スケールメリット(規模の経済)とは

スケールメリットとは、ビジネスのスケールアップで得られる効果や優位性のことです。日本語では「規模の経済」や「規模効果」と言います。スケールメリットを得られる典型的なケースは、同種製品の大量生産です。

例えば、あるベーカリーが200万円のオーブンを導入した場合を考えてみましょう。このオーブンを使って原価50円のロールパンを1個焼きました。この場合、ロールパン1個あたりの生産費用は200万50円です。では、このオーブンでロールパンを1万個焼いたらどうなるでしょう? 1個あたりの生産費用は250円(※1)となります。10万個焼いたら、1個あたりの生産費用は70円(※2)です。

※1 (50円 × 10,000個 + 2,000,000円) ÷ 10,000個 = 250円
※2 (50円 × 100,000個 + 2,000,000円) ÷ 100,000個 = 70円

このように、設備費や人件費、家賃などの固定費の割合は生産量が多くなるほど少なくなります。生産規模の拡大でコストが削減され、利益率が高まっていく──これが「スケールメリットが生まれる」ということなのです。

「シナジー効果」との違いは

スケールメリットと混同されやすい言葉として、「シナジー効果」があります。シナジー効果とは、複数の要素を組み合わせると、それぞれ単体で得られる効果の合計よりも大きな効果が生まれることです。「範囲の経済」や「1+1が2以上になる効果」という言葉も同様の意味を持ちます。

例えば、ビールメーカーと清涼飲料水メーカーが合併し、ビールも清涼飲料水も生産コストが下がった場合はシナジー効果が生まれたと言えるでしょう。

このように、シナジー効果は異なる事業や製品の組み合わせで生まれる相乗効果を指す言葉です。一方、スケールメリットは同一の事業や生産の拡大によって生まれる効果であり、意味合いが異なっています。

スケールメリットの使用例

スケールメリットは、一般的に以下のような文例で用いられます。

  • 産業用ロボットを導入して工場を拡大し、スケールメリットの活用に成功した。
  • 外食産業は、店舗数増加やエリア拡大によってスケールメリット獲得を目指している。
  • 全国展開するFCに加盟して、大きなスケールメリットを得る。
  • 一括大量仕入れを行い、スケールメリットを得る小売店は多い。
  • グループ会社の統合によってスケールメリットを生み出した。

スケールメリットの具体例

スケールメリットは、規模の拡大にともなって得られる効果の総称です。具体的には、以下のような効果が挙げられます。

生産効率化やコスト削減

大量生産によりコストが削減され、生産効率が高まるのは、イメージしやすいスケールメリットでしょう。製品が売れる前提ですが、同じ製品を大量に生産するほど設備機器の稼働率が高まり、固定費の削減効果は大きいです。

また、大量生産によるスケールメリットはコスト削減だけではありません。製造工程の繰り返しで作業者の習熟度も高まり、作業の質やスピードの向上が期待できます。結果として、生産効率化という大きなメリットとなるのです。

知名度や信頼の向上

スケールメリットを生み出すと、企業・製品の知名度や信頼が高まります。分かりやすい例が、コンビニやスーパー、飲食店などのチェーン展開です。

店舗数が増えて販売エリアが拡大すれば、より多くの消費者に認知され、知名度が向上します。広範囲にわたる広告宣伝によって「どこにでもある店」という認識が浸透すると、信頼やブランド力が高まるのです。その結果、競合他社に対する優位性が生まれ、集客・売上の向上につながっていくでしょう。

反対語は「スケールデメリット」規模拡大は裏目にも

規模の拡大によって様々なスケールメリットが期待できる一方で、拡大が裏目に出るケースも。

企業や事業の規模の拡大によって生じるデメリットを「スケールデメリット」と言います。

自社で事業規模を拡大していくためには、仕入先の力も重要です。スケールメリットを得るために事業拡大を図っても、仕入先の業績不振や倒産があると、事業が立ち行かなくなります。もちろん、仕入先の変更や追加はできますが、コストの増加や品質低下の可能性は否定できません。

