ターンアラウンドのノウハウを大企業に応用せよ

コロナ時代に言えることは、一つの大きな経済環境の変化で、会社の全ての事業が同時に悪影響を受けるような事業ポートフォリオ構成は好ましくない、ということだ。将来の経済環境の変化を想定した上で、適切に事業リスクが分散されるようなポートフォリオ構成が望ましい。

当社で通常使用している、事業ポートフォリオ改革で使用している図は、上記の通りなので参照していただきたい。

1 意識改革

大企業における経営改革においても、社員の意識改革が同様に必要となるが、再生会社で行う場合に比べ、いくつか難しい点がある。

危機感が足りない

大企業の場合は、それほど大きな危機が生じている訳ではないため、危機感の醸成は容易でない。
危機感の醸成は経営改革にとって必須であり、大企業であってもビジネスモデル改革を行う上では、濃淡は別として危機感の醸成は必要となる。
ただ両者の危機感には差があり、再生会社の場合の危機感は短期的な概念である。即ち、このままの状態が半年又は1年継続すると倒産するという内容の危機感である。
これに対し、大企業の場合の危機感は中長期的な概念であり、このままの状態が5年又は10年継続すると会社の経営が大幅に悪化する、といった内容の危機感である。
このような危機感は、なかなかトップダウンで説明しても会社の現場では臨場感をもって感じることは難しく、会社の経営陣の中でさえ、異論を唱える人も少なくないというのが実情である。
よって、このような中長期的な危機感については、企業経営陣、中間管理職、若手社員等各階層における企業文化を変革し、「自ら自発的に会社を変えていかなければならない」という積極的・能動的なカルチャーに変革することが必要となる。
このため、企業文化の変革には数年程度の時間をかける覚悟が必要であり、再生会社の場合のように、1年以内に変革を行うという訳にはいかない。

過去の否定が難しい

大企業の場合、資本や経営者の交替が生じる場合が少なく、過去の否定をしにくく「しがらみ」を捨てきれない。そのため、役員及び社員が過去の否定を行うことは難しい場合が多い。
特に、不振事業の責任者や、不振企業の買収を担当していた責任者を過去にしていた人が、大企業の現在の要職(社長等)にある場合、そのような話を持ち出すことはタブーである。

しかしながら、それが不振事業温存の要因となり、経営改革が進まない場合が多い。
不振事業をそのままにした上で、新たな買収や新規事業を始めることになりがちであり、企業リスクはより高まっていくことになる。

ここにおいては、過去の否定ではなく「過去は正しかったとしても、その後の経営環境の変化によって業績が悪化した場合には、それに固執することなく経営方針を臨機応変に転換しよう」といった柔軟な思考で考えることが必要となる。

そして、「あくまで全員が、客観的に現在の当社を見たとして、何が問題であり今後何をしていったらよいか」につき、オープンに且つしがらみなく協議する場の設定が必要である。

過去の失敗を責めてはならない

ここでの協議では、「他人を責めてはならない」というルールが必要となる。無責任にも聞こえるかもしれないが、「失敗の責任を取る」ことに拘るよりも、「失敗を踏まえて、未来の成功を導く」という考え方が重要である。
そうでないと、「失敗の覚悟をもって挑戦をする人」は生まれず、「失敗を回避して無難な出世を目指す人」ばかりの会社になってしまうのである。
いずれにせよ、このような過去の否定を要する局面においては、企業文化の変革が不可欠だ。そして、この場合の企業文化の変革は、往々にして企業内の幹部間又は部署間の利害が対立する場面があるため、中立的で客観的な視点を持つ第三者のコンサルタントの介在が必要な場面も多いように思う。

多数の部署を抱える大企業は、前述した通り一部署の利害を優先する「部分最適」や、その他の経営課題を抱えているため、意識改革を行う場合には、初期の時点でそのような部分最適のマインドを開放するための仕掛けづくりが必要である。
そのためには、経営幹部層及び中堅若手の階層について、日頃とは異なり部門横断的な会議やチームを設定し、それぞれでチームビルディングを行う方式が有効だ。これは、合宿等のオフサイトで実施することが一般的であり、仕事とは離れて、体を動かすゲームで部門横断的なメンバーによる共同作業を実施し、その後に、経営幹部又は各チームで、集中的に自社の強み弱み等の基本的なことから議論を進めていく場合が多い。
また、経営陣の場合は、通常の役員会と異なり、中長期的なテーマを中心に議論をすることが重要となる。このような仕掛けづくりにおいては、ファシリテーション役に外部コンサルファームを活用する方法も有効である。

また、中堅若手の階層に対しては、普段はあまり接する機会のない全社ビジネスに関する議論を行う機会の提供を行うとともに、「失敗を恐れ挑戦しない人」よりも、「失敗を恐れずに挑戦をする人」の方が貴ばれる企業文化の醸成が重要だ。そのためには、上記のようなオフサイトミーティングの他、度重なるゼミ形式での教育研修や、そのような精神を反映した人事制度への改革も必要となる。
近時、大企業において社内ベンチャーが奨励されているが、ここで成功した社員はもちろんであるが、失敗した社員でも、その社員の経験は貴重な経験として評価し、人事制度的にも不利なる影響を与えない仕掛けが必要だ。
社内ベンチャーの場合は、独立して行うベンチャー企業と異なり、成功した場合の巨大な報酬がないのであるから、不利益だけを負わすような仕掛けでは挑戦する人は出てこないと思われる。

このような意識改革については、企業の意識改革の専門コンサルティング会社(株式会社スコラ・コンサルト)の創業者である柴田昌治氏の著書「なぜ、それでも会社は変われないか」(日本経済新聞出版)が大変参考になるので、是非とも一読されたい。

