楽天・KKRが「西友」買収 ネットスーパー・OMOを強化

 
seiyuイメージ

日本では11月中旬、KKRと楽天が、ウォルマートから完全子会社の西友株を取得することを発表した。出資比率はKKR65%、楽天が20%。ウォルマートは15%を保有し続ける。

日本のネット通販最大手の楽天と西友は既に2018年から、「楽天西友ネットスーパー」を運営。楽天が株式を取得したことによって、スーパーマーケットの実店舗のデジタル化を進めるとともに、オンラインとオフラインの双方のデータを活用したOMO(Online Merges with Offline)に力を注ぐ。

また、2020年12月3日にはレシピ動画クラシル(企業名:dely)が、イオンとのネットスーパーを始動した。

コロナ禍のネットスーパー、世界・日本で市場拡大

楽天西友イメージ

2020年は日本に限らず、世界各国にてネットスーパー市場は拡大した。

イギリスのネットスーパー専業大手であるOcado(オカド)は、コロナ影響によって昨年対比で52%増加、過去に例を見ない成長を遂げている。(2019/9/1~:2020/8/30~の13週間対比、小売セグメントのみでは+27.2%)
 
市場拡大の一方で、東京では外出自粛要請を受けた3月末には買い溜め需要の高まりからネットスーパーの受注件数が急増。各社は需要に供給が追い付かず、受注を休止。遅配等の問題を引き起こし、機能不全に陥った。

ネットスーパー 市場拡大に追いつかないインフラ

図表1

出所:Ocado決算資料

イギリスのOcadoは、先進的な自動倉庫や配送システムを有するTech企業であるが、そのOcadoにおいても、需要に供給が追い付かない事態に陥った。

ロックダウン直前に自社Webサイトのトラフィックが10倍以上に増加。対応が間に合わないことを背景に新規顧客の受付を停止。結果として、コロナの影響を受けた20年度半期では、小売セグメントの売上高は、27.2%増加した一方で、その要因は全て客単価増(+28%)のみによるものであった。

変化対応の鍵はインフラへの着実な投資

急激な需要の増加に対してOcadoも手をこまねいている訳ではない。3つの倉庫を建設するなど積極的な投資を実施。2021年末までに配送キャパシティを40%増加させると計画している。日本においても各社新たな倉庫建設を発表するなど、需要増への対応を図っている。

ネットスーパーの商品原価を除くコストのうち、大きなコストを占めるのが「ピッキング人件費」と「配送人件費」である。そのため日本のネットスーパー各社は、コスト低減のために「フルフィルメントセンター」「自動倉庫」といった配送への投資を実施。
売上高を増やすよりも、コスト抑制に繋がる投資を積極的に行っている。

日本のネットスーパーの課題は「客単価」

流通イメージ

一方で「売上高(客単価:1注文当たり単価)引き上げ」に向けた努力を注いでいる日本企業は少ない。

Tesco(イギリスのネットスーパー)の客単価は約1万円、Ocadoでは約1万5千円である一方で、日本のネットスーパー各社の客単価は5,000円~7,000円と言われている。

つまり、イギリス各社と比較して日本の客単価は「半額から3分の1」である。
同じP/L構造(売上高対費用比率)を目指すのであれば、ピッキング人件費や配送人件費も「半額から3分の1」に抑えなければならない。しかし、イギリスと日本では商品原価率や人件費に差異は殆どなく、現実的に日本の客単価(5,000円~7,000円)では利益創出が困難であることは明白だ。

客単価を上げるために

Ocadoでは「バンドル売り」や「商品を3つ購入すると●割引」などの施策のほか、品揃え面では、一般向けスーパー「Waitrose」から商品供給を受けていたが、契約を満了。それ契機に、高級スーパーである「Marks & Spence」の商品取り扱いを開始するなど、客単価増に寄与する施策を実施している。

