1973年のピンボール

「僕は不思議な星の下に生まれたんだ。つまりね、欲しいと思ったものは何でも必ず手に入れてきた。でも、何かを手に入れるたびに別の何かを踏みつけてきた。わかるかい?」
「少しね」
「誰も信じないけどこれは本当なんだ。三年ばかり前にそれに気づいた。そしてこう思った。もう何も欲しがるまいってね」
彼女は首を振った。「それで、一生そんな風にやってくつもり?」
「おそらくね。誰にも迷惑をかけずに済む」
「本当にそう思うんなら」と彼女は言った。「靴箱の中で生きればいいわ」
素敵な意見だった。

村上春樹さんの第二作『1973年のピンボール』(講談社)からの引用です。『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』、そして、いくつかの作品を挟んで発表された『ダンス・ダンス・ダンス』まで含めて「鼠四部作」と言われます。

ありふれた言葉ではありますが、「虚無」「孤独」「寂寥」を感じさせる初期の作品群です。

閑話休題。自宅にいればストレスも危険も少ないことは明らかです。何かを「踏みつける」こともなくなります。でも本当にそれでよいのかどうか・・・?

人に会うことの意味

かるたやトランプの会社を世界的なテレビゲームメーカーに育てた任天堂の故 山内溥元社長のように、偉大な経営者のなかには人と会うのを好まない方がいらっしゃいます。筆者もできることならば、「靴箱の中」とは言いませんが、誰もいない公園の片隅で穏やかに吹く風を受けながら読書していたいと思います。ただ、それに慣れてしまうのは恐ろしくも感じます。

(当時)史上最年少23歳で芥川賞を受賞した丸山健二氏も、頽廃した(?)文学界に嫌気がさし、安曇野の土地で閉じた生活を選択されましたが、清濁併せ飲み世界と交流し刺激を受けていた場合と比べて、どちらが優れた作品を残すことができたか?こればかりは何とも言えませんが、もしかしたらさらに偉大な作品を産み出していたかもしれません。

2008年にノーベル物理学賞を受賞し、個性的なキャラクターで一躍時の人になった益川敏英教授。益川教授は、量子理論について一人で考えに考えます。なんと51時間連続して考え続けたことが二回あるそうです(繰り返します。51時間!!ノーベル賞とは大変な賞だと改めて思います)。
同時に、益川教授は共同受賞者である小林誠教授と日々アイデアを投げ合っていました。ある日、お二人がいつものように議論をした後、この理論はもう無理だ、撤退の論文を書こうと思い始めていました。
しかし、その夜の湯舟で受賞対象となる「クォークが6種類あれば解決するじゃないか!」を閃いたのです。自身で考え尽くす時間と創造的な人同士が刺激しあう時間。凡人とは水準が違いますが、この二つが重要であることがわかります。

そもそも、量子理論をさかのぼれば、1900年代前半に天才たちがコペンハーゲンなど欧州においてまさに切磋琢磨し築き上げたものです。それぞれが「超」がつく天才ですが、それでも一人で量子理論を完成させることは不可能であったでしょう。国家でみても、米国が今もなお発展しているのは、世界各国の才能を惹きつけ、それらの人材が刺激しあっているからでしょう。

外出の無駄と危険

「そうは言うが、感染症は危険じゃないか!」とのご指摘はもっともです。その怖さの比較として、昨年一年間の日本の交通事故をみてみましょう。

・負傷者46万人
・うち重傷者3.2万人
・うち死者数3200人

一方、感染症は、このまま終息にむかえば、そして個人の重さを離れて社会全体としての議論をするならば、コロナの感染者数2万人弱、死者数1000人弱です。感染症は隔離の必要性や医療従事者への負担の重さを考えると、交通事故の数倍と考えなくてはいけませんが、感染症の危険度合いは交通事故と同程度と言えそうです。

逆に言えば、交通事故は感染症と同じぐらい危険であるのに、今まで「加害者/被害者になるかもしれないから外出はやめましょう」とはなりませんでした(ちなみに「自動車の社会的コスト」で著名になった学者は、講演した後の自宅までの帰り、主催者が用意した車で帰宅したそうです。やれやれ。)。

まとめ

感染症は一人の時間を増やしてくれました。何かを考える時間です。しかしながら、それに浸ることに慣れてしまうことは危険だとも感じます。浮いた500時間/年を、一人で妄想する時間と、(危険度合いを正しく評価したうえで)創造的な人たちと交流する時間にうまく振り向けないといけないと感じます。容易なことではありませんが!

▼村上春樹さんから学ぶ経営(シリーズ通してお読み下さい)
①作品に潜む成功へのヒント
②作品に潜む成功へのヒント(差異化について)
③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
④危機と指導者
⑤「君から港が見えるんなら、港から君も見える」
⑦「僕より腕のたつやつはけっこういるけれど…」
⑧「退屈でないものにはすぐに飽きる」
⑨「どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?」
⑩「王が死ねば、王国は崩壊する」
⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」
⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」
⑬「あれは努力じゃなくてただの労働だ」
⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」
⑮「おいキズキ、ここはひどい世界だよ」
⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」
⑰「我々はいまのところそれを欠いている。決定的に欠いている。」
⑱「経済にいささか問題があるんじゃないか」
⑲「ヘンケルの製品、一生ものです」

関連記事

村上春樹さんから学ぶ経営⑳ おじさんは石とだって話ができるじゃないか

五輪に関するネット上の匿名での投稿(すなわち本音)をみると高評価が多く、無事に終わって本当に良かったと思います。ゆくゆくは二つの五輪(オリンピックとパラリンピック)の統合と、差別をなくした上で「WeThe15」ではなく「WeThe100」(弱みが全くない人など存在しません)の実現を期待したいところです。

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

混流生産とは?メリットや種類、自動車業界の詳細な事例を紹介

混流生産は、1つの生産ラインに複数の品種を混ぜて流す生産形態です。市場の動きへの柔軟な対応を可能にする多品種少量生産の1種で、自動車業界を筆頭にさまざまな業界に導入されています。 需要が多様化した成熟市場に不可欠な生産方式ですが、資金や技術の不足から導入できない企業は少なくありません。とりわけ、知識不足が導入する上でのネックとなっています。 そこで、本記事では、混流生産の定義やメリット、自動車業界で展開される実例を紹介します。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中