プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは?

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは、「カネ・モノ・ヒト」といった経営資源を各事業へ最適に分配するため、業界分析に用いるフレームワークです。ボストンコンサルティンググループ(BCG)が1970年代に提唱しました。

まず「プロダクト(Product)」とは通常「製品」を意味しますが、広くは市場へ投入する商品・サービス単位の事業をプロダクトとして捉えるのが一般的です。

そして「ポートフォリオ(Portfolio)」は、金融業界では「複数の資産の組み合わせ」という意味を持ち、運用方針にあわせて分散投資した資産の投資比率を考えるための枠組みとされます。

すなわち「プロダクトポートフォリオ」とは、事業ごとにどれだけの比率で投資を行うべきか検討するための枠組みといえます。

投資比率を最適化するため、自社が市場へ投入する事業について、その市場内における「利益の出しやすさ」や「必要な追加投資の有無」を分析するのがプロダクトポートフォリオマネジメントの主な目的です。

プロダクトポートフォリオマネジメントにおける4つの特性

プロダクトポートフォリオマネジメントの象限
プロダクトポートフォリオマネジメントは、各社が抱える事業の市場内における特性を分布図にまとめるところから始まります。

上の図は、縦軸を「市場成長率」、横軸を「市場シェア」に設定しており、それぞれの高低によって以下4つのエリア(象限)に分類できます。

花形(Star)

花形とは、成長率の高い市場で多くのシェアを誇る事業です。

成長率の高い市場は多くの企業にとってチャレンジの対象となりやすく、市場競争が激しい領域のため、花形事業には経営資源の投資を積極的かつ継続的に行う必要があります。

同時に花形事業は市場シェアの高さから多くの利益を出せるため、この利益を再び投資に回すことで、シェアの維持・拡大を図るという戦略が考えられます。

問題児(Question Mark)

問題児とは、市場成長率は高い一方で、市場シェアがまだ確立できていない事業です。

事業維持のために積極的な投資が必要となりますが、シェアを確立すれば花形へと転換する可能性を秘めています。

ただし現状は利益が十分に出せていないため、投資費用は他の事業からの利益でまかなわなければなりません。場合によっては事業の継続あるいは撤退の判断で経営者を悩ませる、まさに問題児と呼べる存在です。

金のなる木(Cash Cow)

金のなる木とは、市場の成長は見込めずとも、高い市場シェアを誇る事業です。

今後の成長が見られない市場に参入する企業は少ないため、市場競争が起きにくく、事業に積極的な投資が必要ありません。

また、高い市場シェアは規模の経済やブランドカアップといった形で、企業にさまざまな効果や利益をもたらします。規模の経済とは、生産量と販売量の規模が高くなるほど、製品ひとつあたりのコストが相対的に下がる経済効果です。

負け犬(Dog)

負け犬とは、市場成長率が低く、かつ市場シェアも低い事業です。

市場競争に向けた積極定な投資は不要ですが、事業規模が小さいため金のなる木で得られるようなメリットは期待できません。

負け犬は実質継続する意味があまりない事業領域のため、割いていた経営資源を他の事業へ分配する整理へと進んだ方が賢明といえるでしょう。

このように、各事業がどの象限に該当するかによって、その事業の将来性や収益性が分析できるため、追加投資や現状維持、市場からの撤退といった判断の参考材料となるのです。

プロダクトポートフォリオマネジメントで重要な市場成長率と市場シェアの求め方

実際にプロダクトポートフォリオマネジメントで事業分析する際は、必ず市場成長率と市場シェアを算出しておく必要があります。そこで、それぞれの求め方について学んでおきましょう。

市場成長率の求め方

市場成長率は、「今年の市場規模÷前年の市場規模」という計算式で求めます。ここで重要なのは、市場の売上総額である市場規模の情報をどう入手するかです。

最も簡単な調査方法として、財務省や経済産業省などの各省庁や各業界団体、民間調査会社が発表しているデータの収集が挙げられます。

例えば、無料で公表されている財務総研の「法人企業統計調査」や経済産業省の「工業統計調査」を参照したり、矢野経済研究所のマーケットレポートを購入するなど、具体的な手段はさまざまです。

市場シェアの求め方

まず市場シェアには2種類存在する点に注意しましょう。

ひとつは市場規模に対する自社の売上高の割合を示す「絶対的市場シェア」。ふたつめは業界トップ他社の絶対的市場シェアに対する自社の絶対的市場シェアの割合を示す「相対的市場シェア」です。

プロダクトポートフォリオマネジメントにおける市場シェアとして使用するのは、相対的市場シェアの方です。つまり、「自社の絶対的市場シェア÷トップ他社の絶対的市場シェア」を計算して求められます。

それぞれの絶対的市場シェアは「売上高÷市場規模」であらかじめ算出しておきましょう。

プロダクトポートフォリオマネジメントで戦略を手堅く選択すべし

プロダクトポートフォリオマネジメントは、市場の現況と事業規模の相関から事業の重要度を割り出し、経営資源を効果的に投下するための”仕分け作業”だと言えます。

現状の情報における経営戦略を決める場合、プロダクトポートフォリオマネジメントは必須の分析フレームワークです。

先ほど解説した4つの事業特性は常に同じ象限に分類されるわけではなく、事業の成否や市場のライフサイクルによって変化するため、プロダクトポートフォリオマネジメントは定期的に活用していきましょう。

ただし、あくまで市場成長率やシェアは現時点の情報から算出するのであって、未来のシナリオプランニングに役立つわけではありません。また、市場の原理を根本から覆す破壊的イノベーションには対抗できないので注意が必要です。

さまざまな経営手法を駆使して、事業を成功へ導いていきましょう。

関連記事:破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説
関連記事:シナリオプランニングとは?未来の世界に順応するための思考法を解説

<参考>
法人企業統計調査 : 財務総合政策研究所
工業統計調査:経済産業省

関連記事

決算数字から読み解く、事業承継のタイミングと頼るべき専門家

事業承継に頭を悩ませる中小企業の経営者は多いだろう。日本の会社のうち、99%以上が中小企業であり、100万社以上が事業承継に問題を抱えていると言われている。本稿では、数字面から考える事業承継のタイミングと、目的別に頼る専門家について考える。

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中