日本はイギリスよりも生鮮比率が高く、食品の買い溜めには不向きであるとも言われる。

また自宅近所にコンビニやスーパーが存在する首都圏では、自宅の冷蔵庫変わりとしてコンビニやスーパーに毎日通う顧客も存在する。

一方、日本においても米や水・トイレットペーパーや洗剤など、買い溜めに向いている商品も存在する。嵩(かさ)や重量のある商品は、配送というネットスーパーの強みに合致する。

Amazonとも競合し易い商品群ではあるが、店舗での販売データとの融合によって購買頻度の予測向上や関連商品のレコメンド等、Amazonを大いに上回るデータによるサービス展開も可能と推察する。

スーパーマーケットが技術で先行するミールキット(調理の為に食材が用意された状態:Ready to Prepare)や味付け肉・冷凍キット(調理の下拵えがされた状態:Ready to Cook)、レンジデリカ、冷凍食品(電子レンジ後、食べられる状態:Ready to Heat)等は、コロナによって縮小した外食マーケットの代替して、単価向上に寄与するものと考えられる。

また、直近注目されているFood Tech領域には更なる余地が存在するものと想定される。

長期的な展望を基に独自の優位性を築け

ほうれん草イメージ

マイケル・ポーターはハーバード・ビジネス・レビューで発表した論文“Japanese Companies Rarely Have Strategies(多くの日本企業には戦略がない)”の中で、「ほとんどの日本企業は、お互いに真似し、製品・機能・サービスが同じだ」とし、「オペレーショナル・エクセレンスだけに頼る日本企業」を批判している。配送周りの業務効率化が進み、他社との差が縮まると、共倒れを招きかねない。日本は欧州と比較してPB(プライベートブランド)比率が低く、商品が同質化しており、価格競争に陥っている。

一方、現時点のネットスーパーではオペレーショナル・エクセレンスの余地が多分に存在するため、継続的な投資が必要となる。

まとめ

コロナを機にAIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)といった目を引く新たな技術に脚光が当たり、サブスクリプション・DX等のパワーワードがメディアでも散見される。

実際に筆者にも「DXを成功させている企業はどこか?」と言った相談がある。但し、DXは自体は手段のほか背景や戦略が無ければ、ただのビックワード(様々な解釈を生む曖昧な言葉)であり、競争優位性には成り得ない。

マイケル・ポーターによれば、「戦略の本質とは“独自性に優れたポジショニング”であり、これを担保する活動システムの構築である。」と定義している。つまり他社と同様の戦略を取るだけでなく、自社として「何をすべきか?何を捨てるべきか?(トレードオフ)」という極めて難しい判断が、経営者には求められる。

出典:Ocado Group plc:Annual Report 2019

▽参考記事
「食品宅配・ネットスーパー」の盛り上がりは本物か?
コロナで見えたネットスーパーの勝ち筋 ピックアップ型のすすめ

関連記事

対談ウェビナー① 「次世代経営者の人材育成」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

どうして、日本企業には経営人材が育たないのか。何が変革を阻んでいるのか。大企業が抱える病理とは…。バブル期の80年代後半から、日本企業の「組織風土改革」に取り組んできた株式会社スコラ・コンサルト創業者の柴田昌治氏と、フロンティア・マネジメント株式会社大西正一郎代表が、2回に分けて討議します。

新「両利きの経営」のススメ 「変革型」経営者人材を育てよ

「経営者人材の育成」はどの企業でも重要課題とされているが、その中でも自らの企業のビジネスモデルを新たに構築する「変革型」の経営者人材を育成することは、難しい。本稿では、筆者のこれまでの経験を踏まえて、「変革型経営者人材」を育成するための処方箋をお伝えしたい。

展望2021年 内向き化する世界と企業のセキュリティリスク

2020年はまさに「コロナで始まりコロナで終わった」1年だった。新型コロナウイルスの感染拡大は、米中対立をさらに悪化させ、インドやオーストラリアの中国離れも加速した。国際協調の重要性が長年指摘されるなか、各国の「内向き化」はかえって進んだ。では、2021年の世界情勢はどう進んでいくのだろうか。(和田大樹 OSCアドバイザー/清和大学講師)

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中