1973年のピンボール

「僕は不思議な星の下に生まれたんだ。つまりね、欲しいと思ったものは何でも必ず手に入れてきた。でも、何かを手に入れるたびに別の何かを踏みつけてきた。わかるかい?」
「少しね」
「誰も信じないけどこれは本当なんだ。三年ばかり前にそれに気づいた。そしてこう思った。もう何も欲しがるまいってね」
彼女は首を振った。「それで、一生そんな風にやってくつもり?」
「おそらくね。誰にも迷惑をかけずに済む」
「本当にそう思うんなら」と彼女は言った。「靴箱の中で生きればいいわ」
素敵な意見だった。

村上春樹さんの第二作『1973年のピンボール』(講談社)からの引用です。『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』、そして、いくつかの作品を挟んで発表された『ダンス・ダンス・ダンス』まで含めて「鼠四部作」と言われます。

ありふれた言葉ではありますが、「虚無」「孤独」「寂寥」を感じさせる初期の作品群です。

閑話休題。自宅にいればストレスも危険も少ないことは明らかです。何かを「踏みつける」こともなくなります。でも本当にそれでよいのかどうか・・・?

人に会うことの意味

かるたやトランプの会社を世界的なテレビゲームメーカーに育てた任天堂の故 山内溥元社長のように、偉大な経営者のなかには人と会うのを好まない方がいらっしゃいます。筆者もできることならば、「靴箱の中」とは言いませんが、誰もいない公園の片隅で穏やかに吹く風を受けながら読書していたいと思います。ただ、それに慣れてしまうのは恐ろしくも感じます。

(当時)史上最年少23歳で芥川賞を受賞した丸山健二氏も、頽廃した(?)文学界に嫌気がさし、安曇野の土地で閉じた生活を選択されましたが、清濁併せ飲み世界と交流し刺激を受けていた場合と比べて、どちらが優れた作品を残すことができたか?こればかりは何とも言えませんが、もしかしたらさらに偉大な作品を産み出していたかもしれません。

2008年にノーベル物理学賞を受賞し、個性的なキャラクターで一躍時の人になった益川敏英教授。益川教授は、量子理論について一人で考えに考えます。なんと51時間連続して考え続けたことが二回あるそうです(繰り返します。51時間!!ノーベル賞とは大変な賞だと改めて思います)。
同時に、益川教授は共同受賞者である小林誠教授と日々アイデアを投げ合っていました。ある日、お二人がいつものように議論をした後、この理論はもう無理だ、撤退の論文を書こうと思い始めていました。
しかし、その夜の湯舟で受賞対象となる「クォークが6種類あれば解決するじゃないか!」を閃いたのです。自身で考え尽くす時間と創造的な人同士が刺激しあう時間。凡人とは水準が違いますが、この二つが重要であることがわかります。

そもそも、量子理論をさかのぼれば、1900年代前半に天才たちがコペンハーゲンなど欧州においてまさに切磋琢磨し築き上げたものです。それぞれが「超」がつく天才ですが、それでも一人で量子理論を完成させることは不可能であったでしょう。国家でみても、米国が今もなお発展しているのは、世界各国の才能を惹きつけ、それらの人材が刺激しあっているからでしょう。

外出の無駄と危険

「そうは言うが、感染症は危険じゃないか!」とのご指摘はもっともです。その怖さの比較として、昨年一年間の日本の交通事故をみてみましょう。

・負傷者46万人
・うち重傷者3.2万人
・うち死者数3200人

一方、感染症は、このまま終息にむかえば、そして個人の重さを離れて社会全体としての議論をするならば、コロナの感染者数2万人弱、死者数1000人弱です。感染症は隔離の必要性や医療従事者への負担の重さを考えると、交通事故の数倍と考えなくてはいけませんが、感染症の危険度合いは交通事故と同程度と言えそうです。

逆に言えば、交通事故は感染症と同じぐらい危険であるのに、今まで「加害者/被害者になるかもしれないから外出はやめましょう」とはなりませんでした(ちなみに「自動車の社会的コスト」で著名になった学者は、講演した後の自宅までの帰り、主催者が用意した車で帰宅したそうです。やれやれ。)。

まとめ

感染症は一人の時間を増やしてくれました。何かを考える時間です。しかしながら、それに浸ることに慣れてしまうことは危険だとも感じます。浮いた500時間/年を、一人で妄想する時間と、(危険度合いを正しく評価したうえで)創造的な人たちと交流する時間にうまく振り向けないといけないと感じます。容易なことではありませんが!

▼過去記事はこちら
村上春樹さんから学ぶ経営①~作品に潜む成功へのヒント~
村上春樹さんから学ぶ経営②~作品に潜む成功へのヒント~
村上春樹さんから学ぶ経営③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者
村上春樹さんから学ぶ経営⑤君から港が見えるんなら、港から君も見える

関連記事

持株会社とは?経営戦略としての特徴やメリット・デメリットを解説

会社法上、株式会社という会社の類型では、会社を最終的にコントロールする権限は株主が所有するという原則があります。 この原則を利用し、ある株式会社の株式を一定以上保有することで、その会社を戦略的に支配する「持株会社」という形態が存在します。 本稿では、持株会社の経営戦略としての特徴や、持株会社を設立するメリット・デメリット、財閥解体や金融ビッグバンとの歴史的関係について解説します。

GAFAも採用している話題の「デザイン思考」とは?概要や事例を解説

「デザイン思考」という言葉をご存知でしょうか。デザイン思考はユーザーの「共感」に根ざし、未知の課題や前例のない問題に対応できる新時代の思考法です。本記事では、デザイン思考の基本的な考え方や、国内外の成功事例について解説します。

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

ランキング記事

1

「選択と集中」の誤算㊤ 大いなる誤訳

2020年3月1日、「経営の神様」と呼ばれたジャック・ウェルチ氏が死去しました。 1990年代後半、経済危機の最中にあった日本で、ウェルチ氏の存在はひときわ強い影響力を持ち、その言葉は「格言」として広まっていきました。しかし、最も有名な「選択と集中」という言葉に関しては、ウェルチ氏の意思が「誤訳」されて伝わっていました――。 フロンティア・マネジメントの代表取締役である松岡真宏が、機関誌「FRONTIER EYES vol.23」(2018年11月)に掲載した記事を再掲いたします。

2

ASEAN トピック「コロナ鎖国」に強いアセアン諸国 食料・エネルギー自給率を比較

コロナウイルスの猛威により、世界中が「巣ごもり状態」、いわば世界中が「鎖国状態」という前代未聞の状況となった。中国では他の地域に先行して生産活動に復調の兆しとの知らせも聞こえるが、地球規模の影響は長期化する可能性が高く、体力の弱い国の財政破綻の可能性すらありうる。一方、近隣ASEAN諸国に目を向けると、食料やエネルギーの自給率の面では、案外強いことに改めて気づかされる。

3

村上春樹さんから学ぶ経営②~作品に潜む成功へのヒント~

前回予告いたしましたように、「村上春樹さんから学ぶ経営」を、シリーズでお届けして参ります。今回のテーマは、「差異化」です。まずは次の一文をお読みください。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

人気のキーワード