2 ビジネスモデル改革

大企業がビジネスモデル改革を行う場合に、再生会社と異なる点は次の通りである。

1 過去のしがらみや従業員の雇用の問題があるため、不振企業の売却に躊躇す
  る企業が多い
2 資金に余裕があり、事業ポートフォリオの再構築のため、新規の企業買収に
  よる拡大が可能

ターンアラウンドで実施するビジネスモデル改革のうち構造改革及び営業改革は、各大企業の問題状況に応じてそのノウハウの一部を使用して実施する場合もしない場合もあるが、企業毎にノウハウの活用範囲が異なることから、ここでは詳細な記述はしない。

組織改革については、一時的に、全社への危機感醸成の目的と経営改革の本格的実施のために、「経営改革本部」「構造改革本部」等の臨時的組織を設置する方法は有効である。
当該組織に部門横断的なメンバーを集約することで、部門の垣根を取り払った議論をすることが可能となるし、場合によっては、そこに各部門の中堅若手の優秀メンバーを集めることにより、経営者にとって新たな経営人材の発掘及び教育の場になる可能性は十分にある。

また、企業のポートフォリオ改革であるが、上記①の不振事業の売却は、トップダウンで容易に決断できる企業であればあまり論点にならないが、そうではない場合には、前述の意識改革のところで述べたように、役員合宿等のオフサイト会議で時間軸を使いながら議論をしてくことが必要となる。
この場合に一つの解決策になるのは、不振事業を期間限定で外部のコンサルティングファーム等を起用しながら事業改革を行い、当該期間終了時に、売却するかどうかを決定するという時間軸を使う方法である。

誰が見ても不振事業で将来の成長の余地はない産業に属する場合や、コア事業との連関がない場合には売却又は撤退の判断しかないが、不振事業の中には、将来成長可能性のあるポテンシャル成長事業(図の②の区分の事業)が存在している場合もある。
このような場合、当該事業に関わる全関係者があきらめをつける意味、そして当該事業に携わる社員の奮起を促すためにもそのような仕掛けは有効であるし、少しでも収益改善がされれば、売却価格が高くなる可能性が生じる。

また、確率は高くないものの、黒字化して成長可能性を当該期間内に見ることができれば、将来のコア事業として経営資源を投入していくこともありうる。なお、このような場面で外部のコンサルティング会社を起用する意味は、「従来のメンバーが単に奮起をする」ということでは、必ずしも全ての可能性を模索したことにはならないので、外部の目やノウハウも必要という趣旨である。
よって、不振子会社の場合は、親会社の社員がそのような外部目線による改革をする役割を担う場合もある。

上記②の新規の企業買収については、買収を行う前段階で、将来を踏まえたビジネスモデルの転換又は多様化の戦略を検討することが必要であり、その後にM&A戦略の策定を行うことになる。
M&Aにおいても、誰が見ても優良な企業は、熾烈なコンペに晒されるため、価格が吊り上がることから必ずしも適切な買収にならない可能性は否定できない。
また、自社のビジネスの成長戦略がないと、買収した会社とのシナジーを発揮できるかどうかの見極めもできないことから、シナジープレミアムの面で売り手にとって魅力的な価格を提示することはできず、ひいては買収が成立する可能性は低くなる。

また、その後のM&A戦略の策定は、事業戦略をベースに具体的に候補企業をリストアップして打診をするまでのプロセスを詰めていく作業であり、その段階から、外部のアドバイザーを起用する方法も有効である。

意識改革とビジネスモデル改革を両輪に

本稿を読んで、「なるほど当社もそのような改革が必要である」と感じる方もいれば、「当社は経営改革の必要はない」又は「自社のメンバーで経営改革は可能であり、再生会社のターンアラウンドのノウハウは不要である」と感じる方もいるものと思われる。ただ、どのような状況であれ、経営改革を行う場合には「意識改革」と「ビジネスモデル改革」を両輪で行うことが重要であることをご理解いただければ幸いである。

▼過去記事はこちら
コロナ時代における大企業の経営改革 ターンアラウンド(企業再生)のノウハウを活用 ㊤改革阻む縦割り組織
コロナ時代における大企業の経営改革 ターンアラウンド(企業再生)のノウハウを活用 ㊥再生企業におけるターンアラウンド

関連記事

シェアド・リーダーシップとは?リーダーシップ論の変遷とともに解説~「経営人材」へのサプリメント■第1回

「リーダーシップ」に対する考え方が、近年変化している。多種多様なリーダーシップ論があふれているが、この記事ではチーム全体でリーダーシップを発揮するという「シェアド・リーダーシップ」を紹介する。

心理的安全性とは?生産性向上のための環境を~「経営人材」へのサプリメント■第2回~

Googleの労働改革プロジェクトの調査チームが、チームの生産性を向上させるためには「心理的安全性」を高めることだと発表してから、多くの企業が関心を示している。今回は、その「心理的安全性」とは何かを紹介する。

「ニューノーマル」って言うな!

「ニューノーマル」や「新しい生活様式」という言葉が、市民権を獲得し始めている。「これからは過去の常識が通用しなくなる」「元には戻らない」といった、勇ましい言葉が跋扈(ばっこ)している。しかし、我々人間は過去において、コロナ禍とは比較にならないほど大きな、断層的な変化を乗り越えてきた。現在、我々の眼前にあるのは本当に「ニューノーマル」なのだろうか。

ランキング記事

1

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

2

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

3

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

4

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

5

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中