「miHoYo」とは

mihoyoイメージ

▲miHoYoは2012年に正式に設立された 

miHoYoは2011年に上海交通大学の学生が創業(正式な設立は12年)したゲーム会社で、正式名称は「上海米哈游网絡科技股份有限公司」。日本のアニメ・ゲーム文化に強く影響された作風が特徴で、「崩壊学園」(日本での公開は2015年)の大ヒットで、一躍有名になった。

企業スローガンは「TECH OTAKUS SAVE THE WORLD」(技術的なオタクが世界を救う)。

「原神」の衝撃

「原神」は、3DCGを二次元アニメ調に表現する「トゥーンレンダリング」を用いた美麗なグラフィックを実装している。プレーヤーが自由に世界を冒険できる「オープンワールド型アクションRPG」は、スマホゲームではあまり見られなかったジャンルだ。

当初は、任天堂「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」からの影響が指摘され、ネット上で批判もあった。

しかし、徐々にグラフィックのクオリティやゲーム性の高さが認められ、世界中のゲームファンから広く受け入れられている。

現在、スマホだけでなくマルチプラットフォーム化され、Windows版やPlayStation4版などもリリースされ、様々な環境でプレイできるようになった。

巨額の開発費

原神の開発に、miHoYo社は、開発費と初期マーケティング費用を併せて100億円強、500人規模の開発者を投じたと報じられている。

この開発規模は、現在日本企業の投じる標準的なスマホゲーム開発費用5~15億円からは文字通り、桁違いの規模となっている。

一方、グローバルでのヒットにより、「原神」は、2か月程度でグローバル売上400億円を達成した模様とも報じられている。miHoYo社の同タイトルにおける企業活動は、「大規模開発→グローバルでの大ヒット」という、コンソールゲーム(家庭用ゲーム機向けゲーム)の開発/回収スタイルに極めて類似した企業活動とみなし得る。

グローバルなヒットで、躍進する中国ゲーム

崩壊3rdイメージ

2018年以降、miHoYo社の「崩壊3rd」や、NetEase社の「荒野行動」など、美麗なグラフィックや新規ジャンルの投入により日本国内で中国製スマホゲームの躍進が見られてきたが、これを支えてきたのは、日本を含めたグローバルでのヒットを前提とした大規模開発リソースの投入と考えられる。

「原神」に投じられた開発リソースは、上記のようなタイトルの開発リソースを更に上回る規模と見られ、「原神」のクオリティにグローバルのスマホゲームファンが慣れてしまえば、他のスマホゲーム会社も、開発リソースを強化して対抗せざるを得ないものと考えられる。

低コスト「カードゲーム型」に走る日本勢

現状、日本のスマホゲーム会社は、従来からヒットしてきたカードゲーム型RPGに、新しい魅力的なキャラクタや有力IPを載せて、既存の自社ゲーム開発エンジンを使いまわして効率的に開発するという開発スタイルを採用するケースが多い。

確かに、ビジネス判断という観点では、リスクやコストを抑えた合理的な判断とも言えるだろう。

しかし、エンターテインメントの世界で、効率性に重きを置いてしまえば、新しい“驚き”を創出することは容易ではない。

アジアの優秀なエンジニア確保を

日本のスマホゲーム会社が新しい“驚き”を創出するには、miHoYo社のように、1タイトルに100億円を投じないまでも、海外(特にアジア)の優秀な若手エンジニアを確保することによりアクションゲームや新ジャンルにも対応する基礎ゲームエンジンの開発、強靭な資金力の確保、が有用となるだろう。

前者に関しては、フランスのコンソールゲーム会社UbiSoft社が上海、フィリピンにスタジオを開設し、積極的に海外開発リソースを確保しているケースが参考となる。

中国企業との共同開発、資本提携も

一部スマホゲーム会社が進めているが、今後は技術力を持つ中国開発企業との共同開発も増加する可能性が有るだろう。強力な資金力を持つ大手ゲーム会社との資本を含めた協力関係の構築や、合併を通じた企業体力の向上が考えられる。

「原神」のヒットを契機とした日本のスマホゲーム会社の、新しいスマホゲーム開発スタイルへの対応を注視していきたい。

参考▽
miHoYo・中国語

関連記事

アナログな小売業 DX成功への処方箋

小売企業の多くが、DXへの取り組みを進めている。しかし、実際にデジタル革新が進んでいると、胸をはる業者は少ない。どうしてうまく進まないのか、ではどうすればいいのか。この記事では当社(フロンティア・マネジメント)のコンサルティング業務から見えてきた、DXの頻出課題と突破するための処方箋を提示したい。

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中