何でも「擬人化」 スマホゲームとの相性抜群

何でも「擬人化」 スマホゲームとの相性抜群

擬人化は、古くは鳥獣戯画(平安時代末期〜鎌倉時代書記)から、アンパンマンなど幼児向け作品まで、幅広くつかわれてきた手法だ。2010年代に入ると先述の「艦隊これくしょん」、2016年に日本刀をイケメンに擬人化したゲーム「刀剣乱舞」など、ヒット作が相次いだ。

アニメにおいても「はたらく細胞」「けものフレンズ」などのヒットコンテンツが生まれたり、企業が自社製品を擬人化したりするなど、何でも「擬人化ブーム」とも言いうる状況が生み出された。

「擬人化」は、ライセンス負担なし、もしくは軽微で、特徴のあるキャラクターを量産しうる。大量のキャラクターを登場させる必要のある、スマホゲームとの相性が極めて良い。

直近のヒット作は「ウマ娘」

直近のヒット作は「ウマ娘」

現状では、何でも擬人化すればヒットに結び付くという風潮は廃れたものの、連綿と「擬人化コンテンツ」創出の試みは続いており、直近のスマホゲームでも「擬人化ゲーム」の大ヒットタイトルが見られる。

サイバーエージェント傘下のCygamesが2021年2月にリリースした、競走馬を美少女に擬人化したスマホゲーム「ウマ娘」は、2021年3月上旬には、App Store、Google Playの売上ランキング首位をキープしており、新規タイトルとしては瞠目すべき滑り出しとなっている。

同タイトルは、擬人化されて登場キャラクターとなる過去の有力競走馬の、実際の戦歴をベースとしたストーリーを背景に持ち、ゲーム配信とは別にアニメ放送でも世界観を浸透させるというメディアミックス展開が行われている。

過去の擬人化ゲームとの対比では、先行アニメ放送と、現実のドラマをモチーフにしたストーリー展開が、特筆される。前者に関しては、通常、オリジナルスマホゲームのアニメ化の場合は、ゲームが先行してヒットしてからアニメ化となるケースが多いものの、「ウマ娘」は、ゲーム開発遅延の影響もあり、アニメ先行によるメディアミックス展開となった。

ゲーム開発遅延への対応や、先行アニメ放送という資金負担を要するオリジナルタイトルのリリースを成功させたことは、ヒットタイトルを複数抱え強力な資金力を有するスマホゲーム大手Cygames社ならではと言えるだろう。

後者に関しては、単なる対象物の「擬人化」ではなく対象物に関わるドラマを包含した「擬人化」、すなわち、世界観やキャラ背景の深化が、従来の「擬人化ゲーム」との差異と言えるだろう。

総括すれば、先行アニメ放送も含め深化した世界観やキャラ背景を丁寧にプレーヤーに浸透させたことが、新しい擬人化ゲームである「ウマ娘」のヒットの一因と考えられる。

世界観を深化

世界観を深化

このような世界観やキャラ背景を深化させてヒットした擬人化ゲームの成功例としては、2020年にアニプレックス社よりリリースされたスマホゲーム「ツイスティッドワンダーランド」も挙げられる。

同タイトルは、複数のディズニーアニメに登場するキャラクター群を、仮想世界観上にイケメンキャラとして擬人化させており、ディズニーアニメのストーリーをベースとしたキャラ設定が魅力の一つとなっている。このキャラ背景の深化は、App Store売上ランキングの上位キープに貢献しているようだ。

擬人化アニメに関しても、先ほど挙げた「はたらく細胞」は、人体内の数十兆個もの細胞の活動を背景にしたものであり、アニメが3期まで放送された「文豪ストレイドッグス」も、実際の文豪とそれにまつわるドラマを含めて擬人化されストーリー展開されたものと考えられ、「擬人化コンテンツ」の世界観やキャラ背景の深化が見られる。

しばらく続く擬人化ブーム

「擬人化」は、ライセンス負担を軽減しながら、特徴のあるキャラクターを量産できることから、ゲームとの相性が極めて良い。そのため、今後もオリジナルコンテンツ創出の手段として活用されていくと考えられる。どのような「擬人化コンテンツ」がヒットを生み出すか注目していきたい。

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中