業界環境に変化していった。

同時期の、マイクロソフトの(PC技術を最大限に活用した)Xboxによるコンソールゲーム機ビジネス参入も、PCゲーム開発でノウハウを獲得した海外ゲーム会社の躍進を後押しすることとなった。

海外ではスポーツや一人称視点のシューティング(First-person shooter、FPS)、多人数参加型のオンラインRPGが主流になる一方で、日本ではストーリー性の高いRPGが好まれ、海外と日本市場の乖離が目立ち始めた時期でもあった。

急激に進んだ再編

急激に進んだ再編

このような、高額な開発費を投下してグローバルヒットを狙うというビジネススキームは、日本のコンソールゲーム開発会社に開発費高騰リスクを強く意識させた。

ハドソン(桃太郎電鉄、ボンバーマン等)がコナミの傘下に入るなど、中堅メーカーの再編を経て、大手メーカー同士の経営統合や合併が進んだ。

2003年4月に経営統合を発表したスクウェア・エニックスの誕生を契機として、セガサミー、バンダイナムコ、コーエーテクモといった大手ゲーム会社の経営統合を誘発させることとなった。

スクウェア・エニックスの誕生に関しては、旧スクウェアの映画事業失敗による経営難。セガサミーの誕生に関しては、家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」失敗による経営難といった、個社の経営状況の悪化も経営統合を促す大きな要因とはなっている。

資本力強化で、生き残り

しかし、上記経営統合のドクトリンは、“グローバルでの競争に勝ち抜くこと”であり、2000年以降に高額開発費を投下した3Dゲームが本格化し、PS3、PS4、PS5とプラットフォームの変遷を経ても、資本力が強化された国内大手コンソールゲーム開発会社は、グローバルで一定のポジションを保持している。

ただし、日本発祥のPlayStationビジネスを統括してきたSony Interactive Entertainmentは、コンソールゲームビジネスの主戦場たる米国に本社を移転している。

スマホゲーム業界との共通点

スマホゲーム業界との共通点

現在のスマホゲーム業界の状況は、2Dゲームから3Dゲームに移行しグローバルプレーヤーが高額な開発費を投入して競争を勝ち抜くという2000年代初頭のコンソールゲーム業界の状況に酷似していると考えられる。

十分な開発費やマーケティング費用を投下できない場合、新規タイトルは幾多のタイトルの狭間に埋没してしまう可能性が高くなるため、国内のスマホゲーム会社は、新規タイトル開発に躊躇するケースが増えている模様である。

M&Aの引き金に

このような環境下、かつてのコンソールゲーム業界で見られた「経営統合」という手法で、開発費高騰という荒波を乗り切ろうとする国内スマホゲーム会社が現れるかに注目していきたい。

▼参考記事はコチラ
どうして?息の長い「擬人化ブーム」を読み解く
「原神」のヒットが促す変革 中国miHoYo社製ゲーム

関連記事

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊤(短期業績からの分析)

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。 リーマンショック以降では最高水準となる。 今回の記事㊤では、21/4-6月期業績の動向と、アジアをリードするサムスン電子とTSMCについて。次回㊦は10月後半から発表される21/7-9月期の注目点について、言及したい。

高炉3社の収益は前年度の8倍へ 「失われた付加価値」奪還への挑戦

鉄鋼大手各社の業績が急ピッチで回復している。2022年3月期の高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)が公表している事業利益(神戸製鋼所は経常利益)計画の合計額は1兆300億円と、コロナ禍で苦しんだ前期の1,270億円の8倍の水準に達する。 この中には製鉄原料(鉄鉱石や原料炭)の在庫評価益など、実体の収益とは異なる会計上のかさ上げ要因が含まれている点に留意する必要がある。それでも、これらの特殊要因を除く3社合計の実質的な事業利益/経常利益の改善幅は5,100億円に達する。

排出権取引とは? 世界・日本の現状も解説

地球温暖化問題への取り組みをはじめとして地球環境に配慮する機運は年々高まっています。ESGやSDGsなど近年こうした言葉を目にする機会も増えたのではないでしょうか。こうした取り組みはいずれも環境問題を解決し持続性のある社会活動を目指すものですが、ビジネスにおいても例外ではありません。その中に「排出権取引」というものがあります。排出権取引は地球温暖化の直接的な原因とされている二酸化炭素の排出に係る企業や団体間の商取引です。本記事ではその概要について解説していきます。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中