また、フランチャイズビジネスにおいても出店範囲の拡大を優先して、スケールデメリットが発生するケースがあります。家賃の高い場所や立地の悪い場所に出店すると、結果的に利益率は低下してしまうのです。

スケールメリットを活用した事例

スケールメリットは様々な業界で有効利用が可能です。ここではスケールメリットの具体的な事例をご紹介します。

製造業は「固定費削減」

製造業では、工場の建設や機械の導入に巨額の投資が必要です。工場が稼働して生産量が増加すると、固定費率が下がり、スケールメリットとなります。特に、近年の製造業においては、FA(工場自動化)の急速な進展が顕著です。製造から出荷までの工程で、より多くの工程を自動化できれば人件費の割合も減少し、さらなるスケールメリットが期待できるでしょう。

小売業や飲食業は「仕入れコスト削減」

小売業や飲食業におけるスケールメリットは、大量仕入れによるコスト削減効果です。店舗拡大によって販売量を増やす際は、商品や材料の一括仕入れが必要になります。全店舗分の商品や材料をまとめて大量発注すると、仕入れ先から有利な条件を引き出し、コストを削減できます。販売価格の引き下げも可能になり、より高い集客効果が見込めるでしょう。

企業合併や大学統合による効果も「スケールメリット」

スケールメリットの獲得は、企業合併の目的となることがあります。同業種の企業が合併すると一気にシェアが伸び、製品・サービスの販売網拡大が可能です。企業だけでなく、市区町村の合併によってもスケールメリットが生まれます。複数の自治体が単一の大組織になると、サービスや活動の範囲が広域化し、財政基盤を強化できるのです。

また、大学の統合・再編の狙いの一つにスケールメリットの享受があります。複数の大学が組織・業務を統合すると、より効率的な運営体制を構築でき、大学経営の効率化につながります。加えて、よりレベルの高い教育・研究のためには施設・設備への投資が欠かせません。統合・再編によって学生の数が増え、スケールメリットを得られれば、投資もしやすくなるでしょう。

スケールメリットは業界を問わない

規模拡大によって得られる「スケールメリット」は、製造業や小売業・飲食業でよく使われる用語です。しかし、企業合併や大学再編においてもスケールメリットの獲得が見込めます。業界や事業形態を問わず、どんな企業でもスケールメリットによる恩恵を受けられる可能性があるのです。既存のビジネスであっても新規事業であってもスケールメリットを強く意識すると、より幅広い成長戦略を展開できるでしょう。

関連記事

エリアマーケティング戦略とは?分析のポイントや手法を解説

これから店舗を出店するとき、あるいは既存店舗の戦略の見直しを行うときに有効なのが「エリアマーケティング」です。特に、今後人口の減少が見込まれている日本では、競合店との競争は激化の一途をたどると予想されます。限られた顧客を確保するためにも、エリアマーケティングの重要性はますます高まっていくでしょう。 ここではエリアマーケティングを行う目的やその指標、分析のポイントなどについて解説します。

対談ウェビナー① 「次世代経営者の人材育成」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

どうして、日本企業には経営人材が育たないのか。何が変革を阻んでいるのか。大企業が抱える病理とは…。バブル期の80年代後半から、日本企業の「組織風土改革」に取り組んできた株式会社スコラ・コンサルト創業者の柴田昌治氏と、フロンティア・マネジメント株式会社大西正一郎代表が、2回に分けて討議します。

マーケティングファネルはBtoBでも使える?意味や活用法を解説

マーケティングファネルは、マーケティングにおいて効果的なアプローチを行うために用いられるビジネスの基本的な考えです。 購買のどの段階で見込み客が脱落しているかを把握するため、マーケティングファネルは有効な手段となります。そのため、まずはマーケティングファネルがどのようなものであるのかを理解しておくと良いでしょう。 本記事では、マーケティングファネルの基本的な考え方を徹底解説します。BtoCだけでなくBtoBにおいても活用できる考え方なので、ぜひ参考にしてください。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中