何でも「擬人化」 スマホゲームとの相性抜群

何でも「擬人化」 スマホゲームとの相性抜群

擬人化は、古くは鳥獣戯画(平安時代末期〜鎌倉時代書記)から、アンパンマンなど幼児向け作品まで、幅広くつかわれてきた手法だ。2010年代に入ると先述の「艦隊これくしょん」、2016年に日本刀をイケメンに擬人化したゲーム「刀剣乱舞」など、ヒット作が相次いだ。

アニメにおいても「はたらく細胞」「けものフレンズ」などのヒットコンテンツが生まれたり、企業が自社製品を擬人化したりするなど、何でも「擬人化ブーム」とも言いうる状況が生み出された。

「擬人化」は、ライセンス負担なし、もしくは軽微で、特徴のあるキャラクターを量産しうる。大量のキャラクターを登場させる必要のある、スマホゲームとの相性が極めて良い。

直近のヒット作は「ウマ娘」

直近のヒット作は「ウマ娘」

現状では、何でも擬人化すればヒットに結び付くという風潮は廃れたものの、連綿と「擬人化コンテンツ」創出の試みは続いており、直近のスマホゲームでも「擬人化ゲーム」の大ヒットタイトルが見られる。

サイバーエージェント傘下のCygamesが2021年2月にリリースした、競走馬を美少女に擬人化したスマホゲーム「ウマ娘」は、2021年3月上旬には、App Store、Google Playの売上ランキング首位をキープしており、新規タイトルとしては瞠目すべき滑り出しとなっている。

同タイトルは、擬人化されて登場キャラクターとなる過去の有力競走馬の、実際の戦歴をベースとしたストーリーを背景に持ち、ゲーム配信とは別にアニメ放送でも世界観を浸透させるというメディアミックス展開が行われている。

過去の擬人化ゲームとの対比では、先行アニメ放送と、現実のドラマをモチーフにしたストーリー展開が、特筆される。前者に関しては、通常、オリジナルスマホゲームのアニメ化の場合は、ゲームが先行してヒットしてからアニメ化となるケースが多いものの、「ウマ娘」は、ゲーム開発遅延の影響もあり、アニメ先行によるメディアミックス展開となった。

ゲーム開発遅延への対応や、先行アニメ放送という資金負担を要するオリジナルタイトルのリリースを成功させたことは、ヒットタイトルを複数抱え強力な資金力を有するスマホゲーム大手Cygames社ならではと言えるだろう。

後者に関しては、単なる対象物の「擬人化」ではなく対象物に関わるドラマを包含した「擬人化」、すなわち、世界観やキャラ背景の深化が、従来の「擬人化ゲーム」との差異と言えるだろう。

総括すれば、先行アニメ放送も含め深化した世界観やキャラ背景を丁寧にプレーヤーに浸透させたことが、新しい擬人化ゲームである「ウマ娘」のヒットの一因と考えられる。

世界観を深化

世界観を深化

このような世界観やキャラ背景を深化させてヒットした擬人化ゲームの成功例としては、2020年にアニプレックス社よりリリースされたスマホゲーム「ツイスティッドワンダーランド」も挙げられる。

同タイトルは、複数のディズニーアニメに登場するキャラクター群を、仮想世界観上にイケメンキャラとして擬人化させており、ディズニーアニメのストーリーをベースとしたキャラ設定が魅力の一つとなっている。このキャラ背景の深化は、App Store売上ランキングの上位キープに貢献しているようだ。

擬人化アニメに関しても、先ほど挙げた「はたらく細胞」は、人体内の数十兆個もの細胞の活動を背景にしたものであり、アニメが3期まで放送された「文豪ストレイドッグス」も、実際の文豪とそれにまつわるドラマを含めて擬人化されストーリー展開されたものと考えられ、「擬人化コンテンツ」の世界観やキャラ背景の深化が見られる。

しばらく続く擬人化ブーム

「擬人化」は、ライセンス負担を軽減しながら、特徴のあるキャラクターを量産できることから、ゲームとの相性が極めて良い。そのため、今後もオリジナルコンテンツ創出の手段として活用されていくと考えられる。どのような「擬人化コンテンツ」がヒットを生み出すか注目していきたい。

関連記事

排出権取引とは? 世界・日本の現状も解説

地球温暖化問題への取り組みをはじめとして地球環境に配慮する機運は年々高まっています。ESGやSDGsなど近年こうした言葉を目にする機会も増えたのではないでしょうか。こうした取り組みはいずれも環境問題を解決し持続性のある社会活動を目指すものですが、ビジネスにおいても例外ではありません。その中に「排出権取引」というものがあります。排出権取引は地球温暖化の直接的な原因とされている二酸化炭素の排出に係る企業や団体間の商取引です。本記事ではその概要について解説していきます。

フィジカルインターネットとは?物流業界変革の構造や業界動向を解説

ECの普及により物流量が増加している今、物流業界は人手不足や労働環境の悪化、トラックの積載率の低下(注1)など深刻な課題を抱えています。 この課題を解決する方法として注目されているのが「フィジカルインターネット」です。 フィジカルインターネットは、インターネットの網の目のような通信網をフィジカル(物理的)な物流業界で応用する考え方です。 本記事では、フィジカルインターネットの構造を解説し、実現へ向けた企業各社の動きを紹介します。

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中