何でも「擬人化」 スマホゲームとの相性抜群

何でも「擬人化」 スマホゲームとの相性抜群

擬人化は、古くは鳥獣戯画(平安時代末期〜鎌倉時代書記)から、アンパンマンなど幼児向け作品まで、幅広くつかわれてきた手法だ。2010年代に入ると先述の「艦隊これくしょん」、2016年に日本刀をイケメンに擬人化したゲーム「刀剣乱舞」など、ヒット作が相次いだ。

アニメにおいても「はたらく細胞」「けものフレンズ」などのヒットコンテンツが生まれたり、企業が自社製品を擬人化したりするなど、何でも「擬人化ブーム」とも言いうる状況が生み出された。

「擬人化」は、ライセンス負担なし、もしくは軽微で、特徴のあるキャラクターを量産しうる。大量のキャラクターを登場させる必要のある、スマホゲームとの相性が極めて良い。

直近のヒット作は「ウマ娘」

直近のヒット作は「ウマ娘」

現状では、何でも擬人化すればヒットに結び付くという風潮は廃れたものの、連綿と「擬人化コンテンツ」創出の試みは続いており、直近のスマホゲームでも「擬人化ゲーム」の大ヒットタイトルが見られる。

サイバーエージェント傘下のCygamesが2021年2月にリリースした、競走馬を美少女に擬人化したスマホゲーム「ウマ娘」は、2021年3月上旬には、App Store、Google Playの売上ランキング首位をキープしており、新規タイトルとしては瞠目すべき滑り出しとなっている。

同タイトルは、擬人化されて登場キャラクターとなる過去の有力競走馬の、実際の戦歴をベースとしたストーリーを背景に持ち、ゲーム配信とは別にアニメ放送でも世界観を浸透させるというメディアミックス展開が行われている。

過去の擬人化ゲームとの対比では、先行アニメ放送と、現実のドラマをモチーフにしたストーリー展開が、特筆される。前者に関しては、通常、オリジナルスマホゲームのアニメ化の場合は、ゲームが先行してヒットしてからアニメ化となるケースが多いものの、「ウマ娘」は、ゲーム開発遅延の影響もあり、アニメ先行によるメディアミックス展開となった。

ゲーム開発遅延への対応や、先行アニメ放送という資金負担を要するオリジナルタイトルのリリースを成功させたことは、ヒットタイトルを複数抱え強力な資金力を有するスマホゲーム大手Cygames社ならではと言えるだろう。

後者に関しては、単なる対象物の「擬人化」ではなく対象物に関わるドラマを包含した「擬人化」、すなわち、世界観やキャラ背景の深化が、従来の「擬人化ゲーム」との差異と言えるだろう。

総括すれば、先行アニメ放送も含め深化した世界観やキャラ背景を丁寧にプレーヤーに浸透させたことが、新しい擬人化ゲームである「ウマ娘」のヒットの一因と考えられる。

世界観を深化

世界観を深化

このような世界観やキャラ背景を深化させてヒットした擬人化ゲームの成功例としては、2020年にアニプレックス社よりリリースされたスマホゲーム「ツイスティッドワンダーランド」も挙げられる。

同タイトルは、複数のディズニーアニメに登場するキャラクター群を、仮想世界観上にイケメンキャラとして擬人化させており、ディズニーアニメのストーリーをベースとしたキャラ設定が魅力の一つとなっている。このキャラ背景の深化は、App Store売上ランキングの上位キープに貢献しているようだ。

擬人化アニメに関しても、先ほど挙げた「はたらく細胞」は、人体内の数十兆個もの細胞の活動を背景にしたものであり、アニメが3期まで放送された「文豪ストレイドッグス」も、実際の文豪とそれにまつわるドラマを含めて擬人化されストーリー展開されたものと考えられ、「擬人化コンテンツ」の世界観やキャラ背景の深化が見られる。

しばらく続く擬人化ブーム

「擬人化」は、ライセンス負担を軽減しながら、特徴のあるキャラクターを量産できることから、ゲームとの相性が極めて良い。そのため、今後もオリジナルコンテンツ創出の手段として活用されていくと考えられる。どのような「擬人化コンテンツ」がヒットを生み出すか注目していきたい。

関連記事

ヘルスケア事業に舵 花王、ライオン トイレタリー大手企業

コロナ禍で健康や衛生に対する意識が高まる中、花王やライオンなどトイレタリー(日用的な衛生商品、消費財)大手企業が、ヘルスケア事業の拡大を加速する方針を示している。消費者密着型のビジネスで蓄積したデータを活用し、消費者へのパーソナルサービス提供につなげることまでも視野に入っている。

世界でシェアの高いドローンメーカーは?国内メーカーの展望も解説

ドローンは、世界中の産業、工業など幅広い場面で活躍しています。無人で飛び回りさまざまな業務をこなすドローンは、使い方次第でビジネスを大きく変えられる先進技術です。 ドローンの有用性に注目が集まる中、ドローンのメーカー間のシェア争いも激化しています。ドローン市場はメーカーの新規参入や入れ替わりが激しいのが特徴です。日本のドローンメーカーも、より高度な技術開発を急いでいます。 そこでこの記事では、世界でシェアの高いドローンメーカーを解説。また世界でシェアを伸ばす国内ドローンメーカーについてもご紹介します。

韓国「Webtoon」から世界へ 日本→アニメ化の分業確立へ

韓国発のデジタルコミック「Webtoon」(ウェブトゥーン)作品の存在感が、日本でも増している。以前から韓流ドラマの原作となるなどして知られてきたが、最近では日本企業がアニメ化に関わり、世界に配信するという国際的な分業が確立しつつある。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中